2022年07月14日 18:00

ジンコソーラーは2022年度新華水電太陽光パネル集中調達範囲に入った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7月12日、ジンコソーラー高効率太陽電池モジュールは、中国核工業集団有限公司(CNNC)傘下の新華水力発電有限公司(以下、新華水電という」2022年度太陽光パネル集中調達範囲に入ったと発表した。今回の入札は4つの部分を含め、総規模が4GWである。

ジンコソーラーTiger Neoシリーズは、去年11月に発売されて以来、世界中で人気を獲得した。新華水電は同製品の優位性、性能指標、応用場面などの情報を踏まえ、現地実証・データ測定の上に、電池の量産効率が24.7%以上に達したジンコソーラーN型Tiger Neoモジュールの採用を決定し、プロジェクトのコスト削減と効率向上に取り組んでいる。

半導体原料であるシリコンの価格が高騰する中、モジュールの価格と建設コストも上昇していく。その背景には、技術革新が急速に加速しており、N型TOPCon技術は次世代の主流技術となりつつある。その技術を用いたTiger Neoシリーズはより優れた発電性能と高い信頼性を持ち、同じタイプのP型製品より年間3%-5%の発電増益がある。今回の太陽光パネルの入札は、メガソーラー、地上設置型太陽光発電システム、工商業地など多様な場面に応用するという。

ジンコソーラー副総裁の姚峰氏は「PV業界の最前線で活躍する一体化太陽光パネルメーカーとして、ジンコソーラーは、豊富なソリューション提供経験を有しています。先端技術と完備な運営システムにより、大型プロジェクトにおける最適なパートナになれると思われます。ジンコソーラーは引き続き技術を基盤として、製品の核心競争力の向上に取り組み、中国核工業集団有限公司と共に、我が国の再生可能エネルギー事業の推進、カーボンニュートラルの実現に力を尽くします。」と述べた。

--------------------------
ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。2022年3月31日まで、ジンコソーラーのシリコンウェーハの生産能力が40GW、太陽電池が40GW、太陽光発電モジュールが50GW を達成した。そして、太陽光発電モジュールの累計出荷量が100GWを超えた。
ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。
〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.