2022年07月01日 16:00

油圧機器の市場規模、2027年に497億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「油圧装置の世界市場:コンポーネント別・種類別・エンドユーザー別・センサー別・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を6月30日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1094923-hydraulics-market-by-components-motors-pumps.html

油圧機器の市場規模は、2022年の412億米ドルからCAGR3.8%で成長し、2027年には497億米ドルに達すると予測されています。建設産業の潜在的な成長、マテリアルハンドリング機器の需要増加、プロセス産業の拡大などが、同市場の成長を促進する要因となっています。さらに、技術進歩によるスマート油圧機器の需要増加も、その成長を後押ししています。

COVID-19の油圧機器市場への影響

COVID-19パンデミックによって、米国、ドイツ、中国、英国などの主要国では、企業の業務が中断され、油圧産業全体に影響を及ぼしました。このため、各社の財務状況に悪影響が及んでいます。さらに、グローバルサプライチェーンの混乱により、数社が収益減に見舞われました。

その後、油圧機器業界は大きく回復しています。中断していたプロジェクトの多くが再開されたため、その需要は増加し、パンデミック前の水準にほぼ回復しています。米国、中国、ドイツなどの主要国では、パンデミック後に油圧機器市場のバリューチェーンが一貫して回復しています。農業、マテリアルハンドリング、航空宇宙、金属・機械製造、自動車、鉱業、海洋、石油・ガスなどの産業におけるスマート油圧機器への需要増が、パンデミック後の市場成長を牽引しています。

牽引要因:マテリアルハンドリング機器への要求の高まり

世界中の企業は、人件費の上昇に関連する問題に直面しています。人件費の増加は、相対的な生産性の低下を招き、企業は自動化されたソリューションに投資することが現実的であると考えるようになります。自動車、金属、建設、鉱業など、さまざまな業界における自動化ソリューションの需要の増加が、マテリアルハンドリング機器市場の牽引役になることが期待されています。油圧は、マテリアルハンドリング機器の機能、制御性、パワー、安全性を向上させるために、より多く使用されるようになっています。

抑制要因:油漏れに関する懸念

油圧シリンダーは、油を中心とした作動油で作動します。不適切な継手や接続、振動や衝撃、環境パラメータなど、さまざまな要因が油圧シリンダーの油漏れにつながります。鉱業や建設業など、大規模な土木工事や環境に配慮した大型固定・移動式プラントを必要とする産業では、油漏れの問題が大きくクローズアップされています。この漏れは、コストがかかるだけでなく、環境や人体に悪影響を及ぼします。航空宇宙産業では、予期せぬ漏出が遅延を引き起こし、法外な費用がかかる場合があります。さらに、海洋、林業、鉱業、農業などの産業では、油を川や湖、土壌に放出してしまうケースもあり、政府が支払う浄化費用は高額になります。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1094923-hydraulics-market-by-components-motors-pumps.html

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.