2022年07月20日 09:00

「グラフェン」「2D材料」の市場、技術、企業情報を網羅した最新版調査レポートの販売をIDTechExが開始しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年7月20日
アイディーテックエックス株式会社

IDTechEx(先進技術調査会社: 本社英国 ケンブリッジ)は「グラフェン市場&2D材料分析 2023-2033年」と題した調査レポートを発行し、2022年7月19日より、日本法人のアイディーテックエックス株式会社(東京都千代田区)での販売を開始しました。

◆ 調査レポート日本語タイトル:
「グラフェン市場&2D材料分析 2023-2033年」
◆ 正式タイトル(英語):
「Graphene Market & 2D Materials Assessment 2023-2033」
◆ 発行元: IDTechEx(先進技術調査会社: 本社英国 ケンブリッジ)
◆ ページ数: 400
◆ 無料サンプルページ: あり
◆ ウエブサイト:
https://www.idtechex.com/ja/research-report/graphene-market-and-2d-materials-assessment-2023-2033/878

グラフェンは長い間「驚異の材料」とされ、世界の多くの課題を解決してくれる材料と考えられてきました。現実は大きく異なり、すぐにインパクトが見られることはありませんでした。しかしながらこの業界は過去10年間で進化を重ね、注目の試みが受注に発展し、大幅な生産能力の拡大と価格低下が見られるようになり、転換期を迎えていることがわかります。グラフェン関連材料は粉末からウェハーまで幅広い製品群であり、本レポートはこうしたあらゆる形態を検証しています。比較調査、詳細な見通し、会社概要、生産能力/売上/P&Lがすべて盛り込まれています。IDTechEx はこの業界に深い知見があり、豊富な一次調査を活用して読者に対し、最も正確で最新の技術・市場情報を提供しています。グラフェンの他にも各種 2D 材料はユニークな特性と幅広い商用利用のポテンシャルを備えています。ほとんどすべてのものが開発のかなり初期段階にあります。IDTechEx は、特に窒化ホウ素、遷移金属ダイカルコゲナイド、MXene および Xene に着目し分析と見通しを提供しています。


「グラフェン市場&2D材料分析 2023-2033年」が対象とする主なコンテンツ
(詳細は目次のページでご確認ください)
● 全体概要および結論
● 10年先市場見通し
● 競争の激しい材料の商業的展望
□ カーボンブラックと CNT の具体的分析
● 特許分析
● グラフェン製造と材料評価
□ 単層剥離、酸化還元、CVD、エピタキシャル、プラズマなど
□ 各種タイプ: 酸化グラフェン(GO)、還元型酸化グラフェン(rGO)、数層グラフェン(FLG)、単層・二層グラフェン、グラフェンナノプレートレット(GNP)および各種機能化グラフェン関連材料
□ 形態: グラフェン粉末、シート、フィルム、ウェハー、ファイバー、薄膜。マスターバッチや分散液を含む各種中間材。
● アプリケーション徹底検証
□ エネルギー貯蔵: バッテリーとスーパーキャパシタ
□ 熱管理
□ ポリマー複合材料
□ 導電性インク
□ コンクリート
□ 塗膜
□ センサーとフォトニクス
□ 透明導電性フィルム
□ トランジスタ
□ 薄膜
□ テキスタイル
● 有力企業分析: 製品、収益、損益、生産能力、提携関係ならびに IDTechEx の独自評価
● グラフェン以外の 2D 材料: 窒化ホウ素、遷移金属ダイカルコゲナイド(MoS2、WSe2)、MXene、フォスフォレンなど

「グラフェン市場&2D材料分析 2023-2033年」は以下の情報を提供します
技術概要とトレンド:
● 広範なグラフェン材料群および生産プロセス理解:
● 代替的な持続可能ソリューションを含む最新製造プロセス検証
● 重要なグラフェン特性ベンチマーク調査
● 窒化ホウ素、遷移金属ダイカルコゲナイド(MoS2、WSe2 等)、MXene、フォスフォレンなどを含むグラフェン以外の 2D 材料
● ナノインフォマティクス: 研究開発を加速するマテリアルズ・インフォマティクス
市場の展望:
● グラフェン関連材料の各種グレード、形態、機能性、各種中間材の組み合わせと最終製品を含むバリューチェーン全体概要
● 包括的な有力企業分析: 製品、収益、損益、生産能力、提携関係など
● 中国メーカーの詳細概要
● グラフェンと酸化グラフェンメーカーリスト
● 詳細な価格比較と推移
● 特許分析トレンド、主な特許と著名な出願企業の調査
市場見通しとアプリケーション概観:
● 10年先市場見通し(価値と数量双方対象に18種のアプリケーション分野別)
● 獲得可能な各種市場と参入障壁、未発掘ニーズ、要因と主ユーザー分析
● 主要な用途の技術の成熟度、市場における地位とロードマップ

◆当調査レポートの目次
https://www.idtechex.com/ja/research-report/graphene-market-and-2d-materials-assessment-2023-2033/878

IDTechExの調査レポートは、アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が、販売しています。
【本件に関するお問合せは、下記まで】
アイディーテックエックス株式会社
100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
URL: https://www.idtechex.com/ja
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

アイディーテックエックス株式会社
商号
アイディーテックエックス株式会社(アイディーテックエックス)
代表者
山元 康夫(ヤマモト ヤスオ)
所在地
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
TEL
03-3216-7209
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
https://www.idtechex.com/ja

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.