2022年06月29日 13:00

量産効率25%以上を目指し、ジンコソーラー尖山第2期11GW高効率太陽電池プロジェクトが着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6月28日、ジンコソーラー「尖山第2期11GWの高効率太陽電池セル及び15GWのモジュール生産ラインプロジェクト」(中国浙江省海寧市に位置する)は、中国浙江省の重点プロジェクトとして、着工式を開催した。

ジンコソーラー尖山第2期プロジェクトは、第1期の事業経験を踏まえ、スマート工場化への取組を進んでいる。5G時代のAI(人工知能)やビッグデータ、デジタルツインなど次世代の情報通信技術を活用する工場の構築、倉庫・環境保全に関わる施設の整備により、ジンコソーラー全産業チェーンの太陽光発電スマートシステム4.0を建設する。

今年2月、ジンコソーラーは浙江省海寧市で開始された8GWのN型TOPCon太陽電池セル及びモジュール生産プロジェクトが全て生産条件を達成し、生産量やコスト、効率、合格率などの指標はいずれも予想の通りである。電池の量産効率は既に24.75%に達成し、合格率もPERCと同じレベルで確保するので、コスト削減や効率向上につなげる。

安徽省合肥市、浙江省海寧市にある工場で8GWの高効率N型TOPCon太陽電池セルの生産に伴い、ジンコソーラーは、業界初の10GW超えのN型製品生産ラインを有する企業となった。

ジンコソーラーはN型太陽電池開発のリーダーとして、2019年からN型TOPCon太陽電池セルの生産に取り組んできている。2021年、ジンコソーラーN型TOPCon電池の変換効率は1年で4回連続世界記録を更新し、2022年4月、新しいN 型TOPCon電池の最高変換効率25.7%を達成した。

従来のPERCと他のN型技術と比べ、ジンコソーラーN型TOPCon技術はより高い量産効率と低い生産コストを実現し、次世代主流の太陽電池セル技術の一つであるとみられる。また、ジンコソーラーTiger Neoシリーズモジュールは国内外の市場では広く注目を集め、中国「カーボンピークアウト・カーボンニュートラル目標」と世界エネルギー転換の加速において重要な役割を果たしている。

--------------------------
ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。2022年3月31日まで、ジンコソーラーのシリコンウェーハの生産能力が40GW、太陽電池が40GW、太陽光発電モジュールが50GW を達成した。そして、太陽光発電モジュールの累計出荷量が100GWを超えた。
ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。
〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.