2022年05月31日 16:00

「青谷弥生人」そっくりさんグランプリ決定! 大阪府在住の会社員 吉田昌弘さんがグランプリに ~そっくりさん10人が鳥取に集結!青谷上寺地遺跡で激突~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鳥取県では昨年10月、県内の青谷上寺地遺跡から発掘された人骨をもとに「青谷弥生人」を復元。復元像を公開するとSNSを中心に大きな話題となり、その名前とそっくりさん募集を実施してきました。
5月28日(土)~29日(日)にかけて、今年1月選ばれたとっとり弥生の王国の初代国民(そっくりさん入賞者)をグランプリ候補として鳥取にお招きし、青谷上寺地遺跡などを巡る鳥取ツアーを開催。
グランプリイベントでは、候補者はパフォーマンスを披露し、グランプリが決定しました。
■グランプリイベントについて
本グランプリイベントは、会場での一般観覧とオンライン配信でのハイブリット式で実施。
10名のグランプリ候補者は、1人2分ずつのPR時間を使い、ダンスやギター演奏などそれぞれの特技を活かしたパフォーマンスで、会場を沸かせました。審査では、見た目の「そっくり度」を審査員が評価するとともに、観覧者やインターネットでの一般投票も行われました。
今回、初代グランプリに輝いたのは、大阪府在住の吉田昌弘さん。PR時間では、営業マンらしく持ち前の話術のみでパフォーマンスを行い、審査員からは、弥生時代や弥生人への理解を深めてグランプリイベントに臨んだ姿勢や、吉田さんを支える家族とのエピソードも評価されました。
■初代国民10名が激突!個性的なパフォーマンスを披露!
イベントでは初代国民10名がグランプリの座をかけ、PRタイムを使ってそれぞれの個性が激突するパフォーマンスを披露しました。この日のために考案したオリジナルの歌やダンスで会場を盛り上げるそっくりさんもいれば、ミュージシャンや俳優、歴史の教師といった職業や特技を活かしてアピールする方もいるなど、まさに十人十色のPR合戦が繰り広げられました。
■青谷上寺地遺跡やむきばんだ史跡公園を訪問
グランプリイベント終了後には、初代国民(そっくりさん入賞者)全員で、青谷上寺地遺跡を訪問。
翌日にはむきばんだ史跡公園で、火おこしや竪穴住居を見学し、弥生時代の生活を体験。その時代を生きていたと考えられる青谷弥生人に思いをはせました。
■青谷弥生人とは? ~人骨とDNAの研究から約1800年前の弥生人の顔の復元に成功
2000年に鳥取市の青谷上寺地遺跡(あおやかみじちいせき)で大量に出土した弥生時代後期(約1800年前)の人骨のうち、3個体の頭蓋骨に当時の人の脳が残されていることがわかりました。弥生人の脳は国内で初めての発見です。
鳥取県では、国立科学博物館の監修を受けながら、頭蓋骨の形態やDNAの分析結果をもとに「青谷弥生人(あおややよいじん)」の復顔像を制作。遺伝子情報も反映した弥生人の復顔は全国初の試みです。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
代表者
平井 伸治(ヒライ シンジ)
所在地
〒680-8570
鳥取県鳥取市東町1丁目220 
TEL
0857-26-7111
業種
団体・連合会・官公庁・自治体
上場先
未上場
会社HP
https://www.pref.tottori.lg.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.