2022年05月23日 09:00

民間宇宙旅行時代到来!ASTRAXが米国研究者と協同で「宇宙ビールジョッキ」開発を始動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界中の人々の夢を宇宙で実現させる民間宇宙サービスプラットフォームを提供する宇宙ベンチャー企業株式会社ASTRAX(アストラックス、以下 ASTRAX、本社:神奈川県鎌倉市、代表:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地)は、2022年4月28日、米国で宇宙での生活に必要なあらゆるものを研究しているCosmic Lifestyle CorporationのSamuel M Coniglio IV氏と協同で、宇宙空間でも「宇宙ビール」を飲むことができる「宇宙ビールジョッキ」の開発を始動しました。

【これまでの経緯】
2014年11月29日に実施したASTRAX無重力飛行サービスにおいて、Cosmic Lifestyle CorporationのSamuel M Coniglio IV氏が開発した「宇宙でカクテルが飲めるカクテルグラス」を使って試飲実験をしました。

2021年には、ASTRAXと株式会社安井商店(本社:茨城県猿島郡境町、代表:安井正博)が運営するさかい河岸ブルワリーと共同で、『宇宙で飲める「宇宙ビール」』(宇宙ワーママ(R)プロデュース)の開発を開始しました。
そしてASTRAXは、2022年4月28日に米国ロサンゼルスで開催された宇宙旅行会議に参加し、Samuel M Coniglio IV氏と『宇宙で飲める「宇宙ビール」』に必要な「宇宙ビールジョッキ」の開発を始動することになりました。

写真:2015年に無重力飛行実験を行った「宇宙でカクテルが飲めるカクテルグラス」の試飲実験の様子
ASTRAXは、今後も継続して『宇宙で飲める「宇宙ビール」』の開発を進めてまいります。

【過去の関連プレスリリース】

■「宇宙旅行時代到来!ASTRAXが「宇宙で飲めるビール」を開発開始」
https://www.dreamnews.jp/press/0000241279/

■民間宇宙旅行時代到来!ASTRAXが開発中の宇宙で飲めるビール「宇宙ビール」を国際宇宙会議でプロモーション実施
https://www.dreamnews.jp/press/0000247686/

■民間宇宙旅行時代到来!SHAKOBAで開催されるイベントでASTRAXが開発中の「宇宙ビール」の第一弾を発表!
https://www.dreamnews.jp/press/0000249570/



■■■■■

『宇宙といえばASTRAX!』
ASTRAXは、今後も人類全体の経済圏(生活圏)を宇宙に拡大させるとともに、地球上の平和と生活環境の改善や向上を目指し、民間の力で様々な宇宙サービスを提供してまいります。

【ASTRAX会社概要】
会社名:株式会社ASTRAX
代表者:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地
所在地:神奈川県鎌倉市
URL:https://astrax.space
事業内容:民間宇宙開拓事業全般及び宇宙サービスプラットフォームの提供

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社ASTRAX
担当者:CEO秘書・星エリカ
E-Mail:erica.hoshi@astrax.space

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社ASTRAX(アストラックス)
代表者
山崎 大地(ヤマザキ タイチ)
所在地
〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町 ASTRAX秘密基地
TEL
0467-00-0000
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://astrax.space

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.