2022年07月28日 11:00

精密農業の世界市場規模は、2030年に156億ドルに達すると予測【市場調査レポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「精密農業の世界市場:オファリング別、用途別2030年予測」のお取扱いを開始いたします。

精密農業の世界市場規模は2022年で85億ドル、2030年に156億ドル、市場の平均年成長率は7.9%で推移する見込みです。

【英文市場調査レポート】
精密農業の世界市場:オファリング別、用途別2030年予測
Precision Farming Market with COVID-19 Impact Analysis by Technology (Guidance, Remote Sensing and Variable Rate Technology), Offering, Application, and Region (Americas, Europe, Asia Pacific, Rest of the World) - Global Forecast to 2030
https://researchstation.jp/report/MAM/28/Precision_Farming_2030_MAM2892.html
(レポートの詳細目次は上記URL参照)

【レポート構成概要】
◆精密農業の世界市場予測2018-2030年
・市場規模(US$)

◆オファリング別、市場-2030年
<ハードウェア>
オートメーション/制御システム
・ディスプレイ
・ガイダンス、ステアリング
・GPS、GNSS
・ドローン、UAV
・灌漑コントローラ
・ハンドヘルドモバイルデバイス、ハンドヘルドコンピュータ
・フロー/アプリケーション制御装置
・その他

センシング/モニタリング装置
・収量センサ
・土壌センサ
-水分センサ
-温度センサ
-養分センサ
・水センサ
・気候センサ

<ソフトウェア>
ローカル/ウェブベース
クラウドベース

<サービス>
システムインテグレーション、コンサルティングサービス
マネージドサービス
・農場オペレーションサービス
・データサービス
・分析サービス
接続サービス
専門支援サービス
メンテナンス、サポートサービス
※(市場規模US$)
※オファリング大分類別に技術別の細分化データ掲載

◆技術別、市場-2030年
ガイダンス技術
・GPS / GNSSベース
・GISベース

リモートセンシング
・ハンドヘルド、地上ベース
・衛星、空中

可変作業技術
・マップベースVRT
・センサベースVRT
※(市場規模US$)
※技術大分類別にオファリング別の細分化データ掲載

◆用途別、市場-2030年
収量モニタリング
・農業収量モニタリング(on-farm)
・農業外収量モニタリング(off-farm)

作物スカウティング
フィールドマッピング
・境界マッピング
・排水マッピング

可変作業用途(VRA)
・精密灌漑
・精密播種
・精密受粉
・農薬VRA

天候トラッキング/予測
在庫管理
農場労働管理
財務管理
その他
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2030年
南北アメリカ
・北米
-米国、カナダ、メキシコ
・南米
-ブラジル、アルゼンチン
-その他中南米
欧州
・英国、ドイツ、フランス
・イタリア、オランダ
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、オーストラリア
・インド、韓国
・その他アジア太平洋
その他地域
・中東
・アフリカ
・ロシア
※地域別にオファリング大分類/中分類別、技術大分類別、用途大分類別の細分化データ掲載

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・エコシステム/市場マップ
・技術分析
・バリューチェーン分析
・特許分析
・規制動向
・貿易データ
・ケーススタディ分析
・ファイブフォース分析
・平均価格分析
・市場シェア分析
・競合状況

◆精密農業の主要企業プロフィール動向
・DEERE & COMPANY
・TRIMBLE
・AGCO CORPORATION
・RAVEN INDUSTRIES
・AGJUNCTION
・AG LEADER TECHNOLOGY
・AGEAGLE AERIAL SYSTEMS
・TOPCON POSITIONING SYSTEMS
・THE CLIMATE CORPORATION
・TEEJET TECHNOLOGIES

(その他企業)
・HEXAGON AGRICULTURE
・AUTONOMOUS TRACTOR CORPORATION
・PRECISION HAWK
・EC2CE
・DESCARTES LABS
・CROPX TECHNOLOGIES
・FARMERS EDGE
・GROWNETICS
・CROPIN TECHNOLOGY
・GAMAYA
・株式会社クボタ
・CNH INDUSTRIAL
・DICKEY-JOHN
・TELUS AGRICULTURE
・THE YIELD TECHNOLOGY SOLUTION
(全234頁)
【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
https://researchstation.jp/report/MAM/28/Precision_Farming_2030_MAM2892.html

発行元:MarketsandMarketsについて
https://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2022年7月6日

★関連レポート
「垂直農業の世界市場:2026年に至る栽培方法別、オファリング別予測」
https://researchstation.jp/report/MAM/27/Vertical_Farming_2026_MAM2761.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
https://researchstation.jp/index.html

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
リサーチステーション合同会社(リサーチステーションゴウドウガイシャ)
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
http://researchstation.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.