2022年06月17日 17:00

拡張現実(AR)・仮想現実(VR)の市場規模、2027年に1,145億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「拡張現実(AR)・仮想現実(VR)の世界市場 - 2027年までの予測:技術タイプ別(AR:マーカーレス、マーカーベース、VR:非没入型、半没入型・完全没入型)、デバイスタイプ別、提供別、用途別、企業別、地域別」(MarketsandMarkets)の販売を6月16日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1088363-augmented-reality-virtual-reality-market-by.html

拡張現実(AR)・仮想現実(VR)の市場規模は、2022年370億米ドルからCAGR25.3%で成長し、2027年には1,145億米ドルに達すると予測されています。市場成長の原動力には、拡張現実における医療用途の増加、小売・EコマースにおけるAR・VR用途の増加、AR・VR市場の成長を促進する政府の資金援助、拡張現実デバイスメーカーと各種サービス産業とのパートナーシップ、Eラーニングや医療トレーニングにおけるバーチャルリアリティの使用と需要の急増、製造部門におけるバーチャルリアリティの需要増加などが挙げられます。

COVID-19がAR・VR市場に与えた影響

COVID-19は、学校、大学、企業をリモートワーク文化に移行させ、ARとVRデバイスを使用した業界のトレーニングとともに、仮想トレーニング、教育、ショッピングの増加によりブームを巻き起こしました。一方、Covid-19はAR・VRデバイスや部品メーカー企業の業務およびその供給者や販売者の事業に、マイナスの影響を与えました。この市場で事業を展開している主要企業も、2020年前半にAR・VRデバイス部品の在庫におけるパンデミックの影響を目の当たりにしています。

牽引要因:小売・Eコマースにおける拡張現実の需要拡大

パンデミックにより、ショッピング文化がオンラインショッピングに急激にシフトしています。パンデミック時には多くのウェブサイトで返品ができなくなったため、バーチャル試着室やメイクアップ、ジュエリーのバーチャル試着によって、商品が本当に自分に合うかどうかの見極めを可能にし、顧客の利便性が向上しました。拡張現実テクノロジーは、顧客満足を促進し、拡張現実の市場成長を促進するのに役立ちます。

顧客がバーチャルで化粧を試せるLorealや、眼鏡がどのように見えるかを確認できるLenskartなどのショッピングアプリケーションは、eコマース分野における拡張現実の顕著な例です。

抑制要因:ARの過剰使用に伴う健康問題

ゲーマー間での新しいゲーム機器や技術の出現により、ARに関連した健康問題が増加しています。ARゲームはインタラクティブ性が高く、ユーザーは長時間ゲームに没頭するため、不安感、眼精疲労、肥満、集中力の欠如などの問題が発生します。長時間ARヘッドセットを装着していると不安やストレスを誘発することがあり、また、AR機器の有害な電磁波にさらされることで病気の原因になることもあります。米国国立衛生研究所(National Health Institutes)傘下の連邦省庁間プログラムである国家毒性プログラム(NTP)の研究者は、マウスによる実験で、電磁波にさらされた被験体ががんにかかりやすくなる可能性があることを実証しました。AR機器の過度な使用は、健康問題を引き起こす可能性があります。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1088363-augmented-reality-virtual-reality-market-by.html

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.