2022年08月08日 13:00

高速アナログ入力と出力対応、音響信号、RF信号などの測定から自動テスト機器の設計から組み込み可能なZynq 7020 FPGA塔載プラットフォーム「SIGNALlab 250-12」販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年8月8日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、2つの高速アナログ入力と2つの出力を持ち、音響信号、RF信号などの測定から自動テスト機器の設計開発から製品に向けた採用が可能なZynq 7020 FPGA塔載プラットフォーム「SIGNALlab 250-12」販売を開始いたします。

Red Pitaya SIGNALlab 250-12は、高性能の信号キャプチャおよび分析機器です。SIGNALlab 250-12は、オシロスコープ、スペクトルアナライザ、ロジックアナライザとして使用でき、今後さらに多くのアプリケーションがリリースされる予定です。SIGNALlab 250-12は、リアルタイム処理機能および高速アナログフロントおよびバックエンド性能を実現しています。小型で携帯性に優れており、Red Pitaya SCPI(プログラマブル計測用の標準コマンド)のコマンドリストを介してMatlab、Labview、Scilab、またはPythonを使用するイーサネットあるいはWi-Fi(R)でのリモートアクセスができるという利点もあります。
SIGNALlab 250-12 は、パワフルなXilinx Zynq(R) 7020デュアルコアArm Cortex- A9 CPUとFPGAに基づいており、1GBのDDRメモリと1Gbitのイーサネット接続が備わっています。2チャンネル250Msps、14ビット信号発生、12ビット信号収集、2チャンネル250Mspsが特徴です。信号の精度と品質は、12ビットのADC分解能、最高45MHzで±0.5 dB、および60MHzで-3dBまでの周波数応答、60dB以上のチャンネル絶縁(DC~100MHz)で保証されています。

±1Vと± 20Vの2つの入力範囲があります。出力は、DC~60MHz周波数の範囲の信号を生成でき、高インピーダンス負荷をもたらす50Ω負荷で±5V~±10Vの出力電圧範囲が備わっています。また、SIGNALlab 250-12は、アッテネータ、ゲイン、トリガレベルのソフトウェア制御も特徴です。フロントパネルのBNCコネクタを介したトリガ入力1つ、バックパネルのSMAコネクタを介したリファレンスクロック入力(10MHz)1つがあります。信号キャプチャは高速で、13ns入力1/20および11ns入力1/1の立ち上がり/立ち下がり時間が備わっています。

SIGNALlab 250-12は、イーサネット、USB、SPI、I2C、16 GPIOを始めとする広範なインターフェイスが特徴です。イーサネットポートは、PoE(パワーオーバーイーサネット)規格に準じて電源として使用できます。また、このデバイスには、4つの低速アナログ入力と出力もあります。

主な機能:
・ スモールフォームRF信号集録および生成プラットフォーム
・ イーサネット接続
・ ザイリンクス SoC (CPU および FPGA)
・ 2つの高速アナログ入力と2つの出力
・ 自社システム/製品への統合の可能性
・ オープンソフトウェアのソースコードが利用可能
・ イーサネット上のパワーオーバー
・ LinuxまたはWindows PCで動作

無料のオンラインアプリ(オシロスコープ&シグナルジェネレータ、スペクトル、ボードアナライザ、ロジックアナライザ、LCRメータ、ストリーミング、ネットワークマネージャ、キャリブレーションツール)、LabVIEW、MATLAB、Python、またはScilabを使用してリモートで制御可能です。

◆ハードウエア仕様
・ Xilinx Zynq 7020デュアルコアArm Cortex-A9 CPUとFPGA
・ 1GB DDR3 SDRAM

接続性
・ 250Msps入力 x 2、BNC
・ 250Msps出力 x 2、BNC
・ 26拡張コネクタ x 2
  ・ SPI、UART、I2C
  ・ 16デジタルI/O (3.3V)
  ・ アナログ入力12ビット
  ・ アナログ出力12ビット
・ 100/100 Base-Tイーサネット、RJ45
・ USB-A x 2
・ eSATA/USBコンボ
・ USB-C
・ MicroSDスロット
・ 同期入力
  ・ トリガ入力、レベルSW設定可能、BNC
  ・ リファレンスクロック入力、SMA
・ 10V~28VDC 入力電圧、バレルコネクタ
・ 48VDC PoE
・ ユーザーLED x 10
・ システムLED x 2
・ JTAGインターフェイス
・ ブラウザベースのGUI
・ Linuxオペレーティングシステム、SDカードから起動可能
・ 動作温度範囲:0°C~+55°C
・ ストレージ温度範囲:-20°C~+85°C

