2022年04月28日 13:00

新GPUアーキテクチャHopper採用のAI/HPC向けGPU「NVIDIA H100 Tensor Core GPU」の受注を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NVIDIA(R)のエリートパートナーである株式会社ジーデップ・アドバンス(GDEP Advance,Inc. 本社:東京都港区、代表:飯野匡道)は、2022年3月に開催された「NVIDIA GTC Spring 2022」においてNVIDIA社が発表した、次世代のAI/HPC向けGPU「NVIDIA H100 Tensor Core GPU」を4月27日より受注開始しました。
NVIDIA H100 GPUは、「NVIDIA A100 GPU」の後継モデルに位置づけられており、TSMCの4nmプロセスルールを採用し、814平方mmのダイサイズに、従来のA100の約1.5倍にあたる800億個のトランジスタを搭載した最初のHopperベースのGPUです。倍精度・単精度をはじめ多様な精度を兼ね備え、マルチインスタンスGPU(MIG)機能により1つのGPUで最大7つのジョブを同時に実行可能な本製品は、世界で最も困難な計算にAI、データ分析、HPCで驚異的な性能を発揮します。
なお、ジーデップ・アドバンスではレンタルでの提供も行っており、プロジェクトや予算枠に合わせた柔軟な導入が可能です。製品レンタルの見積りは当社ホームページより行えます。

NVIDIA H100 PCIe 80GB
参考価格:¥4,313,000(税別/送料別) ※12ヶ月レンタル月額参考価格 ¥347,800
製品URL:https://www.gdep.co.jp/products/cstm/p/6268a7ed8f7b9
納期目安:2022年後半からの出荷開始を予定しています。
※本製品はPassive(ファンレス)の構造であり、また消費電力も高く搭載機器を選びますので搭載予定のメーカー、機種についてはご相談下さい。当社でもNVIDIA H100搭載対応サーバーをラインナップ予定です。

■株式会社ジーデップ・アドバンスについて
https://www.gdep.co.jp/
株式会社ジーデップ・アドバンスは、「Advance with you」をミッションに、GPGPUをはじめとするアクセラレーターやハイエンドワークステーション、広帯域ネットワークや高速ストレージを用いたクラスターシステム、さらにライブラリやコンパイラ、ジョブスケジューラなどの運用ツールの提供構築から運用支援まで、仕事や研究を前に進めるための手段をオンプレミスやレンタル、クラウドなどあらゆる形態で総合的に提供するAIとビジュアライゼーションのソリューションプロバイダです。NVIDIA社パートナー認定制度「NPN(NVIDIA Partner Network)」においてCompute DGX、Visualization各コンピテンシーのエリートパートナーとして、またIntel社のインテル(R) テクノロジー・プロバイダー・プログラムにおいて、Titaniumプロバイダー及びHPCデータセンタースペシャリストの認定を受けて活動しています。

■製品、サービスに関するお問い合わせ先
株式会社ジーデップ・アドバンス ソリューション部
E-mail:sales@gdep.co.jp
TEL:03-6803-0620 ※電話受付(平日)9:00~17:00

※NVIDIA、NVIDIA RTXは、米国NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
※記載されている情報はリリース時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了、延期となる場合があります。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社ジーデップ・アドバンス(カブシキガイシャジーデップ・アドバンス)
代表者
飯野 匡道( )
所在地
〒105-0014
東京都港区芝一丁目12-7 芝一丁目ビル4階
TEL
03-6803-0620
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
未上場
会社HP
http://www.gdep.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.