2022年06月23日 10:00

globe基金 設立25周年 平和のハチミツ商品開発ストーリーVol.2 紛争被害を受けた地域住民 未来のために笑顔が語る養蜂業 コンゴ 日本の支援による養蜂でハチミツを収穫・製品化する模様の動画公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アイケイ(本社:愛知県名古屋市 代表取締役:長野庄吾)は、子どもたちに美しい地球を残すために1997年に設立、2022年で設立25周年を迎える「globe基金(グローブ基金)」の支援でおこなわれているコンゴ民主共和国でのハチミツ収穫の様子を撮影した動画を本日より公開します。
(公開URL)https://youtu.be/XMsL-yqP59M

「globe基金」は、子どもたちに美しい地球を残すことを目的に1997年6月に設立されました。アイケイの売上の一部を発展途上国の子どもたちに学びの場を提供するために寄付し、学校教育などを通じて支援をおこない、人と地球が共生できる社会づくりを目指しています。
・アイケイCSR globe基金:https://www.ai-kei.co.jp/csr/globe
紛争被害を受けた地域住民が日本の支援による養蜂でハチミツを収穫 アイケイが商品化へ
2017年、コンゴ民主共和国で環境に恵まれず初等教育さえ受けられない紛争孤児、元子ども兵士、貧困地域の子どもたちへ教育の機会を提供するために「globe(グローブ)エデュケーションプログラム」を開始しました。本プログラムで、子どもたちの家族に対して養蜂の仕事を指導し、それによる収入で子どもたちが持続的に学校へ通い続けられるように支援しています。この養蜂により収穫されたハチミツは、当社がオールインワンゲルや美容オイルといったスキンケア商品の開発に活かし、2022年10月発売予定です。

globe基金により生まれた“UMOJA HONEY”を当社がスキンケア商品に!
コンゴ民主共和国で日本の支援により収穫したハチミツは“U M O J A H O N E Y(ウモジャハニー、UMOJAは一つになる・絆という意味)”と名づけられ、平和への願いが込められています。動画の中では現地の女性が中心となり採取したハチミツを濾過したり、ボトルにラベルを貼ったりしている様子が見られます。収穫されたハチミツを日本に運び、現在 当社でスキンケア商品として2022年10月に発売するべくパッケージデザインなどが進行中です。
商品発売へ向けた今後のスケジュール
下記のスケジュールで商品開発を進めています。商品開発の密着取材などご相談ください!
●6月:安全性を担保するための各種試験、パッケージデザイン進行中
●7月以降: 発売に向け関係各所への調整などを予定
※現地(コンゴ民主共和国)の状況・様子などに関するご取材もご相談ください。

協力団体:認定NPO法人 テラ・ルネッサンス
『globe基金』を活用し、発展途上国にさまざまな形で支援をおこなう橋渡しに尽力してくださっているのが、認定NPO法人テラ・ルネッサンスです。地雷、小型武器、子ども兵、平和教育という4つの課題に対して、現場での国際協力と同時に、国内での啓発・提言活動をおこない課題解決を目指す団体です。
詳細)https://www.terra-r.jp/

特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス
創設者・理事 鬼丸 昌也(おにまる まさや)

2001年2月、大学4年生の時に初めて訪れたカンボジアで地雷原を訪問。黙々と作業する地雷除去要員の息遣いと、地雷らしきものに金属探知機が触れた時の警告音しか響かないその場所で衝撃を受けたことをきっかけに、テラ・ルネッサンスの構想が始まる。その時の「自分に何ができるのか?」という問いに対する答えを積み重ねて現在のテラ・ルネッサンスはある。現在、カンボジアの地雷被害者支援だけではなく、ウガンダやコンゴで元子ども兵の社会復帰支援、日本国内では平和教育のための講演活動など幅広く活動している。
globe基金とは
発展途上国の子どもたちに学びの場を提供し、学校教育を通じて支援をおこない、人と地球が共生できる社会づくりを目指し、1997年に設立されました。現在までに、globe校 8校、globeハウス 4校を建設しました。その他、内戦被害者の自給食料を確保する治安好転プロジェクト「globeファーム」、globeハウスやファームを繋ぐ道路建設プロジェクト「globeロード」、環境に恵まれず初等教育さえ受けられない子どもたちに教育機会とその家族への職業訓練を提供する「globeエデュケーションプログラム」などのプロジェクトを進めています。

globeエデュケーションプログラム
2017年12月から開始
コンゴ民主共和国
(フェーズI)
紛争被害を受けた孤児や元子ども兵への初等教育機会を提供するプロジェクト

2019年3月から開始
コンゴ民主共和国
(フェーズII・III)
子どもたちが持続的に教育を受けられるよう、その家族への職業訓練を進めるプロジェクト






【その他の活動】
●globe校:1998年にフィリピン、2000年にベトナム、2006年にインドネシアに学校を創設。
●globeハウス:元子ども兵士や内戦被害者などの社会復帰や自立を支援するプロジェクト。
●globeファーム:内戦被害者の自給食料を確保し、相互扶助促進や治安好転を目指すプロジェクト。
●globeロード:globeハウス、globeファームなどコミュニティをつなぐ道路建設プロジェクト。

SDGs目標に向けての取り組み
アイケイグループでは、SDGsが国連サミットで採択された背景を十分に理解し、企業として掲げた目標達成に向けてできることから着実に実行します。その上で、企業の成長とともに国際社会への貢献に繋げていける企業活動を目指します。SDGsは現状でおこなっているビジネスのゴールのひとつであり、その延長線上に「将来に希望が持てる社会」の実現があると我々は理解しています。

【会社概要】
株式会社アイケイは、美しく生きる・健康に生きる・楽しく生きる、の3軸をテーマに、長年にわたって蓄積されたビッグデータから、化粧品・生活雑貨・食品等の商品開発を行い、企画・製造・販売・物流までを一貫して行う、マーケティングメーカーです。
○社名   株式会社アイケイ
○本社   〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅 3-26-8 KDX 名古屋駅前ビル5階
○東京支社 〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目7番3号 京橋三菱ビル7階
○代表   代表取締役社長 COO 長野庄吾
○設立   1982年5月1日
○資本金  6億2,094万円
○売上高  207億54百万円(2021年5月期)
○従業員  241名(2021年5月末現在 連結)
○ホームページ https://www.ai-kei.co.jp/

プレスリリースに関するお問い合わせ先
広報事務局 担当:中東(なかとう/090-7707-4355) 杉村(すぎむら/070-1389-0175)
TEL:03-5411-0066   Fax:03-3401-7788  pr@netamoto.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

添付資料

会社概要

商号
株式会社アイケイ(カブシキガイシャアイケイ)
代表者
長野 庄吾(ナガノ ショウゴ)
所在地
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-26-8  KDX名古屋駅前ビル5階
TEL
052-856-3101
業種
その他の製造・メーカー
上場先
JASDAQ

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.