2022年05月02日 18:00

【事例紹介】環境に応じた柔軟な対応と提案で売上向上 ~カートシステム移管中でも成果UP~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グラッドキューブ(本社:大阪市中央区 代表取締役 CEO 金島弘樹 以下:グラッドキューブ)は、一広株式会社(本社:愛媛県今治市 代表:越智康行)とのマーケティング活動において、ブランド認知拡大と収益の拡大を目的とした Web 広告運用の成功事例を4月28日(木)公開しました。

タオル美術館グループはタオルの企画・製造から卸、小売りまでの一貫運営を行う全6社からなる企業です。
今回は、タオル美術館のオンライン販売サイトを運営する一広株式会社(https://towelmuseum-shop.jp/)のマーケティング活動に関して、2018年よりタオル美術館グループ一広株式会社と当社で取り組んできた内容と一緒にご紹介いたします。
■「どのようなマーケティング活動」に取り組んでいますか?
タオル美術館公式オンラインショップ TOWEL MUSEUM (https://towelmuseum-shop.jp/)のブランド認知拡大と収益の拡大を目的に Web 広告を配信しています。

現在は以下のようなメニューを実施しています。

(1)Google 検索広告・Yahoo! 検索広告
(2)Google ディスプレイ広告
(3)Google ショッピング広告
(4)Instagram 広告

■どのような 「課題」 があって、グラッドキューブにご依頼いただいたのでしょうか?
グラッドキューブに依頼をする前は別の企業に依頼をしていましたが、諸事情があり継続できなくなってしまいました。

自社で Web 広告運用を行うことは難しかったため、その当時の担当者に「良いパートナー企業を紹介してほしい」とお願いをして紹介いただいた企業がグラッドキューブです。

その後グラッドキューブの担当者と話をし、迷わず依頼することを即決しました。

■具体的に、どのような取り組みを実施してきましたか?
以前の代理店では検索広告のみを実施しておりましたが、グラッドキューブの担当者から提案をいただき SNS 広告も始めました。

以下は、 Instagram 広告とショッピング広告で配信している広告の事例です。
見せ方を変えるなどそれぞれの媒体にあった方法で配信しています。

また、直近では オンラインサイトのカートをShopify へ切り替えましたが、グラッドキューブにはそのサポートもしていただきました。

自分たちだけでは分からないことが多々あったのですが、無事完了することができました。Shopify に切り替えを行ったことで数値の把握や分析も進めやすくなり満足しています。

■どのような改善・結果につながりましたか?
2018年からグラッドキューブと取り組みをしておりますが、2020年初頭はコロナウィルスが発生して売上低下を懸念していました。
タオル美術館ではマスクの取り扱いもしていたので、需要が高いうちに急ぎでマスクに関する広告配信を行いました。その効果もあり売上も収益も大幅に伸長することができました。

マスク需要が落ち着いた2020年後半以降に大きな売上変動はありませんが、前年以上に売上を伸ばせています。
前述のとおり、2021年の初頭には、従来のカートシステムを変更し Shopify に切り替えを行いました。
タオル美術館のチームメンバーとグラッドキューブのチームで丁寧に打ち合わせを重ねながら進めた甲斐もあって、2022年の第1四半期は繁忙期も追い風となり、 Web 全体の収益を拡大、広告からの収益も右肩上がりの状況です。
KPI として設定している広告経由の ROAS に関しても、目標とする数値を達成することができました。

■一広株式会社 ご担当者様からのコメント
グラッドキューブには、Yahoo! や Google など様々な広告を、シーズンに合わせて実施していただいております。
リピートしていただく一定のお客様はいらっしゃるのですが、新たなお客様の数が伸び悩んでいたことが課題でした。

デジタル時代に合わせた SNS 施策が弊社としては非常に遅れていたため、コロナ禍で外出自粛や巣篭もり消費による EC 販売の拡大にあわせて提案いただいた Instagram 広告によりフォロワー数も増加し、「タオル美術館」の認知拡大も図ることが出来ました。

毎月のミーティングでは、 EC サイトへの来店を促進する戦略も一緒に考えいただき、目標売上金額に近い状態で達成しています。


一広株式会社インタビューの詳細はこちら
https://www.glad-cube.com/casestudy/2022/04/28/%e3%82%bf%e3%82%aa%e3%83%ab%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e4%b8%80%e5%ba%83%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be/


■株式会社グラッドキューブについて
当社は、AI を搭載した Web サイト解析・改善ツール「 SiTest (サイテスト)」を自社開発する SaaS 事業、多くの受賞歴と随一の実績を誇るインターネット広告運用代行のマーケティングソリューション事業、総務省主催の異能(Inno)vationアワードの受賞歴をもつ AI による勝敗予想を展開するスポーツメディア「 SPAIA (スパイア)」 を開発・運営する SPAIA 事業を3本柱とし、データ解析力を強みとした幅広い事業を展開する企業です。
所在地 :大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル8F
代表者名:代表取役 CEO 金島 弘樹
資本金 :8,549万円(資本準備金 7,549万円)
事業内容:インターネット広告事業、ウェブサイト解析・改善 ASP 事業、メディア事業
公式HP :https://www.glad-cube.com/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社グラッドキューブ(カブシキガイシャグラッドキューブ)
代表者
金島 弘樹(カネシマ ヒロキ)
所在地
〒541-0048
大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル8階
TEL
06-6105-0315
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.glad-cube.com/
IR情報
https://corp.glad-cube.com/
  • 公式twitter

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.