2022年05月24日 13:00

ネイティブ視点で英語を体感!『英文法は絵に描きやすいルールでできている』5月26日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明日香出版社では5月26日(木)に、語学書の新刊『英文法は絵に描きやすいルールでできている』(著・オールライト千栄美)を発売します。
【本書の概要】
なぜ英語には冠詞が必要なのか?
なぜ英語の順番は「主語+動詞」なのか?
といった疑問を、認知言語学をベースにした豊富なイラストと一緒に解説する一冊です。
「ネイティブは物事を英語でどのようにとらえているか」がわかるので、言葉をわが物として実感しながら身に着けられます。
著者自身が手掛けたイラストは、なんと約600点。目でも楽しく学べます。

【もくじ(一部)】
はじめに
Chapter 1 英語は絵に描きやすいルールでできている
1 絵に描きにくい日本語、描きやすい英語
2 <ことばモデル> その場に漂う日本語、一直線に進む英語
Chapter 2 名詞に輪郭を描く a/the/some/any/複数形
Part1 a・肉体と魂を区別する境界線
Part2 aとthe・ズームアウトとズームインの世界
Part3 some/any/輪郭のない複数形
Chapter3 動詞の5つのカタチ(原形/to原形/-ing形/過去形/過去分詞形)
Chapter 4 時の絵はタイムライン上に描く
Chapter 5 原理動詞とロケーションワード
Part1 原理動詞とロケーションワードの「ど真ん中」
Part2 原理動詞・たくさんの動きを入れる大きな器
Part3 ロケーションワード・位置情報を絵に描く
Chapter 6 2つの次元<現実/仮定>と助動詞
Chapter7 <英語ははっきり、日本語は曖昧>のショウタイ
おわりに
謝辞
参考文献

【著者略歴】
オールライト千栄美(おーるらいと・ちえみ)
言語コンサルタント/英語講師。英国在住。
日本人に最適な英語認知に主眼をおいた英語レッスン/セミナーを生業とする、言語認知コンサルタント・社会言語論者。
幼少期から言語や異文化に対する関心が高く、中学校の英語の授業で教師が使う「日本語」が分からなかったことがきっかけで、高校時代より文法用語を使わない英語学習の探求を始める。
2011年よりマンツーマンレッスンやコンサルテーションを開始。毎月多い時には200人の日本人英語学習者に接する中で、日本人と英語の関係を探り検証を重ねる。その実証に認知言語学、社会言語学、対照言語論からのアプローチを融合させた英語解説は、知識共有プラットフォームQuoraにおいて、掲載1年で2,500人を超えるフォロワーを獲得、Forbes JAPANにも取り上げられる。
現在も英語学習者と英語教育者を指導すると共に、「言語が違えば世界は違って見えている」をテーマとした、文化、社会、教育系セミナーを行う。
著書『英語のショウタイ-今度こそ、英語を話せるようになりたいと願うすべての方へ』デザインエッグ社発行。
Quora https://jp.quora.com/profile/Chiemi-Allwright

【書籍情報】
・書名:英文法は絵に描きやすいルールでできている
・著者名:オールライト千栄美
・ISBN:978-4-7569-2208-3
・本体価格:2200円
・判型:A5並製

【会社概要】
有限会社明日香出版社
〒112-0005
東京都文京区水道2-11-5
https://www.asuka-g.co.jp/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

  • 【明日香出版社】220524配信_英文法は

会社概要

商号
明日香出版社(アスカシュッパンシャ)
代表者
石野 栄一(イシノエイイチ)
所在地
〒112-0005
東京都文京区水道2-11-5 明日香ビル
TEL
03-5395-7650
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.asuka-g.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.