2022年08月17日 14:00

医療用相互運用性ソリューションの市場規模、2026年に64億4000万米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「医療向け相互運用性ソリューションの世界市場(2022年)」(The Business Research Company)の販売を8月16日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc1105291-healthcare-interoprability-solutions-global-market.html

医療用相互運用性ソリューションの市場規模は、2021年の34億米ドルからCAGR13.4%で成長し、2022年に38億5000万米ドルとし、さらに2026年には64億4000万米ドルに達すると予測されています。

医療用相互運用性ソリューション市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による相互運用性ソリューションの販売で構成されています。相互運用性とは、2つ以上のシステム間で医療情報を交換することを指しており、患者の同意のもと、医療機関の間でシームレスなデータ共有が可能になります。相互運用性を実現するためには、電子カルテ(EHR)と医療情報交換(HIE)サービスを最適化し、各医療機関に導入する必要があります。相互運用性の実現には、プライバシーとセキュリティ、基準、関与のルール、導入と最適化、財政的・臨床的インセンティブの5つの主要コンポーネントが必要になります。

医療用相互運用性ソリューション市場の主な種類は、ソフトウェアソリューションとサービスです。医療用相互運用ソリューションに使用されるソフトウェアには、EHR相互運用ソリューション、ラボシステムソリューション、イメージングシステムソリューション、医療情報交換ソリューション、エンタープライズソリューションなどの医療用ソリューションが含まれます。市場は、基盤レベル、構造レベル、セマンティックレベルで運営され、ヘルスケアプロバイダー、ヘルスケアペイヤー、薬局で使用されています。2021年の医療用相互運用性ソリューション市場は、北米が最大地域となり、アジア太平洋地域は、今後最も急速に成長する地域と予想されています。

患者のケアと安全性を強化するための政府の取り組みが、今後数年間における医療用相互運用性ソリューション市場の成長を促進しています。COVID-19パンデミックに起因する需要の増加から、医療システムの欠点が生じています。Canter for Medicare & Medicaid Services(CMS)などの世界中の政府機関は、高度な技術を導入して患者を治療し、医療の利用可能性を高めるという目標を設定しています。例えば、2020年5月に「CMS Interoperability and Patient Access Final Rule」が発表されました。この規則は、すべての関係者に高度な相互運用性と健康情報へのアクセスを可能にする政策を推進しています。

新興国の医療分野への投資の増加は、同市場における重要な傾向です。COVID19の出現により、世界のヘルスケア産業は驚異的な成長を遂げています。パンデミック時には、インターネットを利用してヘルスケアデータにアクセスするFast Healthcare Interoperability Resources (FHIR)が注目を浴びました。eヘルスを推進する新興国は、デジタル化への第一歩として相互運用性ソリューションを採用しています。定着した従来の医療システムから、デジタルヘルスモデルへの移行が促されています。2021年9月、アメリカに拠点を置く医療情報技術ソリューションプロバイダーは、i.s.h.med電子医療記録(EHR)への投資を拡大しました。i.s.h.medはSAPソリューションと統合された病院情報システムです。Cerner'のこの投資は、ヘルスケアのデジタル化において確固たる地位を築いています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tbrc1105291-healthcare-interoprability-solutions-global-market.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.