2022年02月14日 14:00

小石原焼・高取焼が東京に集結 『天空の窯郷 こいしわら in 東京』 開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この度、東峰村、小石原焼陶器協同組合、メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社(以下、MIJP)は、小石原焼・高取焼の展示・販売イベントを都内各所にて実施いたします。
東峰村小石原地区は、標高1000m級の山々に囲まれた自然の生命力に満ち溢れ天空の窯郷です。
「用の美」を確立した小石原焼。 遠州七窯の風格を今に伝え、「綺麗さび」の世界を確立した高取焼。 この2つの陶器の流れを汲む50軒ほどの窯元が、今も伝統の技を 大切に受け継いでいます。
今回はそんな小石原地区より、定番の人気の器から初披露の逸品まで、カップや小鉢や皿、カップなど毎日使いたい器が東京に勢揃いします。
是非この機会に各イベント会場までお出かけください。


天空の窯郷 こいしわら in 東京
■小石原の革新 人間国宝 福島善三展
・日程:2021年12月23日(木)~2022年2月28日(月)
・会場:間 AWAI THE COVER NIPPON

■新ブランド「Co-ishiwara」発表展
・日程:2022年2月14日(月)~2月16日(水)
・会場:Have a Nice TOKYO!

■小石原焼登り窯作品展
・日程:2021年2月19日(土)~2月28日(月)
・会場:Sustaina Station DaiDai

■天空の窯郷こいしわら展
・日程:2021年2月19日(土)~2月28日(月)
・会場:THE COVER NIPPON


新ブランド「Co-ishiwara」
「Co-ishiwara(こ・いしわら)」は、小石原焼と高取焼の44窯が共同でつくる、新たな作陶ブランドです。
「Co-」は、「共同」「集合」などを意味する言葉。
これからさらに変化する社会にあっても、力を合わせて百年残り続ける価値のある「モノ」と「コト」を生み出していく。
この取り組みに課せられた使命を、ブランド名として表現しました。

■Co-ishiwara 第1シリーズ「小石原百椀」
地域の山々から採れる土、山の傾斜を活かした棚田、稲藁を灰にしてつくられる釉薬、今も残る半農半陶の暮らしなど、ご飯茶碗は小石原の豊かな自然と暮らしを象徴しています。
各窯元は「小石原の伝統」「窯元の特徴」「窯元の創造」という三つのテーマを基に制作に臨み、百種を超える飯椀「小石原百椀」が誕生しました。

・監修 :外舘和子(多摩美術大学教授)
・ベース・デザイン :田上知之介(愛知県立芸術大学准教授)
・制作 :マルワ窯、カネハ窯、蔵人窯、高取焼宗家、辰巳窯、マルダイ窯、森山實山窯
■関係者プロフィール
福島善三
福岡県朝倉郡の小石原焼の窯元に生まれる。朝倉高校から福岡大学に進み、昭和57年(1982)卒業後、家業を継ぐ。平成3年(1991)、13年と西部工芸展で、同15年日本伝統工芸展で、それぞれ最高賞を受賞。同12年には福岡県文化賞(奨励部門)を受賞。陶土や釉薬などはすべて地元で採取した原材料から作り出し、飛鉋など小石原焼の伝統技法も用いながら、鉄釉や赫釉、あるいは中野月白瓷など多彩な技法を駆使してシャープでシンプルな造形を生み出す。同29年に小石原焼で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

外舘和子
美術館学芸員を経て、現在多摩美術大学教授・工芸評論家。
英国テート・セント・アイブスを皮切りに、国際交流基金主催海外巡回展『Handcrafted Form』、米国スミス・カレッジ美術館、ドイツ・フランクフルト工芸美術館、台湾・新北市立鶯歌陶瓷博物館、中国・福建省拓福美術館、イタリア・クロチェッテイ美術館、台湾国立工芸研究発展センターなど国内外の美術館・大学等で展覧会監修、図録執筆、講演を行う。
また韓国・京畿世界陶磁ビエンナーレ、韓国・清州工芸ビエンナーレ、金沢世界工芸トリエンナーレ、伊丹国際クラフト展、日展、日本伝統工芸展など、数々の公募展の審査員を務める。主著に英文著作『Fired Earth, Woven Bamboo: Contemporary Japanese Ceramics and Bamboo Art』(米ボストン美術館、2013)、『日本近現代陶芸史』(阿部出版、2016)など。

田上知之介
1974年熊本県生まれ。 愛知県立芸術大学 美術学部 デザイン・工芸科 陶磁専攻卒業。筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻修了。1999年岐阜県土岐市の製陶会社にてデザインに携わった後、2001年愛知県瀬戸市に工房開設(~2009年)。2009年明星大学造形芸術学部造形芸術学科助教、2012年同大学准教授(~2015年)。 現在、愛知県立芸術大学 美術学部 デザイン・工芸科 陶磁専攻 准教授。



■「天空の窯郷 こいしわら in 東京」 会場案内
■Have a Nice TOKYO! https://haveanice.jp
 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル1F

■間 AWAI THE COVER NIPPON https://awai.thecovernippon.jp
 東京都千代田区内幸町1-1-1帝国ホテルプラザ2階

■Sustaina Station DaiDai https://daidai.mijp.co.jp
 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1F

■THE COVER NIPPON https://thecovernippon.jp
 東京都港区赤坂9-7-3東京ミッドタウンガレリア3階


【本内容に関するお問い合わせ】
メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社 
担当:勝俣 E-mail:katsumata-t@madeinjapan.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • ライフスタイル

会社概要

商号
メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社(メイドインジャパンプロジェクトカブシキガイシャ)
代表者
赤瀬 浩成(アカセ ヒロシゲ)
所在地
〒104-0054
東京都中央区勝どき5-5-14-314 
TEL
03-5534-9903
業種
小売・流通
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.