2022年05月17日 11:00

低年齢での英語教育やインターナショナルスクール、小学生のうちから留学を考えているジュニアのもう1つの習い事!多摩市・空手道教室開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年5月17日、多摩市で活動をする揚心館(空手道・キックボクシング・合気柔術)は、グローバルな環境に対応できる!低年齢での英語教育やインターナショナルスクール、小学生のうちから留学を考えているジュニアのもう1つの習い事!空手道教室開催をいたします。

教育における多様な価値観から、低年齢での英語教育やインターナショナルスクール、小学生のうちから留学する子どもが増えています。人材の国際化が加速する社会となった今、早期から準備を開始するご家族が増えています。しかし、個を育てるなかで、1つでも得意なこと、こだわりを持つことは同時に必要です。面白い子、何か魅力的な子にはチャンスが広がります。つまり、語学は会話の手段、こだわりがある子は、こだわりがある仲間との出会いや可能性を広げることが可能です。早期からグローバルな環境に対応できるための空手道教室を開催いたします。

▼早期からグローバルな環境に対応できる!知っておきたいコト
欧米と日本では、子育てに関する考えやしつけにおいて根本的に異なる点が多いです。欧米では、子どもの行動を見守り、子どもの自立心を養うことを中心とした教育が早くからなされています。

幼い頃から、食事、排泄、衣類の着脱などの身の回りのことを自分で行うのは当たり前と考え、子どもの行動に対して、必要以上に手助けをすることはありません。又、子どもが生まれたら、生後間もなくして別室で寝かせるのが一般的です。これらの事から、欧米では幼い頃から自然と自立心が育まれるような子育てをしていることが伺えます。

日本では、欧米と比べると、甘やかすこと、親が過剰に手助けをしていまうことから、自立心育成が遅れてしまいます。また、空手道場の選択は、子ども自身ではなく、親の想いのほうが強いことが多いです。日本的な子どもの自立心を養う方法は、いろいろな目標設定ができるカウンセリングから具体的な目的や目標を持つことです。道場では、オプションとして、相談や目標設定の場を用意いたします。

▼学ぶ姿勢を空手道から得る
香港の友人は、日本語、英語、ドイツ語、フランス語、広東語を使えます。どこで学んだのかと聞いたとき、家族やまわりがしゃべるから自然としゃべれるようになったと言っていました。言葉は学ぶものではなく、楽しむものとも言っていました。日本人は、資格習得のための語学教育です。そのため、楽しく会話をするとか、新しいコト、異なる文化に触れることが本質になっていないことが問題です。構えて学ぶのではなく、自然に物事を学ぶことへの見直しは必要です。

語学も、空手道も同じです。「興味を膨らますこと」と「参加と継続」です。このような環境と思考がつけば、グローバルな環境に対応できるようになります。そして、KARATE(空手道)は、世界共通、海外でも人気ですので、グローバルな環境で活躍させたいなら、適した習い事です。空手道から学ぶ姿勢や楽しむこと、結果、特技の1つになってほしいと考えて、指導を行います。

▼日時
毎週土曜日 13:30~15:00 東京都多摩市関戸1-11-3 桜が丘ブラザ4F(セブンイレブンの上)
毎週日曜日 9:30~11:30 多摩市立大松台小学校・多目的ホール
毎週日曜日 18:00~19:30 多摩市立多摩永山中学校・クラブハウス
毎週火曜日 19:50~21:00 多摩市立青陵中学校・クラブハウス

◆揚心館(空手道・キックボクシング・合気柔術)
揚心館(ようしんかん)は、2000年松濤館流実戦空手「野崎会館」の新空手クラス・キックボクシングチームおよび多摩支部から独立をしました。現在、東京都多摩市聖ヶ丘に本部道場を設立し、聖蹟桜ヶ丘、永山、貝取、唐木田等に道場を展開しております。

空手打撃技術をベースに、古武道や合気柔術の体術をとりいれ、「伝統武術」と「現代武術」を融合したユニークな格闘技術を確立させています。最強の打撃技術の専業を目指し、空手技術をベースに、日本拳法、ボクシング、キックボクシング、ムエタイの格闘技を取り入れ、日々革新するのが「揚心館新格闘技」です。

代表である工藤正一は、ITや半導体関連の組み込み業界において、世界トップ外資系企業での実務実績と豊富な経験から、海外上場企業での本社取締役・日本法人代表取締役まで上り詰めた。常に、世界と日本に関わる仕事を続けており、完全なアカデミックではなく、実務・事業家が運営する空手道教室として開いています。日本教育の欠点は、すべて社会活動で必要な知識や考え方のリアリティが欠けており、社会活動で「リアリティ・ショック」を起こす人が多いと感じています。文武両道と日本人としての世界へ向き合える人材育成を目指しています。

https://www.yoshin-kan.com/
https://www.yoshinkan-karate.com/
https://www.tama-boxing-school.com/

◆問い合わせ先
揚心館(空手道・キックボクシング・合気柔術)
TEL 042-371-1171
yoshinkan.karate.kickboxing@gmail.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
揚心館(空手道・キックボクシング・合気柔術)(ヨウシンカンカラテドウキックボクシングアイキジュウジュツ)
代表者
工藤 正一(クドウ ショウイチ)
所在地
〒206-0002
東京都多摩市聖ヶ丘2-22-3-3 
TEL
042-371-1171
業種
教育関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.yoshin-kan.com
IR情報
https://www.yoshinkan-karate.com/
公式ブログ
https://www.tama-boxing-school.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.