2022年04月21日 10:00

SCMロボット「コマースロボ」が「ecforce」とAPI連携。D2C事業者に対し、受注から出荷、フルフィルメント、発注の自動化で人力からの脱出を支援。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社コマースロボティクス(本社・東京都港区、代表取締役・伊藤彰弘)が提供する受注管理・倉庫管理・発注管理の統合型SCMクラウドサービス「コマースロボ」は、株式会社SUPER STUDIOが提供する法人向けECプラットフォーム「ecforce」https://ec-force.com/)の自動受注データ連携(API)に2022年4月21日(木) より対応いたします。

【サービスサイト】コマースロボ
https://www.commerce-robo.com/

・連携概要
「ecforce」での受注情報を最短5分毎に自動で検出し、出荷情報としてコマースロボにインポートすることができます。読み込んだ出荷情報をロボットで自動処理し、出荷データをシームレスに倉庫(出荷拠点)まで連携します。

・コマースロボ連携の強み
EDI(データ変換)、RPA(ロボティクス処理)が内蔵されているため、データ連携時に本来カスタマイズもしくは、人力修正が必要な作業を設定だけで自動処理が可能となります。

・機能の強み
業界初、ロボティクス処理で受注処理の自動化が可能。さらにWMS機能が内蔵しており、フルフィルメント連携が可能。オプションで自動発注が可能な次世代型システムです。

・フルフィルメントの強み
「コマースロボ」は国内85社以上の3PL倉庫で利用可能で、2021年実績では出荷件数2,300万件を超えています。フルフィルメント導入開始は、すぐに対応可能です。

・連携の背景
国内での通販事業者数は毎年右肩上がりに増加しています。通販のオンラインストアやカートシステムは機能のアップデートが続々と行われているにも関わらず、物流業務は10年前のオペレーションから変化していません。
新規参入事業者さまにも、最大効率で受注処理や物流作業、在庫管理まで提供したいという想いで開発されたものがSCMロボット「コマースロボ」です。
今回の連携によって、「コマースロボ」と「ecforce」をご利用いただいている皆さまのEC/D2C運営が、より効率的に運用されることを期待します。

・コマースロボとは
EC業界初の受注管理ロボット+WMS(倉庫管理)+PMS(発注管理)のSCM(Supply Chain Management)クラウドでユニットを選択して利用できます。在庫の全体最適化とロボット、自動連携による業務効率化を目指す革新的なシステムです。

【受注ロボット/WMSシリーズ】
リピロボ-----【業界初】定期通販用OMS(受注管理)+WMS(倉庫管理)システム
https://ripirobo.com/

コマースロボ-----【業界初】EC向けSCMロボット
受注管理ロボット+WMS(倉庫管理)+PMS(発注管理)システム
https://www.commerce-robo.com/

オーダーロボ-----【業界初】EC向け需要予測、最適在庫管理、自動発注システム
https://www.commerce-robo.com/PMS.html

【会社概要】
社名:株式会社コマースロボティクス
URL: https://commerce-robotics.com/
本社: 東京都港区東新橋2-11-4 マヤパダ汐留プラザ5F
代表者: 代表取締役 伊藤彰弘

【本件の問い合わせ先】
株式会社コマースロボティクス
EC事業部 倉澤
電話:03-4431-1337
Eメール:sales@commerce-robo.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社コマースロボティクス
商号
株式会社コマースロボティクス (カブシキガイシャコマースロボティクス )
代表者
伊藤 彰弘(イトウ アキヒロ)
所在地
〒105-0021
東京都港区東新橋2-11-4 マヤパダ汐留プラザ 5F
TEL
03-4431-1337
業種
その他IT関連
上場先
その他
従業員数
500名未満
会社HP
https://commerce-robotics.com/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.