2022年02月07日 11:00

【FRONTIER】 AMD Ryzen 5000Gシリーズ搭載のスリム型省スペースPC≪CSシリーズ≫発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、オリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」から、AMD Ryzen 5000Gシリーズを搭載したスリム型省スペースPC≪CSシリーズ≫の販売を2022年2月7日(月)より開始いたします。


■製品の概要
このたび販売を開始するのは、スリム型で拡張性に優れた≪CSシリーズ≫にAMD Ryzen 5000Gシリーズを搭載したデスクトップパソコンです。
マザーボードにはコストパフォーマンスに優れたASRock製『B550M-HDV』を採用しました。ご予算や用途に合わせてお選びいただけるようCPUやメモリ、ストレージが異なるモデルを3機種ご用意しました。ぜひお好みの1台をお選びください。

この製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2022年2月7日(月)より販売を開始しています。

■AMD Ryzen 5000Gシリーズ搭載の省スペースPC≪CSシリーズ≫はこちら
https://www.frontier-direct.jp/direct/c/cCS-B550/?adid=pre&mn=g2022020701&argument=3TgXVMFw&dmai=PR-2202070101

■製品の特長
<省スペースと性能を両立したスリムPC>
CSシリーズは、幅:約111mm x 高さ:約334mm x 奥行:約301mmのスリムボディに複数の拡張ベイがあり、M.2 NVMe SSD + 2.5インチ SSD×2の3ストレージの組み合わせも可能です。また、光学ドライブも内蔵することができます。左側板に付属のゴム足を貼り付けることで横置き設置もでき、ご利用環境に合わせたレイアウト配置が可能です。
※本体の上に液晶モニタ等を置くことは出来ません。

<Zen 3コア採用のデスクトップ向けAPU「Ryzen 5000Gシリーズ」搭載>
Ryzen 5000GシリーズはAMDのプロセッサーアーキテクチャ「Zen 3」を採用したAPUです。
優れた内蔵グラフィックス性能を有する「Radeon Graphics」に、7nmテクノロジーのCPUマイクロアーキテクチャ「Zen 3」の高いCPU性能によって動画編集や、複数アプリケーションの稼働時などにもその威力が十分発揮されます。L3キャッシュメモリが前世代(Ryzen 4000シリーズ)の8MBから16MBに倍増しており、処理速度の向上を実現しています。また、省電力性にも優れ、TDPは僅か65Wと画期的な電力効率を実現しています。

<ASRock製 B550M-HDV マザーボードを採用>
マザーボードはチップセットにAMD B550を搭載し、コストパフォーマンスに優れ、厳選された材料から作られたASRock製『B550M-HDV』を採用しました。NVMe SSDにはPCI Express 3.0 x4対応のM.2スロットを1つ搭載しています。インターフェースには実績のあるUSB Type-A 3.2(3.1/3.0) Gen1 (Max 5Gbps)を4つとUSB2.0を装備し多彩な周辺機器の接続にも充分に対応出来ます。

<多彩な内蔵ストレージ>
最大で3基のストレージ(NVMe SSD+SSD(2.5インチ)+SSD(2.5インチ))構成もお選びいただけます。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

添付資料

会社概要

商号
インバースネット株式会社(インバースネットカブシキガイシャ)
代表者
山本 慶次郎(ヤマモト ケイジロウ)
所在地
〒221-0031
神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8F
TEL
045-451-2411
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
未上場
会社HP
http://www.inversenet.co.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.