2022年05月11日 13:30

JIG-SAW、台湾特許庁より再生医療分野のコア技術で特許査定受領 - 視覚再生プロジェクト:NEW-VISION技術(ソフトウェアによる細胞制御)に関する特許

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JIG-SAWは、2022年5月、再生医療分野のコア技術であるNEW VISION技術(ソフトウェアによる細胞制御)に関する特許につき、日本、米国及び欧州全域に続き、台湾特許庁からも特許査定を正式に受領致しました。

発明の名称
可見光波長轉換裝置與具有該裝置之頭戴型影像展示裝置、影像展示方法及程式
出願番号
106145003
出願日
2017年12月21日

今後、所定の登録手続を経て、特許が成立する予定です。

この取り組みは、特定の網膜疾患において失明した方々に対して、独自のアルゴリズムを用いた波長変換ソフトウェアによる細胞に対する色信号制御によって視覚再生の実現を目的とし、失明した方々の視覚を回復することを目指す画期的な取り組みです。
最初の対象疾患として、網膜色素変性症(※1)等を対象とし、遺伝子治療薬の臨床試験と併せ、当該装置の臨床研究を進めて参ります。
当社の取り組みは、この技術と遺伝子治療薬との組み合わせにより、目の前の光景やヒトの表情の認識、文字の読み書きが確実にできることを目指しています。

この取り組みに関する詳しい情報については、当社NEW-VISIONサイトをご参照下さい。
https://www.newvision-prj.com/

今後も、全く新しいカタチの再生医療の取り組みとして多くの人々に貢献すべく、引き続き世界各国・地域での特許登録と実用化に向けての取り組みを進めて参ります。

※1 網膜色素変性症
遺伝子異変に起因する網膜変性疾患で、主な症状としては進行性夜盲や視野狭窄、視力低下などが挙げられ、やがて色覚の喪失や失明に至る病気

JIG-SAW株式会社について
IoTデータコントロールサービス
独自アルゴリズムによる全自動IoT・クラウドデータ制御・センサーコネクトサービス
最先端チップ、モジュール開発及び各種通信制御、次世代リアルタイムOSの研究開発
※最適自動制御・運用技術「オペレーションテクノロジー(OT)」をベースにした全産業の自動化、分散化、シェアリング化のためのA&Aサービスを展開
※OS技術を軸としたソフトウェア技術と組込み、超高速通信、信号制御を軸にしたハードウェア技術を保有並びに基盤技術の再生医療及び画像制御分野等への応用

会社概要
社名 :JIG-SAW株式会社
https://www.jig-saw.com/
拠点 : 東京本社/東京都千代田区大手町1丁目9番2号
コントロールセンター/ 札幌2拠点(N83 & N44)、北米1拠点(TCC)
米国法人/サンフランシスコ、サンノゼ
カナダ法人/トロント

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
JIG-SAW株式会社(ジグソーカブシキガイシャ)
代表者
山川 真考(ヤマカワ マスナル)
所在地
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 18F
TEL
03-6262-5160
業種
通信・インターネット
上場先
マザーズ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.jig-saw.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.