2022年08月17日 13:00

植物性タンパク質 (TVP) の市場規模、2027年に19億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「植物性タンパク質 (TVP) の世界市場:種類別 (スライス、チャンク、フレーク、顆粒)・原料別 (大豆、小麦、エンドウ)・用途別 (代替肉、シリアル・スナック食品)・形状別 (乾式、湿式)・特性別・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を8月16日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1107622-textured-vegetable-protein-market-by-type-slices.html

植物性タンパク質 (TVP) の市場規模は、2022年の14億米ドルからCAGR6.9%で成長し、2027年には19億米ドルに達すると予測されています。欧米諸国では、多くの人々が肉の消費を控えた食生活にシフトしており、健康的で味わい深い、肉を使わない食品を必要としています。この消費パターンの変化に伴い、食品メーカーは豆類、小麦グルテン、大豆タンパク質などの植物性タンパク質に重点を置いており、特定の肉の食感、風味、色、栄養特性などを模倣して、肉類似製品に加工されています。

牽引要因:植物性タンパク質に関連する技術革新と開発

The Food Science and Health Database Organizationによると、2018年、2200万人の英国市民が、恒久的なライフスタイルの選択として自らをフレキシタリアンであると認識して、影響力の高いミレニアル世代を中心にこの食生活が人気を博しています。ヴィーガンおよびフレキシタリアン人口の増加が、今後の植物性タンパク質市場を牽引することが予想されます。南米やアジア太平洋などの発展途上地域における大豆と小麦の作物栽培の増加は、世界中の大豆および小麦栽培へと広がりを見せ、テクスチャー植物性タンパク質などの大豆と小麦製品の入手が容易になりました。

欧州ベジタリアン連合が2019年に発表した調査によると、ビーガン人口は欧州人口の6%以上を占めており、英国におけるビーガン人口は2019年に60万人に達し、2014年と比較して300%も増加しました。これは、肉の代替品、乳製品の代替品、タンパク質栄養飲料の革新と開発の主要因となり、植物由来の食品・飲料の利用に弾みをつけています。

抑制要因:加工の複雑さ

繊維状植物性タンパク質の加工の複雑さは、主に繊維の質感、長さ、強度を従来の肉と同等にする必要があるために生じます。さらに、かさ密度、形状、押出物表面は、TVPの品質に影響を与える重要な特徴です。押出成形によるテクスチャー化プロセスでは、植物性タンパク質のコンフォメーションと品質が変化します。温度、せん断力、圧力の複合効果により、TVPのコンフォメーションが複雑になり、果品質に影響を与えるため、押出の制御はこのプロセスにおける最大の課題です。

市場機会:テクスチャード植物性タンパク質の抽出の開発

テクスチャー植物性タンパク質の抽出のための伝統的な素材は、大豆、小麦、およびエンドウ豆です。従来、大豆は植物性タンパク質を得るための主要な供給源でしたが、製造業者は、レンズ豆、空豆、オート麦、米、チアシードなど、他の供給源を探ってきました。中でも空豆は、植物性タンパク質とその他のビタミンやミネラルの豊富な供給源となっています。また、水溶性食物繊維も豊富で、消化を助け、コレステロール値を下げる効果があります。また、抽出中に必須多量栄養素として46%以上のタンパク質を供給することができ、植物性タンパク質の重要な代替供給源となります。VestKorn社(米国)は、空豆を原料とする植物性タンパク質を提供している企業の一つです。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1107622-textured-vegetable-protein-market-by-type-slices.html

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 飲食、料理

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.