2022年08月05日 18:00

腸チフス抗体検査市場―製品タイプ別(WIDALテスト、腸チフス テスト、迅速な血清学的テスト)、エンドユーザー別、および地域別―世界的な需要分析及び機会の見通し2031年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Research Nester Private Limitedは、腸チフス抗体検査市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年08月 05日 に発刊しました。これは、腸チフス抗体検査市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

腸チフス抗体検査市場は2022-2031年の予測期間中に世界中で7%のCAGRを登録することが予測されます。市場は2021年に適度な収入を生み出しました。貧弱な衛生慣行の例として腸チフスの症例が世界的に急速に増加しているため、市場は成長すると推定されています。世界保健機関(WHO)の報告によると、2030年までに、世界中で16億人が適切な安全な飲料水を欠いていると推定されており、28億人が安全な衛生サービスを利用できないと予想されています。たとえば、インドでは、毎年400万人以上の症例が腸チフスと不適切な衛生習慣が原因で診断されています。

世界の腸チフス抗体検査市場も、人々に腸チフスを認識させるための政府の取り組みの増加、および看護施設の開発とそれぞれの地域での症例数の管理により、成長が目撃されると推定されています。また、衛生状態の悪い発展途上国における腸チフスの発生率の上昇は、この市場の成長を促進すると予想されます。2017年10月、免疫化に関する戦略的諮問グループ(SAGE)は、腸チフスの症例が多い国で6か月以上の子供に腸チフス結合型ワクチンを推奨しました。SAGEは、免疫化とワクチンに関して世界保健機関に助言するのと同じ機関です。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-4164
レポートは、製品タイプ別(WIDALテスト、腸チフス テスト、迅速な血清学的テスト(カウンター免疫電気泳動、ヘム凝集および共凝集など))、エンドユーザー別(血清学的検査センター、病院、診断センター、診療所、医療施設)、および地域別によってセグメンテーション、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。

エンドユーザーに基づいて、市場は、病院、診断センター、血清学的検査センター、診療所、医療施設に分割されています。これらのうち、病院セグメントは、病院敷地内の適切な医療施設の利用可能性、および高度な技術と治療の利用可能性により、予測期間中に最大の市場シェアを獲得すると予想されます。また、医療観光産業の急増は、今後数年間でこのセグメントに多くの成長機会を生み出すと予測されています。

India Brand Equity Foundation(IBEF)のデータによると、2020年のインドの医療観光市場の評価額は28.9億米ドルで、2026年末までに134. 2億米ドルに達すると予想されています。さらに、ペースの速い高度な技術機器、と高度な資格を持つ専門家に対する人々の信頼が、セグメントの成長を後押しすると推定されています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

腸チフス抗体検査市場のレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、ダイナミクスの分析にさまざまなツールを利用しています。腸チフス抗体検査市場レポートは、地域に基づいたパフォーマンスの洞察も提供します。腸チフス抗体検査市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

アジア太平洋地域の市場は、2031 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されています。この増加は、インド、中国、バングラデシュ、ネパール、ベトナム、ラオスなどの発展途上国からの腸チフス症例の増加に起因しています。これらの国々は、世界中の腸チフス症例の75%以上を報告しています。さらに、症例数の管理と意識の普及および予防措置を目的としたさまざまな政府主導のイニシアチブは、この地域の市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因です。

たとえば、2019年には、バングラデシュで450,000以上腸チフスの症例が発見されており、そのうち7,400の症例が死亡しています。2017年には、腸チフスの104,000例以上が推定されており、そのうち56%が15歳未満の子供でしました。

腸チフス抗体検査市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

● アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
● 北米(米国およびカナダ)
● 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
● ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
● ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

? 腸チフス抗体検査市場における業界のリーダーはIDL Biotech AB、LINEAR CHEMICALS, S.L.U、Medical Innovation Ventures Sdn Bhd、Thermo Fisher Scientific、Nectar Lifesciences Ltd.、DIALAB GmbH.、BIOSYSTEMS S.A.、Siemens Healthcare GmbH、NanoEnTek、CerTest Biotec S.L.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-4164

Research Nester Private Limited会社概要

Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : info@researchnester.com
【調査レポートの日本語に詳細内容について】

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/typhoid-antibody-testing-market/4164

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール: info@researchnester.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
Research Nester Private Limited(リサーチネスター)
代表者
Shivani Kushwaha(クシュワハ シヴァニ)
所在地
〒100-05
U.S77 Water Street 8th Floor, New York, New York 77 Water Street 8th Floor
TEL
084-4816-6241
業種
その他
上場先
Unlisted
会社HP
https://www.researchnester.com/
公式ブログ
https://www.researchnester.com/

Research Nester Private Limitedの最新プレスリリース

2022年08月12日 18:00
リポソームドラッグデリバリー市場 ― 製品別(リポソームドキソルビシン、リポソームパクリタキセル、その他)、 技術別、用途別、および地域別-グローバル需要分析と機会見通し2021-2031年
2022年08月12日 18:00
低GWP冷媒市場―タイプ別(フルオロカーボン、炭化水素、その他)、アプリケーション別(商業用、国内用、産業用冷凍)、および地域別―世界の需要分析と機会見通し2031年
2022年08月12日 18:00
ヒトマイクロバイオーム市場―製品別(プロバイオティクス、プレバイオティクス)、疾患の種類別、生物の種類別、アプリケーション別、テクノロジー別、および地域別―世界の需要分析と機会見通し2031年
2022年08月12日 18:00
ドレナージカテーテル市場―製品タイプ別(留置、間欠、外用)、アプリケーション別(神経血管、泌尿器、心血管、消化器)、使用材料別 、エンドユーザー別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2031年
2022年08月12日 18:00
データセンターインフラ管理市場―データセンタータイプ別(Tier I、II、III、IV)、コンポーネント別、管理別、エンドユーザー別、および地域別―世界の需要分析と機会見通し2031年

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.