2022年08月12日 18:00

インタラクティブ患者ケアの市場規模、2027年に3億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「インタラクティブ患者治療 (IPC)・インタラクティブ患者エンゲージメントソリューションの世界市場:製品別 (ハードウェア (テレビ、IBT/支援装置、タブレット)、ソフトウェア)・種類別 (入院患者、外来)・エンドユーザー別 (病院、診療所)・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を8月10日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1106662-interactive-patient-care-ipc-market-interactive.html

インタラクティブ患者ケアの市場規模は、2022年の1億4600万米ドルからCAGR15.5%で成長し、2027年には3億米ドルに達すると予測されています。改善されたインタラクティブ患者エンゲージメントソリューションの採用に対する需要の高まり、ステークホルダー間のコラボレーションやパートナーシップの増加、採用を促進するための有利な政府のイニシアチブは、同市場の成長を促進する主な要因となっています。

一方、高いインフラ要件と導入コスト、患者情報の保護が、今後、同市場の成長を抑制する要因になると予想されます。

牽引要因:HCITソリューションの採用を促進する有利な政府規制とイニシアティブ

質の高い医療を求める患者の増加により、世界中の医療機関は、コストの削減、医療の質の向上、管理上の非効率性の軽減に役立つ最新技術の導入を進めています。これにより、病院全体がより良いエンゲージメント・プラットフォームにアクセスできるようになりました。米国では、2010年3月に成立した医療保険改革法(ACA)により、患者エンゲージメントソリューションを利用する関係者が増加しています。この法律では、価値に基づく診療報酬と質の高い治療に重点が置かれており、米国では従来の量に基づく診療報酬制度から焦点が移りつつあります。また、米国政府は、医療機関に対し、施設全体にITインフラを導入するためのさまざまなインセンティブを提供しています。

抑制要因:高いインフラ要件と導入コスト

中小規模の病院、診療所、外来診療所では、予算の制約から患者との双方向エンゲージメントソリューションの導入が困難な場合がほとんどです。ベッドサイドの端末には、ベッドサイドアーム、テレビ、タブレット、オーディオデバイス、インターネット接続を設置する必要があり、導入コストが高くなります。さらに、エンゲージメントサービスは、市場参加者によって高いコストで提供されます。例えば、Hopitelはケーブルテレビサービスを初日16.96米ドル、その後毎日13.51米ドルで提供しています。このような高価格のサービスは、病院がこのようなソリューションを採用することを困難にしています。

課題 熟練した専門家の不足

医療ITソリューションを効果的に活用するためには、組織内だけでなく、ソリューションプロバイダー側にも強力なITインフラとサポートが必要です。医療機関では、臨床ワークフローの円滑な運用や医療ITシステムの最適な連動速度を実現するために、サーバーやネットワークの保守に関する技術サポートが継続的に求められています。サーバーやネットワークのメンテナンスが不十分だと、画面負荷が発生し、臨床ワークフローが遅くなります。主要市場では、訓練を受けた熟練労働者が少ないことが、ウェブベースやオンプレミスのHCITソリューションの採用や導入の足かせとなっています。これは、インタラクティブな患者エンゲージメントソリューション市場の成長を妨げる可能性があります。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1106662-interactive-patient-care-ipc-market-interactive.html

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.