2022年08月04日 13:00

粒子計数器の市場規模、2027年に8億2500万米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「粒子計数器の世界市場:種類別 (空中、液体)・用途別 (クリーンルーム監視、液体汚染監視、エアロゾル監視)・エンドユーザー別 (ライフサイエンス・医療機器、半導体)・地域別の将来予測 (2027年)」(MarketsandMarkets)の販売を8月3日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1103430-particle-counters-market-by-type-airborne-liquid.html

粒子計数器の市場規模は、2022年の5億1100万米ドルからCAGR10.0%で成長し、2027年には8億2500万米ドルに達すると予測されています。有利な条件と、さまざまな医療・産業分野での高度な技術の採用が、自動車、航空宇宙、エネルギー、石油・ガスなどの最終使用産業での成長を後押ししています。さらに、ブラジル、インド、韓国、中国など新興国における食品品質に対する関心の高まりが、同市場の成長を促進する要因となっています。

COVID-19の粒子計数器市場への影響

COVID-19の大流行は、粒子計数器市場にプラスとマイナスの影響を与えています。新薬開発、医薬製剤の増産、医薬品の再利用、埋め込み型および小型デバイスの開発により、医薬業界では安全性および品質対策へのニーズが高まっています。

一方、航空宇宙および自動車産業は、サプライチェーンの混乱により粒子計数器の需要は激減しています。防衛産業に関しては、短中期的にはパンデミックの影響を受けていません。

牽引要因:大気・水質汚染の監視を目的とした政府規制

大気汚染による空気の質の悪化は、呼吸器感染症、喘息、癌など、さまざまな病気のリスクを高めています。また、大気汚染は環境にも悪影響を及ぼし、農作物の収穫量の減少、天候の変化、温室効果などを引き起こす可能性があります。このため、各地域の政府は、大気汚染とその発生源を効果的に監視・管理することに注力しています。監視と制御のための規制の実施と採用、および政府の関心の高まりにより、粒子計数器の需要は今後も成長することが予想されます。

抑制要因:粒子計数器の技術的限界

粒子計数器は、粒子の大きさや数を測定するために様々な産業で広く使用されており、その使用に関連していくつかの制限があります。

生存可能な粒子と生存不可能な粒子:粒子計数器は、粘土やジアルジアのシストなどの粒子を識別することができません。
標準化の欠如:粒子計数器はブランドによって出力が異なるため、データの比較が困難です。
アプリケーションごとに異なる要件:アプリケーションの性能に最適化された機器は、その他のアプリケーションのニーズを満たすには特殊すぎるため、有効性が損なわれる可能性があります。例えば、半導体産業と製薬産業で同じ粒子計数器を使用することはできません。前者は最高感度のパーティクルカウンティングレベルを必要とします。一方、製薬業界では、粒子の大きさよりも個数が重要視されます。

粒子計数器の限界は、その採用をある程度抑制し、今後の成長を制限することが考えられます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1103430-particle-counters-market-by-type-airborne-liquid.html

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.