2022年06月20日 11:00

スキャナーで紙伝票を取り込み、直接クラウドにアップロード JBATの「Qanat Universe」とコダック アラリスのスキャナーを連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JBグループにおいて先進技術研究と製品・ソリューション開発を担うJBアドバンスト・テクノロジー株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:吉松 正三、以下JBAT)は、開発・提供するクラウド連携プラットフォーム「Qanat Universe(カナート ユニバース)」とKodak Alaris Japan株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:酒匂 清、以下コダック アラリス)のスキャナーをつなぎ、スキャンしたデータを直接クラウドにアップロードする「Qanat Universe スキャナー」を6月20日より提供開始します。

テレワークの浸透により業務のペーパーレスが進む一方で、紙の伝票や文書の処理が課題となっています。通常、紙の伝票をシステムで活用するには、紙をスキャンして電子データに変換しますが、複合機のスキャン機能ではサイズが異なる伝票を一枚ずつ読み込ませたり、正確に読み取れるよう紙の折り目を伸ばす等、多くの手作業が発生します。また、スキャンデータの文字情報をテキストに変換してシステムに取り込む等の開発作業が必要で、コストと期間が課題となっていました。

今回発表する「Qanat Universe スキャナー」は、コダック アラリスの高品質なスキャナーと、JBATの「Qanat Universe」を組み合わせてセットで提供します。スキャナーは、サイズや厚さが異なる伝票を連続してスキャンすることができる上、「Qanat Universe」との接続機能が組み込まれており、メニュー操作一つで、スキャンデータをクラウドにアップロードすることができます。
その結果、「Qanat Universe」で提供される多様な機能と組み合わせ、データを既存のシステムと連携して活用することができます。例えば、“AI-OCR機能”を利用して文字データを抽出し、“データクレンジング機能”の名寄せ処理でデータを整備して、サイボウス社のkintoneにデータを保存するといった一連の処理が可能です。「Qanat Universe スキャナー」と、別途Qanat Universeで提供される機能を組み合わせることで、開発コストを大幅に削減し、紙伝票のクラウド活用を簡単・短期間で実現します。

JBATの「Qanat Universe」は、国内の主要な業務SaaSのデータ連携において数多くの採用実績があります。今後、スキャナーやロボット、センサー等のIoTデバイスとの連携・活用をさらに強化し、独自のテクノロジーでお客様と新たな価値を共創し、成長を支援します。

■ 「Qanat Universe スキャナー」の特長
・スキャナーから簡単に、直接クラウド(Qanat Universe)にスキャンデータをアップロード
・サイズの異なる紙伝票・文書の一括処理が可能で、OCR処理に最適な高画質データを提供
・複数のスキャナーをQanat Universe上で一括管理でき、運用、メンテナンスが容易
・Qanat Universeの機能を組み合わせてデータの処理、SaaSとの連携が可能 ※別途開発が必要
【 Kodak Infuse AXスキャナー 仕様 】
・読み取り速度* 毎分80枚/160面
・フィーダー容量 最大80枚(80g/m2)
・原稿サイズ 最大:216mm × 3000mm / 最小:52mm × 52mm(2.05 in. × 2.05 in.)
・最大光学スキャン解像度 600dpi

*読み取り速度は、使用するドライバ、アプリケーションソフトウェア、OS、PCおよび選択したイメージ処理機能によって異なる場合があります。

Kodak Infuse AXスキャナーについて
グローバルサイト https://www.alarisworld.com/ja-jp/landing-page/infuse-smart-connected-scanning#Home
ソリューション紹介サイト https://www.scan-at-work.com/solution/qanat-universe-scanner

■ 価格
・Qanat Universe 月額利用料 25,000円~(税抜)
・Kodak Infuse AXスキャナー オープン価格

※Qanat Universe 月額利用料は、データ量や追加オプション等により変わります。詳細は別途お問い合わせください。
※Qanat Universeで提供する機能の利用やSaaS連携は、別途開発が必要です。

■ Qanat Universeについて  https://www.jbat.co.jp/lp/qanatuniverse_connect/
JBATの「Qanat Universe」は、基幹/業務システムやクラウドのサービス、PC、モバイルの他、IoTデバイスなど、社内(オンプレミス)、クラウド上の様々なシステムやサービスをシームレスにつなぐ、企業の共創のためのクラウド連携プラットフォームです。「Qanat Universe」を利用することで、利用者は接続先を意識せず、素早く、低コストでシステムの連携と業務の自動化が実現できるようになるため、数多くのソフトウェアメーカーに自社製品と他社のサービスをつなぐ連携プラットフォームとして採用されています。

■ コダック アラリス アラリス事業部について  https://www.kodakalaris.co.jp/
コダックアラリスは、ビジネスプロセスを簡素化するエンタープライズデータキャプチャソリューションの大手プロバイダーです。数十年にわたるイメージサイエンスの革新がもたらした、当社の受賞歴を誇るスキャナー、ソフトウェア、サービスは、当社のチャネルパートナーネットワークを通じて世界各地で販売されています。
詳細については、AlarisWorld.com( https://www.alarisworld.com/ )にアクセスしてください。

■ JBアドバンスト・テクノロジー株式会社について  https://www.jbat.co.jp/
JBグループにおいてクラウドサービスやソフトウェア等の製品開発および先進技術の研究を担う事業会社。ハイブリッド・クラウド環境での様々なデータをつなぐ“Qanatシリーズ”をはじめ、お客様の業務のデジタル化を実現するソリューションを開発・提供しています。
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社は、JBCCホールディングス株式会社(代表取締役社長:東上 征司/本社:東京都大田区)の事業会社です。

(C) 2022 Kodak Alaris Inc. TM/MC/MR: Alaris
使用されているすべての商標および商品名は、各権利保持者の所有物です。コダックの商標およびトレードドレスはイーストマンコダック社の許可のもとに使用しています。


<本件に関するお問い合わせ>
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
・報道関係の皆さま
 広報(JBCCホールディングス)長谷川 Tel: 03-5714-5177 E-mail: jb_info@jbcc.co.jp
・お客さま
 マーケティング 菅/篠﨑 Tel: 044-280-8606 E-mail: jbat_sol@jbat.co.jp

コダック アラリス ジャパン株式会社(コダック アラリス 日本法人)
 本社:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9 KDX御茶ノ水ビル
 広報 Tel: 03-5577-1380 E-mail: JP-DI-Mktg@kodakalaris.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
JBCCホールディングス株式会社(ジェイビーシーシーホールディングスカブシキカイシャ)
代表者
東上 征司(ヒガシウエ セイジ)
所在地
〒144-8721
東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア15F
TEL
03-5714-5179
業種
システム開発
上場先
東証一部
従業員数
5000名未満
会社HP
https://www.jbcchd.co.jp/
IR情報
https://www.jbcchd.co.jp/ir/index.html
公式ブログ
https://www.facebook.com/jbcchd

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.