2022年08月04日 09:00

臨床意思決定支援システムの市場規模、2027年に22億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「臨床意思決定支援システム (CDSS) の世界市場:コンポーネント別 (サービス、ソフトウェア)・提供モード別 (オンプレミス、クラウド)・製品別 (スタンドアロン型、統合型)・用途別 (最新型、治療用、診断用)・双方向性別 (アクティブ、パッシブ) の将来予測 (2027年)」(MarketsandMarkets)の販売を8月3日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1101573-clinical-decision-support-systems-cdss-market-by.html

臨床意思決定支援システムの市場規模は、2022年の15億米ドルからCAGR7.9%で成長し、2027年には22億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、HICTソリューションの採用を促進するために実施されるさまざまな政府規制やイニシアチブ、CDSS対応EHRの採用増加、関係者とさまざまな市場関係者のコラボレーションやパートナーシップの拡大、投薬ミスの増加、mHealthやビッグデータツールの開発などによってもたらされています。しかし、CDSS導入のための高額な投資や、データセキュリティへの懸念と相まって不十分な相互運用性が、今後の市場の成長を抑制する要因になると予想されます。

COVID-19の臨床意思決定支援システム市場への影響

COVID-19の発生により、あらゆる規模の医療現場が大きなプレッシャーにさらされ、世界中の医療施設は毎日訪れる多数の患者に圧倒されています。このパンデミックの出現により、多くの国で正確な診断と治療のためのデバイスの需要が高まっています。この点、臨床判断支援システムは、医療従事者や組織が家庭用血圧計やパルスオキシメーターなどのさまざまなソリューションを使用して患者をモニターすることを可能にし、有用であることが証明されています。さらに、病院ではベッドや医療従事者が不足しており、バイタルサインをモニタリングするためのコネクテッド・メディカル・デバイスの需要が高まっています。また、この大流行により、医師と患者の間で社会的距離を置く必要性が高まり、CDSSソリューションの需要や患者の健康記録の正確かつタイムリーな交換の必要性が高まっています。市場では、さまざまなプレーヤーが既存のEHRにCOVID-19に関連する機能を導入しており、ユーザーは無料で利用できるようになっています。

牽引要因:HCITソリューションの採用を促進するための政府規制およびイニシアチブの実施

欧州では、2020年にEU保健相が、欧州全域で電子医療記録の自由な移動を可能にするeHealth共通領域を協力して設定する宣言に署名しました。また、この宣言では、eHealthが欧州2020戦略の不可欠な一部となることを求めています。

こうした取り組みや規制により、EHRの需要や導入がさらに促進され、世界の主要市場におけるCDSSの導入に影響を及ぼすと予想されます。

抑制要因:クラウドベースのCDSSに関連するデータセキュリティの懸念

クラウドベースのCDSSの主な懸念は、ベンダーがホスティングするデータの安全性がオンプレミスのものと比べて低いということです。患者に関する情報は非常に機密性が高く、許可されたユーザーのみがアクセスできるよう、高度なプライバシーを維持する必要があります。例えば、HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)で規定されたデータ・プライバシー要件は、様々な国において常に法的枠組みの監視下に置かれています。同様に、欧州連合(EU)には、機密性の高い医療データの保護に影響を与えるEUデータ保護規則が存在します。プライベート・クラウドは、より多くのアクセス・プロトコルとシステムを提供しますが、ヘルスケア業界ではその有効性が保証されているわけではありません。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1101573-clinical-decision-support-systems-cdss-market-by.html

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.