2022年08月02日 13:00

低軌道衛星(LEO Satellite)の市場規模は、2026年に198億ドルに達すると予測【市場調査レポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「低軌道衛星(LEO Satellite)の世界市場:衛星タイプ別、サブシステム別2026年予測」のお取扱いを開始いたします。

低軌道衛星(LEO Satellite)の世界市場規模は2021年で96億ドル、2026年に198億ドル、市場の平均年成長率は15.5%になると推測されます。同市場は宇宙産業において最も収益性の高い分野の一つであり、汎用性、低コスト、高度な技術、組み立てや打ち上げの容易さ、大量生産、短いライフサイクルなどの要因が市場への投資を後押ししています。今後も新技術の開発や衛星の増設により、衛星データの量とその活用範囲は拡大していく見込みです。

【英文市場調査レポート】
低軌道衛星(LEO Satellite)の世界市場:衛星タイプ別、サブシステム別2026年予測
LEO Satellite Market by Satellite Type (Small, Cube, Medium, Large satellites), Application (Communication, Earth Observation & Remote Sensing, Scientific, Technology), Subsystem, End User, Frequency, and Region - Forecast to 2026
https://researchstation.jp/report/MAM/29/LEO_Satellite_2026_MAM2903.html
(レポートの詳細目次は上記URL参照)

【レポート構成概要】
◆低軌道衛星(LEO Satellite)の世界市場予測2018-2026年
・市場規模(US$)

◆タイプ別、市場-2026年
大型衛星
中型衛星
小型衛星
・ミニサット(100~500kg)
・マイクロサット(10~100kg)
・ナノサット(1~10kg)
キューブサット
※(市場規模US$)

◆サブシステム別、市場-2026年
衛星バス
・姿勢/軌道制御システム
・コマンド/データ処理システム(C&DH)
・電源系システム(EPS)
・推進装置
--- 化学
--- 電力
--- ハイブリッド
・テレメトリ/トラッキング及びコマンド(TT&C)
・構造
・熱システム

ペイロード
・従来品
--光学/赤外線
--ハイパースペクトル/マルチスペクトルイメージャ
--レーダーペイロード
--通信ペイロード/トランスポンダ
--その他
・ソフトウェア定義ペイロード

ソーラーパネル
衛星アンテナ
その他※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2026年
・通信
・地球観測、リモートセンシング
・科学ミッション
・技術開発
・その他
※(市場規模US$)

◆エンドユーザー別、市場-2026年
商用
・衛星オペレーター/オーナー
・メディア/エンターテインメント
・エネルギー産業
・科学研究/開発
・その他

政府/軍事
・国防省庁/情報機関
・国立宇宙機関
・捜索救助機関
・学術研究機関
・国土地図作成/地形学機関

デュアルユース
※(市場規模US$)

◆周波数別、市場-2026年
・Lバンド
・Sバンド
・Cバンド
・Xバンド
・Kuバンド
・Kaバンド
・Q/Vバンド
・HF/VHF/UHFバンド
・レーザー/光学バンド
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2026年
北米
・米国、カナダ
欧州
・英国、ドイツ、ロシア
・フィンランド、イタリア
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・韓国、オーストラリア
・その他アジア太平洋
中東アフリカ
・サウジアラビア、イスラエル、UAE
・その他中東アフリカ
中南米
・メキシコ、アルゼンチン
・その他中南米
※国地域別にタイプ別、エンドユーザー別(大分類)の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・COVID-19の影響
・バリューチェーン分析
・エコシステム
・ファイブフォース分析
・市場シェア分析
・競合状況

◆低軌道衛星(LEO Satellite)の主要企業プロフィール動向
・LOCKHEED MARTIN CORPORATION
・AIRBUS DEFENSE & SPACE
・L3HARRIS TECHNOLOGIES INC.
・NORTHROP GRUMMAN CORPORATION
・SPACE EXPLORATION TECHNOLOGIES CORP. (SPACEX)
・SIERRA NEVADA CORPORATION
・SURREY SATELLITE TECHNOLOGY LTD (SSTL)
・THALES GROUP
・GOMSPACE
・PLANET LABS INC
・RAYTHEON TECHNOLOGIES CORPORATION
・OHB SE
・MAXAR TECHNOLOGIES
・THE AEROSPACE CORPORATION
・三菱電機株式会社
・EXOLAUNCH GMBH
・PUMPKIN INC.
・BALL AEROSPACE & TECHNOLOGIES
・DAURIA AEROSPACE LTD.
・AAC CLYDE SPACE
・MILLENNIUM SPACE SYSTEM, INC

(その他企業)
・ENDUROSAT
・SWARM TECHNOLOGIES
・NANOAVIONICS
・ALÉN SPACE
・NEARSPACE LAUNCH, INC.
・SPIRE GLOBAL, INC.
・EARTH-I, INC.
・TERRAN ORBITAL
・ALBA ORBITAL
・SATELLOGIC
(全303頁)
【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
https://researchstation.jp/report/MAM/29/LEO_Satellite_2026_MAM2903.html

発行元:MarketsandMarketsについて
https://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2022年7月19日

★関連レポート
「衛星データサービスの世界市場:業界別、サービス別2026年予測」
https://researchstation.jp/report/MAM/28/Satellite_Data_Services_2026_MAM2871.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
https://researchstation.jp/index.html

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
リサーチステーション合同会社(リサーチステーションゴウドウガイシャ)
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
http://researchstation.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.