2022年06月23日 11:00

【SDGs教育2022】食品ロス特別出前授業を実施!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スーパーマーケットに向けてSDGsの具体的な取り組み(もぐもぐチャレンジ)を支援する株式会社アッシェは(本社:高知県高知市、代表取締役社長:須江勇介、以下アッシェ)、2022年6月14日(火)に家庭のロスを無くす取り組みの一環として、高知市立高須小学校の4年生4クラスを対象に「SDGs」持続可能な社会の実現に向けた、食品ロス削減活動の出前授業を実施いたしました。

■アッシェの出前授業について
持続可能な社会の実現を目指し、事業・社会・家庭を通じた食品ロス削減に取り組んでいます。
本授業は食品ロスから派生する環境問題について学び、どうすれば食品ロスを減らせるかについて考えることができる授業です。

■授業内容

1.食品ロスとは?(デジタル資料学習)
1-1.なぜ生まれてしまったのか?
1-2.食品ロスが出ることでどんな問題が起こるのだろう?
1-3.どうやったら食品ロスは減らすことができるだろう?

2.食品ロス削減について自分達のできることを考えよう!(チーム学習)
2-1.お家でできる食品ロス削減
2-2.給食でできる食品ロス削減

何故食品ロスが発生したのか、食品ロスが起こす環境問題について、デジタル資料と弊社キャラクターであるもぐにぃを活用し、楽しく勉強をしました。
グループワーク学習では、賞味期限・消費期限の違いを学習し、「期限の近い物から食べる」、「自分たちが食べれる量を知る」など、グループ間で活発な意見交換ができていました。
■授業を終えて 当社の感想
高須小学校4年生を対象に出前授業を実施いたしました。児童達は、今回の授業と事前に学んだ「社会のゴミ問題」や、「清掃工場見学」での学びと結び付け、積極的に発表してくれ、思考の拡張や新たな課題の発見などが達成できたように感じました。 食品ロスは地球全体での大きな問題ですが、その約半分は家庭から出るゴミです。一人一人のできることは小さな事に感じるかもしれませんが、個々人の取り組みが大きな一歩になります。
今回のこの授業が子どもたちにとって、苦手なものに挑戦するなどの行動を起こすきっかけになれば大変うれしく思います。

■背景
日本では、輸入率が62%にも関わらず、年間570万トンもの食品ロスが排出されています。(食品ロス発生生産の推移・環境公式サイトより)
現状、国連のSDGsを始め、食品廃棄問題は地球全体の大きな社会課題とし、大きく取り組むことが求められており、教育機関では子どもたちに向けた、授業の題材としても取り上げられています。


■今後の食育活動
高知県、愛媛県内の学校に要望があれば、随時活動を行っていく予定です。
現在は3・4年生向けに教材提供を行っていますが、今後1・2年生、5・6年生向けにも展開していく予定です。

■「もぐもぐチャレンジ」とは?
「もぐもぐチャレンジ」は、スーパーマーケットの値引前の商品・廃棄前の商品に貼られている「もぐもぐシール」を消費者が10枚集め、食品ロス削減に貢献し、特典が受けられるプログラム。
「もぐもぐチャレンジ」では、食品ロス削減事業を通じてお店のロス、家庭のロス、社会のロスといった3つのロスを削減することを目標としています。

【会社概要】
会社名:株式会社アッシェ
代表者:代表取締役社長 須江勇介
所在地:高知県高知市新本町2丁目4-3 blissビル 2F
TEL:050-1743-8000
FAX:088 803 7106
E-Mail:info@mognny.fun

▼もぐもぐチャレンジHP:https://mognny.fun/
▼アッシェHP:https://ashe.co.jp/


【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社アッシェ
担当者:もぐにぃ事務局 岡林
TEL:050-1743-3111
E-Mail:info@mognny.fun
もぐもぐチャレンジは株式会社アッシェの登録商標です

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
株式会社アッシェ(カブシキガイシャアッシェ)
代表者
須江 勇介(スエ ユウスケ)
所在地
〒780-0062
高知県高知市新本町2丁目4番3号 blissビル2F
TEL
050-1743-8000
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
https://ashe.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.