2022年07月04日 15:30

「累進焦点レンズ(PAL)の世界市場2022年:デジタル疲労耐性、インテリアプログレッシブ、読書プログレッシブ、スポーティプログレッシブ」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年7月4日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「累進焦点レンズ(PAL)の世界市場2022年」調査資料の販売を2022年7月4日に開始いたしました。累進焦点レンズ(PAL)市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:累進焦点レンズ(PAL)の世界市場2022年
■英文タイトル:Global Progressive Addition Lenses (PAL) Market 2022 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2028
■発刊日:2022年6月10日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
累進焦点レンズ(PAL)市場レポートは、世界の市場規模、地域および国レベルの市場規模、セグメント市場の成長性、市場シェア、競争環境、販売分析、国内および世界の市場プレーヤーの影響、バリューチェーンの最適化、最近の動向、機会分析、市場成長の戦略的な分析、製品発売、地域市場の拡大などに関する情報を提供します。
GlobalInfoResearchの最新の調査によると、世界の累進焦点レンズ(PAL)の市場規模は2021年のxxx米ドルから2028年にはxxx米ドルと推定され、xxx%の成長率で成長すると予想されます。

累進焦点レンズ(PAL)市場は種類と用途によって区分されます。2017年~2028年において、量と金額の観点から種類別および用途別セグメントの売上予測データを提供します。この分析は、適格なニッチ市場をターゲットにすることでビジネスを拡大するのに役立ちます。

種類別セグメントは次をカバーします。
・デジタル疲労耐性、インテリアプログレッシブ、読書プログレッシブ、スポーティプログレッシブ

用途別セグメントは次のように区分されます。
・病院、光学ショップ、オンライン、その他

世界の累進焦点レンズ(PAL)市場の主要な市場プレーヤーは以下のとおりです。
・Essilor、ZEISS、HOYA、Rodenstock、Nikon、SHAMIR、VISION-EASE Lenses、Conant、Wanxin、SEIKO

地域別セグメントは次の地域・国をカバーします。
・北米(米国、カナダ、メキシコ)
・ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イギリス、ロシア、イタリア)
・アジア太平洋(日本、中国、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・南アメリカ(ブラジル、アルゼンチン、コロンビア)
・中東およびアフリカ(サウジアラビア、UAE、エジプト、南アフリカ)

・市場概要
・メーカー情報(企業概要、製品概要、販売量、価格、売上):Essilor、ZEISS、HOYA、Rodenstock、Nikon、SHAMIR、VISION-EASE Lenses、Conant、Wanxin、SEIKO
・メーカー別市場シェア
・地域別市場分析2017年-2028年
・種類別分析2017年-2028年:デジタル疲労耐性、インテリアプログレッシブ、読書プログレッシブ、スポーティプログレッシブ
・用途別分析2017年-2028年:病院、光学ショップ、オンライン、その他
・累進焦点レンズ(PAL)の北米市場規模2017年-2028年:アメリカ、カナダ、メキシコ
・累進焦点レンズ(PAL)のヨーロッパ市場規模2017年-2028年:ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア
・累進焦点レンズ(PAL)のアジア市場規模2017年-2028年:中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア
・累進焦点レンズ(PAL)の南米市場規模2017年-2028年:ブラジル、アルゼンチン
・累進焦点レンズ(PAL)の中東・アフリカ市場規模2017年-2028年:サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ
・原材料および産業チェーン
・販売チャネル、流通業者・代理店、顧客リスト
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/gir-22e3718-global-progressive-addition-lenses-pal/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年08月15日 15:30
「エポキシトウプリプレグのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)の世界市場:種類別(炭素繊維、ガラス繊維、その他)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年08月15日 14:30
「ブチルジグリコールアセテートのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)の世界市場:種類別(1L、4L、20L)、用途別(塗料産業)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年08月15日 11:30
「電子相互接続はんだワイヤーのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)の世界市場:種類別(鉛入り合金、鉛フリー合金)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年08月12日 15:30
「食品用クエン酸カリウムのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)の世界市場:種類別(3%-4%、4%-5%、5%-6%)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年08月12日 14:30
「自動車用アクティブパージポンプのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)の世界市場:種類別(金属製ポンプ、非金属製ポンプ)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.