2022年06月21日 09:00

「半導体パッケージ向け電子化学品・材料の世界市場成長(現状と展望)2022-2028年-」英文市場調査レポート取扱開始のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年6月 レポート販売取扱開始
株式会社データリソース(東京都港区)はLP Information (LPインフォメーション)が出版した下記英文調査レポートの取扱を2022年6月10日に開始いたしました。

タイトル
半導体パッケージ向け電子化学品・材料の世界市場成長(現状と展望)2022-2028年
Global Electronic Chemicals & Materials for Semiconductor Packaging Market Growth (Status and Outlook) 2022-2028
https://www.dri.co.jp/auto/report/lpi/220523-global-electronic-chemicals-&-materials-for.html


レポート概要

世界経済の回復に伴い、半導体パッケージ向け電子化学品・材料の2021年の成長率は前年から大きく変化する見込みです。
このレポートでは、半導体パッケージ向け電子化学品・材料市場の包括的な概要、市場シェア、成長機会を、製品タイプ、用途、主要企業、主要地域、国別に紹介しています。

*タイプ別セグメント
  リードピン表面処理用化学品
  電気メッキ用薬品
  洗浄剤
*用途別セグメント
  ICグレード
  パネルレベル
*主要プレイヤー
  デュポン、BASF、Avantor、Sinyang、メルク、ADEKA、KMGケミカルズ、ソウルブレイン、マクダーミド・アルフ・エレクトロニクス・ソリューションズ、エバーライトケミカルズ、ステラケミファ、レゾンドテック、興発グループ

*主な掲載内容(目次より抜粋)
  半導体パッケージ向け電子化学品・材料の市場規模(プレーヤー別)
  半導体パッケージ向け電子化学品・材料の地域別市場規模
  (Americas、APAC、Europe、Middle East & Africa)
  市場の促進要因、課題、トレンド
  半導体パッケージ向け電子化学品・材料の世界市場予測
  キープレイヤー分析
  調査結果および結論
■本レポートについて
半導体パッケージ向け電子化学品・材料の世界市場成長(現状と展望)2022-2028年
Global Electronic Chemicals & Materials for Semiconductor Packaging Market Growth (Status and Outlook) 2022-2028
https://www.dri.co.jp/auto/report/lpi/220523-global-electronic-chemicals-&-materials-for.html

■調査会社について
LP Information (LPインフォメーション)
株式会社データリソースは、LP Information (LPインフォメーション)の
日本における正規販売代理店として調査レポートの販売を行っています。

■プレスリリースに関するお問合せ
LP Information (LPインフォメーション) 日本正規販売代理店
株式会社データリソース
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Eメール:office@dri.co.jp
HP: https://www.dri.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社データリソース(カブシキガイシャデータリソース)
代表者
佐々木 浩(ササキ ヒロシ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
TEL
03-3582-2531
業種
その他
上場先
未上場
会社HP
http://www.dri.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.