2022年08月04日 18:00

臭化カルシウム市場―製品タイプ別(7789-41-5無水、22208-73-7二水和物)、アプリケーション別、エンドユーザー産業別、および地域別―世界的な需要分析及び機会の見通し2031年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Research Nester Private Limitedは、臭化カルシウム市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年08月 04日 に発刊しました。これは、臭化カルシウム市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

臭化カルシウム市場は2022-2031年の予測期間中に世界中で6%のCAGRを登録することが予測されます。市場の成長は、ガスおよび石油、エネルギー生産などの複数の産業における需要の高まりに起因する可能性があります。たとえば、40億メートルトン以上の石油が世界で製造されています。また、2022年の1日あたりの石油需要は91百万バレルと推定されています。エネルギー生産業界での臭化カルシウムの急増する需要も、市場の成長を促進すると予想されます。2020年の時点で、世界のエネルギー消費量は550ジュールになると予測されています。

臭化カルシウムは、坑井の圧力を維持するために、高密度の透明な掘削および充填流体に利用されるさまざまな化合物に使用されます。さらに、石炭火力発電所からの水銀の排出を減らすために利用されます。臭化カルシウムは、凍結混合物、写真、神経症、難燃剤などの粉末の形でも利用されます。2019年、難燃剤業界は世界で50億米ドル以上と評価されました。これらの要因は、予測期間中に市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-4159
レポートは、製品タイプ別(7789-41-5無水、22208-73-7二水和物、7774-34-7六水和物)、アプリケーション別(ラテックス、熱刺激回復、リブ付きスモークシート)、エンドユーザー産業別(自動車、石油およびガス、エネルギー生産、その他)、および地域別によってセグメンテーション、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。

エンドユーザー産業に基づいて、市場は、自動車、石油およびガス、エネルギー生産などに分割されています。そのうち、石油およびガスセグメントは、業界での臭化カルシウムの利用率が高いため、予測期間中に世界の臭化カルシウム市場で顕著なシェアを保持すると予想されます。臭化カルシウムは、石油掘削の流体完成品として広く使用されています。これらの要因は、今後数年間で市場の成長を牽引すると推定されます。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

臭化カルシウム市場のレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、ダイナミクスの分析にさまざまなツールを利用しています。臭化カルシウム市場レポートは、地域に基づいたパフォーマンスの洞察も提供します。臭化カルシウム市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米地域の市場は、この地域でのシェールガス生産の増加により、予測期間中に大幅な成長を目撃すると推定されています。米国でのシェールガスとタイトオイルの生産量は、2021年には24兆立方フィートでした。さらに、臭化カルシウムは深海探査で広く使用されています。Oceanic and Atmospheric Research(OAR)が発表したデータによると、2022年には、深海の研究と運用のために、この地域の政府から44.2億米ドルの投資が提供されました。また、深海探査のための政府による成長するイニシアチブにより、この地域の臭化カルシウム市場は予測期間中に成長すると予想されます。また、貯留層の複雑さによる水平掘削の増加は、予測期間中にこの地域の市場成長を促進すると予測されています。

アジア太平洋地域は、また予測期間中に世界の臭化カルシウム市場の成長のための有利な機会を提供すると予測されます。インドや中国などの国々も、深海探査などの活動に多額の予算を割り当てています。海上探鉱活動への投資の増加により、この地域の臭化カルシウム市場は目覚ましい成長を示すと予想されています。

臭化カルシウム市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
● アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
● 北米(米国およびカナダ)
● 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
● ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
● ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

? 臭化カルシウム市場における業界のリーダーはWeifang Rixing Chemical Co., Ltd.、TETRA Technologies, Inc. 、Shandong Dongxin New Materials Technology Co., Ltd.、Albemarle Corporation 、Shouguang Hon Hai Chemical Co., Ltd. 、Lanxess AG、Neogen Chemicals Limited、Jordan Bromine Company、IRO GROUP INC.、ICL Industrial Products Ltd.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-4159

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : info@researchnester.com
【調査レポートの日本語に詳細内容について】

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/calcium-bromide-market/4159


※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Research Nester Private Limited(リサーチネスター)
代表者
Shivani Kushwaha(クシュワハ シヴァニ)
所在地
〒100-05
U.S77 Water Street 8th Floor, New York, New York 77 Water Street 8th Floor
TEL
084-4816-6241
業種
その他
上場先
Unlisted
会社HP
https://www.researchnester.com/
公式ブログ
https://www.researchnester.com/

Research Nester Private Limitedの最新プレスリリース

2022年08月12日 18:00
リポソームドラッグデリバリー市場 ― 製品別(リポソームドキソルビシン、リポソームパクリタキセル、その他)、 技術別、用途別、および地域別-グローバル需要分析と機会見通し2021-2031年
2022年08月12日 18:00
低GWP冷媒市場―タイプ別(フルオロカーボン、炭化水素、その他)、アプリケーション別(商業用、国内用、産業用冷凍)、および地域別―世界の需要分析と機会見通し2031年
2022年08月12日 18:00
ヒトマイクロバイオーム市場―製品別(プロバイオティクス、プレバイオティクス)、疾患の種類別、生物の種類別、アプリケーション別、テクノロジー別、および地域別―世界の需要分析と機会見通し2031年
2022年08月12日 18:00
ドレナージカテーテル市場―製品タイプ別(留置、間欠、外用)、アプリケーション別(神経血管、泌尿器、心血管、消化器)、使用材料別 、エンドユーザー別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2031年
2022年08月12日 18:00
データセンターインフラ管理市場―データセンタータイプ別(Tier I、II、III、IV)、コンポーネント別、管理別、エンドユーザー別、および地域別―世界の需要分析と機会見通し2031年

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.