2022年06月01日 09:30

『第三の給与』とも呼ばれる「ピアボーナス制度」にスポットを当てたホワイトペーパーを公開(株式会社インサイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社インサイトは2022年5月31日、ホワイトペーパー「ピアボーナス制度導入と運用の実践」を公開いたしました。
<資料ダウンロードURL>
・弊社サイト:https://service.oh-kimochi.jp/ (資料請求ボタンより)

以下にホワイトペーパーより抜粋した記事をご紹介しますので、ご興味のある方は上記より資料をお取り寄せください。

1.背景
株式会社インサイトでは、2019年よりオンラインサンクスカードサービス「OH!KIMOCHI」の開発、運営を進めて参りました。
その中で多くの企業様にお話を聞いていただき、貴重なご意見や気付きを頂戴してきております。
この度のテーマであります「ピアボーナス」につきましても、自社サービスのマーケティング活動や活用事例からヒントを得たものとなります。
「ピアボーナス」という言葉はまだまだニッチなものですが、徐々に浸透して来ている印象を持っています。
米国発祥の制度になりますが、日本企業の価値観に合うようにカスタマイズされた形で取り入れられています。
本書では、「ピアボーナス」制度の基礎的な内容から実際に導入・運用する際のポイントまでを詳しく解説します。

2.ご一読いただきたい方
・ピアボーナスという言葉は聞いたことがあるが、具体的にどのような制度なのか知りたい。
・ピアボーナス制度の導入を検討しているが、自社に合った制度なのか知りたい。
・ピアボーナス制度を導入したいと考えているが、事前に何を考え、準備をすればいいのか知りたい。
・ピアボーナス制度を運用する際のポイントや留意点などが知りたい。

3.ピアボーナス制度とは
「ピアボーナス」は米国Google社が2013年頃に初めて導入したと言われています。
Google社がこの制度を導入した背景には、同社の「強いチームを作るにはどのような因子が必要なのか?」という強い関心があります。
そして、“プロジェクト・アリストテレス“という社内プロジェクトを発足させ、強いチームには「心理的安全性」が不可欠であるとの結論を導き出しました。
この心理的安全性を高く保つための一つの方策として、ピアボーナス制度が導入されました。

4.制度の導入と運用
どんな制度でも導入すれば効果が出るというものは存在しません。
ピアボーナス制度においても同様のことが言えます。
本書では制度導入に当たって、事前に考えておくべきポイントを紹介しています。
また、運用において決めておかなければならないこと、留意すべき点についても解説しています。

<弊社サービス関連情報>
◆サービスサイト https://service.oh-kimochi.jp/
◆公式Twitter https://twitter.com/ohkimochi_cs
◆公式ブログ https://service-ohkimochi.hateblo.jp/
◆Youtubeチャネル https://www.youtube.com/channel/UC7SwD0VTGWODfuCjXLtQOuw
◆運営会社HP https://www.insight-inc.biz/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社インサイト(カブシキガイシャインサイト)
代表者
氏家 範昌(ウジケ ノリマサ)
所在地
〒105-0021
東京都港区東新橋2-12-1 PMO東新橋 4F
TEL
03-6809-2774
業種
システム開発
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.insight-inc.biz/
公式ブログ
https://note.com/insight_2007/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.