寸法
・ 110mm x 157mm x 23mm (PCB)
・ 131mm x 157mm x 58mm(筐体)

入力
・ 30V最高入力電圧
・ AC/DC入力結合、ソフトウェアを選択可能
・ 1MΩの入力インピーダンス
・ ソフトウェアから選択可能な電圧範囲
  ・ 1/1で±1V
  ・ 1/20で±20V
・ 12ビットADC
・ >60dBチャンネル絶縁、DC~100MHz
・ 周波数応答
  ・ 最大45MHzで±0.5dB
  ・ 60MHzで-3dB
・ 上昇、下降時間
  ・ 1/1で11ns
  ・ 1/20で13ns

出力
・ オフセットを含む最大出力電圧
  ・ 50Ω負荷で±5V
  ・ HiZ負荷で±10V
・ 50Ω出力インピーダンス
・ リターン損失
  ・ 60MHzで<-30dB
  ・ 100MHzで<-20dB
・ x1/x5出力ゲイン、ソフトウェア選択可能
・ 周波数応答(-3dB)
  ・ 最大45MHzで±0.5dB
  ・ 57MHz x 5 出力範囲
  ・ 60MHz x 1 出力範囲
・ 上昇、下降時間
  ・ <17ns、50ΩまたはHiZ負荷

ポジティブワンでは、オシロスコープと信号発生器、スペクトルアナライザ、ロジックアナライザなどの信号発生機器の開発に関わる部分のハードウエアやソフトウエアの受託開発および機器のODMの支援することを行います。
公開されたFPGAイメージは、ADC、DACなどのすべてのRed Pitayaペリフェラルへのアクセスをすでに提供しており、取得と生成なども含まれています。 Red Pitayaは、これらのイメージを最初から作成する方法、コードを編成する方法、およびこれらのモジュールを制御するためにレジスタマップを介してユーザーが持つ制御についても説明しています。テストとデバッグの目的でこれらのレジスタを簡単に制御および操作できるようにする監視コマンドラインツールも利用できます。ザイリンクスSoCテクノロジーにより、Red Pitayaデバイスで実行されているLinuxからFPGAイメージを瞬時にロード/置換できるため、開発とテストがさらに迅速になります。FPGAをCコードとインターフェースさせたい場合は、CAPIプログラミングの例を参照することをお勧めします。FPGAに慣れていない場合は、FPGAロジックとVerilogプログラミング言語の概要から始まり、単純なものから高度なものまで続く一連の優れた例が付属するFPGA教材から始めることも可能です。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、「サービスモデル」のための「ものづくり(IoT端末側から)」の仕様設計から開発製造に至るまでのワンスポットソリューションを提供いたします。

今までの半導体関連を取り巻くエンベデッドのプレイヤは、自社開発をしたコア製品を販売することにフォーカスをしているため、サービスモデルや仕様にあった製品を提案することは難しかったです。ポジティブワンは、海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できる商社機能、自社のハードウエアからソフトウエアの開発製造、そして、テストから認証サービスのための第三者試験機関との提携と支援サービスにより、多様にあったサービスに対応できます。企画段階での仕様作成、技術的な問題定義や解決、最先端技術の導入に選ばれます。それは、IoT端末以外、自動車、医療、産業機器などの安全性や信頼性を求められる分野での経験や実績を積んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
所在地
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
TEL
03-3256-3933
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.positive-one.com
IR情報
https://www.positive-one.com
公式ブログ
https://www.yoshin-kan.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.