2022年08月12日 18:00

「世界のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場(~2027年):種類別(気中、液体パーティクルカウンター)、用途別、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年8月12日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場(~2027年):種類別(気中、液体パーティクルカウンター)、用途別(クリーンルーム監視、液体汚染監視、エアロゾル監視)、エンドユーザー別(ライフサイエンス&医療機器、半導体)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場(~2027年):種類別(気中、液体パーティクルカウンター)、用途別(クリーンルーム監視、液体汚染監視、エアロゾル監視)、エンドユーザー別(ライフサイエンス&医療機器、半導体)、地域別」市場調査レポートの販売を2022年8月12日にMarketReport.jpサイトで開始しました。パーティクルカウンター(微粒子計測器)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
"パーティクルカウンターの世界市場は、2022年の511百万米ドルから2027年には825百万米ドルに達し、2022年から2027年までのCAGRは10.0%と推定。"
効果的な大気・水質汚染の監視と制御、クリーンルームや製造に関する支持的な規制や基準、食品の品質への注目の高まり、技術的進歩&新製品発売が世界的に市場の成長を促進しています。しかし、パーティクルカウンターの高コストと技術的な限界が、この市場の成長に悪影響を及ぼしています。

"タイプ別では、液中パーティクルカウンター分野が2022-27年の予測期間中に大きな成長を記録"
これらのカウンターは、水、医薬品、オイル、作動油など、さまざまな液体のモニタリングに使用されています。液中パーティクルカウンターは、製薬業界や半導体業界で広く利用されています。製薬業界では、医薬品の製造に使用される水の連続モニタリングや、医薬品の注射剤の汚染モニタリングに使用されています。製薬業界と半導体業界の成長が、このセグメントの成長を牽引するものと思われます。液中パーティクルカウンターは、さらにオンライン/インライン パーティクルカウンターとオフライン パーティクルカウンターに区分されます。

"2021年の航空用パーティクルカウンター市場、タイプ別では携帯用パーティクルカウンターがより大きなシェアを占める"
タイプ別に、市場は空気中パーティクルカウンターと液中パーティクルカウンターに区分されます。空気中パーティクルカウンターセグメントは、さらにポータブルパーティクルカウンター、ハンドヘルドパーティクルカウンター、リモートパーティクルカウンター、結露パーティクルカウンターに分けられます。ポータブルパーティクルカウンターセグメントは、2021年に空気中パーティクルカウンター市場で最大のシェアを占めると推定されます。ポータブルパーティクルカウンターは高感度であり、その高流量により、クリーンルームでの分類と検証に必要な時間を短縮することができます。これらのカウンターは、マイクロプロセッサー、半導体、航空宇宙、製薬、医療機器など、高感度のクリーンルーム領域を必要とするアプリケーションを見つけます。様々な産業で携帯型エアパーティクルカウンターが広く採用されており、市場の牽引役となることが期待されています。

"エンドユーザー別では、2021年に半導体産業分野が2位の市場シェアを獲得"
エンドユーザー別に見ると、ライフサイエンス・医療機器産業、半導体産業、自動車産業、航空宇宙産業、食品・飲料産業、その他のエンドユーザーに区分されます。2021年のパーティクルカウンター市場では、半導体産業分野が2番目に大きなシェアを占めています。新技術や新素材(3D半導体など)の開発、ハイテク製品の継続的な小型化により、部品のクリーン化のニーズが高まっています。パーティクルカウンターは、クリーンルーム内での汚染物質の分類、監視、診断に重要な役割を果たします。継続的なパーティクルモニタリングは、性能の低下、生産歩留まりの低下、運用コストの削減を回避するために非常に重要です。このように、半導体技術の進歩は、市場の成長にプラスの影響を与えると予想される重要な要因です。

"APAC地域の市場は予測期間中に最も高い成長を目撃すると予想"
APAC地域のパーティクルカウンタ市場は、予測期間中に最高のCAGRを記録することが期待されています。製薬、食品・飲料検査、医療機器産業の著しい成長、研究開発資金の増加、CROの増加、製薬・バイオ医薬品産業を促進する政府の有利なイニシアティブ、環境モニタリングと食品安全への関心の高まりが、アジア太平洋地域のパーティクルカウンター市場を牽引する主要因となっています。

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場規模:種類別(気中パーティクルカウンター、液体パーティクルカウンター)
・世界のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場規模:用途別(クリーンルーム監視、液体汚染監視、室内空気質監視、エアロゾル監視・調査、その他)
・世界のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場規模:エンドユーザー別(ライフサイエンス&医療機器、半導体、自動車、航空宇宙、食品・飲料)
・世界のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場規模:地域別
・北米のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場規模
・ヨーロッパのパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場規模
・アジア太平洋のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場規模
・中南米のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場規模
・中東・アフリカのパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場規模
・競争状況
・企業情報
・PARTICLE MEASURING SYSTEMS, INC. (SPECTRIS PLC)の企業情報
・BECKMAN COULTER (DANAHER CORPORATION)の企業情報
・RION CO., LTD.の企業情報
・LIGHTHOUSE WORLDWIDE SOLUTIONSの企業情報
...

※「世界のパーティクルカウンター(微粒子計測器)市場(~2027年):種類別(気中、液体パーティクルカウンター)、用途別(クリーンルーム監視、液体汚染監視、エアロゾル監視)、エンドユーザー別(ライフサイエンス&医療機器、半導体)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Particle-Counters-Market-Type-Airborne-AST5018-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.marketreport.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.