2022年04月22日 11:00

【FRONTIER】 AMD 3D V-cache テクノロジー採用「AMD Ryzen 7 5800X3D」搭載デスクトップパソコン3機種発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、オリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」から、AMD Ryzen 7 5800X3D プロセッサーを搭載したデスクトップパソコンの販売を2022年4月22日(金)午前11時より開始いたします。

■製品の概要
このたび販売を開始するのは、AMDが史上最速のゲーミングCPUと謳う(※1)「AMD Ryzen 7 5800X3D」を搭載したデスクトップパソコンです。
デスクトッププロセッサーとして世界初となる3D スタッキング技術を採用したRyzen7 5800X3Dを搭載し、メモリやストレージ、ケースが異なるモデルを合計3機種ご用意しました。ご予算や用途に合わせて、ぜひお好みの1台をお選びください。

この製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2022年4月22日(金)午前11時より販売を開始いたします。

■AMD Ryzen 7 5800X3D搭載デスクトップパソコンはこちら
https://www.frontier-direct.jp/direct/e/ej-ryzen5/?adid=pre&mn=g202204220101

(※1) 2021年12月14日に実施したAMDのテストに基づいています。パフォーマンスは、Watch Dogs Legion、Far Cry 6、Gears 5、Final Fantasy XIV、Shadow of the Tomb Raider、CS:GO で評価しています。すべてのゲームは、ゲーム内品質プリセットを HIGH (または同等品質)に設定した1920x1080Pの解像度でテストしています。システム構成:Ryzen 7 5800X3D、AMD リファレンス・マザーボード + 2x8GB DDR4-3600。Core i9-12900K、ROG Maximus Z690 Hero マザーボード + BIOS 0702、2x16GB DDR5-5200。両システム共に、GeForce RTX 3080 + ドライバー472.12、Samsung 980 Pro 1TB、NZXT Kraken X62、Windows 11 28000.282 で構成されています。R5K-107

■製品の特長
<AMD Ryzen 7 5800X3D搭載>
AMD Ryzen 7 5800X3Dは、Zen 3アーキテクチャに基づいて製造されたRyzen 5000 シリーズ・プロセッサーの最新モデルです。
「AMD 3D V-cache」というL3キャッシュを立体的に積層する新しい技術で製造されたモデルで、32MB分のL3キャッシュが組み込まれたCPUダイに、さらに立体的に64MB分のキャッシュメモリーを加え、総容量96MBのL3キャッシュになっています。これは既存のAMD Ryzen 7 5800Xの32MBの3倍にあたり、大幅なCPU全体の性能向上を実現しました。

<コストパフォーマンスに優れ、厳選された材料から作られたASRock製マザーボード採用>
●GXシリーズ:ASRock B550M-HDV
GXシリーズはASRock製『B550M-HDV』を採用。 NVMe SSDにはデータ転送速度 最大64Gb/sのPCI Express 4.0 x4対応のM.2スロットを1つ搭載しています。インターフェースは実績のあるUSB Type-A 3.2(3.1/3.0) Gen1 (Max 5Gbps)を4つとUSB2.0を装備し多彩な周辺機器の接続にも充分に対応出来ます。

●GAシリーズ:ASRock B550 Phantom Gaming4
GAシリーズはASRock製『B550 Phantom Gaming4』を採用。 データ転送速度 最大64Gb/sのPCI Express 4.0 x4対応のM.2スロットを1つとSATA3(6.0Gb/s)または16Gb/sのPCI Express 3.0 x2のM.2スロットを1つ搭載しています。インターフェースにはUSB Type-A 3.2(3.1/3.0) Gen1 (Max 5Gbps)を6つ装備し、多彩な周辺機器の接続にも十分に対応できます。

●GHシリーズ:ASRock X570 Pro4
GHシリーズは効率的な排熱が可能で耐久性に定評のあるASRock製『X570 Pro』を採用。
新世代PCI Express 4.0 M.2を2基搭載し、熱暴走を防ぐ為、サイズの大きいフルカバーM.2ヒートシンクを備えています。インターフェースにはUSB3.2 Gen2、USB3.2 Gen2 Type-Cを1つずつ、USB3.2 Gen1を6つ装備し、多彩な周辺機器の接続にも十分に対応できます。

<3種類から選べるデザイン性に優れたタワーケース>
●GXシリーズ:コンパクトながら大型グラフィックスカードも搭載可能なマイクロタワー
[幅:約190mm x 高さ:約356mm x 奥行:約421mm]
●GAシリーズ:高い拡張性と冷却性能を誇るミドルタワー
[幅:約200mm x 高さ:約423mm x 奥行:約485mm]
●GHシリーズ:効率的な熱排気が可能な拡張性に優れたミドルタワー
[幅:約200mm x 高さ:約465mm x 奥行:約470mm]

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
インバースネット株式会社(インバースネットカブシキガイシャ)
代表者
山本 慶次郎(ヤマモト ケイジロウ)
所在地
〒221-0031
神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8F
TEL
045-451-2411
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
未上場
会社HP
http://www.inversenet.co.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.