2022年07月14日 11:00

2022年入試大学アンケート調査 受験生が利用した外部検定 「受験生の9割近くが英検を利用」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 粂川秀樹)の教育情報センターは、昨年度行われた2022年大学入試 一般選抜での英語の外部検定(=外検)利用について、「実際に受験生が使った外検は何か」を各大学にアンケート調査しました。その結果をお知らせいたします。



調査の概要
【調査時期】 2022年3月~5月。
【調査内容】 2022年一般選抜(共通テスト利用入試含む)志願者における各外検の利用者数。
【調査対象】 一般選抜で外検を利用した国公私立243大学(専門職大学は除く)。
【回答状況】 142大学(回答率58.4%)、121,542人集計。



<調査結果>

■結果の分析と考察

●外検を利用した受験生の9割近くが英検を利用。
●各大学は幅広い外検を入試で利用可としているが、実際はほとんどの受験生が英検に集中。
●英検に集中の要因は、検定料の安さ、実施回数と試験会場の多さ、利用できる大学の多さと思われる。
●2025年に大幅な変更が予定されている大学入試(新課程入試)では、外検を利用する大学は増加の見込み。高校生の外検受験はさらに拡大と予想。



<参考データ(別調査)>



●各グラフの見方
 【グラフ2】一般選抜で外検を利用した大学数(2022年=国公私立全762大学中、243大学)。
⇒【グラフ3】その大学で利用できる外検(各外検が「利用可」となっている入試の割合)。
⇒【グラフ1】その中で実際に受験生が利用した外検(今回の調査)。

●このほか各大学別の結果などは、解説記事をご覧ください。
⇒ https://eic.obunsha.co.jp/pdf/exam_info/2022/0714_1.pdf

【本件に関するお問い合わせ先】 
株式会社旺文社 広報担当
TEL:03-3266-6400 
FAX:03-3266-6849
E-mail:pr@obunsha.co.jp

【会社概要】
学ぶ人は、変えてゆく人だ。
目の前にある問題はもちろん、人生の問いや、社会の課題を自ら見つけ、
挑み続けるために、人は学ぶ。
「学び」で、少しずつ世界は変えてゆける。
いつでも、どこでも、誰でも、学ぶことができる世の中へ。
私たちは、学ぶ人をずっと応援し続けます。

旺文社ブランドサイト URL : https://www.obunsha.co.jp/pr/change/

社 名 : 株式会社 旺文社
代表者 : 代表取締役社長 粂川 秀樹
創 業 : 1931年(昭和6年)10月1日
本 社 : 〒162-8680 東京都新宿区横寺町55
T E L : 03-3266-6400
事業内容: 教育・情報をメインとした総合出版と事業
U R L : https://www.obunsha.co.jp/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
株式会社旺文社(カブシキガイシャオウブンシャ)
代表者
粂川 秀樹(クメカワ ヒデキ)
所在地
〒162-8680
東京都新宿区横寺町55 
TEL
03-3266-6400
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.obunsha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.