2022年08月08日 15:00

東京・横浜で英国のシラバス(ABRSM & TRINITY)のピアノレッスンを提供するピアノ教室 - sLs Borderless Piano Academy Tokyo, Japan.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年7月11日、中国語、スペイン語、フランス語にも対応する形で本格的にサービス提供を開始したsLs Borderless Tokyo Piano School( 東京の日本語/英語でピアノ教室 )は、プロのクロスオーバーピアニストであるAyseDenizがスマートランゲージソリューションズ株式会社が運営するsLs Japanと共同した新しいピアノコースであり、世界中のピアノ愛好家や学習者のためのグローバルコミュニティです。このピアノコースでは、英国のシラバス(ABRSM & TRINITY)のレッスンを受けることができます。

「sLs Borderless Pianoのウェブサイト」URL: https://www.slsborderlesspiano.jp/
「sLs Japanのウェブサイト」URL:https://www.slsjapan.com/

■sLs Borderless Tokyo Piano Schoolの特徴
sLs Borderless Tokyo Piano Schoolの特徴は、多言語でのピアノレッスンが受けられることです。日本語だけでなく、英語、中国語、フランス語、スペイン語のレッスンを選択することができます。講師は全員、2ヶ国語以上を話すことができるプロのミュージシャンです。お客様から最も人気があるのは、やはり日本で最もよく使われている外国語である英語です。sLs Borderless Tokyo Piano Schoolで、英国のシラバス(ABRSM & TRINITY)のピアノレッスンを選択することで、多くのメリットを得ることができます。第二外国語を練習する環境はもちろんのこと、英国のシラバスにアプローチすることで、国際的な音楽に触れる機会を得ることができます。

「sLs Borderless Pianoコース概要」URL: https://www.slsborderlesspiano.jp/tokyo-piano-lessons-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E6%95%99%E5%AE%A4

■外国語でピアノレッスンを受ける利点
外国語でピアノレッスンを受けることには、たくさんのメリットがあります。以下にその例をご紹介します。

1) ヨーロッパ音楽に対する深い理解
2) 英語と日本語の両方で曲名を知ることができる
3) 海外のミュージシャンとのコラボレーションがしやすくなる
4) 国際的なマスタークラスへの参加をよりわかりやすく
5) 国際的に認知された音楽試験であるABRSM試験の受験能力を高める(特に海外の大学進学に役立つ)

日本語は世界でも独特な言語のひとつですが、同時に日本国外ではほとんど役に立たない言語でもあります。ですから、英語と日本語の両方のシラバスを理解することは、日本以外の国で勉強したり、音楽業界で働いたりする人にとって、間違いなく有益なことなのです。

■お問い合わせ
sLs Borderless Pianoに関するお問い合わせは、info@slsborderlesspiano.jpまでお願いします。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
スマートランゲージソリューションズ株式会社(スマートランゲージソリューションズ)
代表者
太田 千香子(オオタ チカコ)
所在地
〒617-0004
京都府向日市鶏冠井町草田1-94 
TEL
050-5539-3456
業種
教育関連
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.