2022年09月20日 09:00

【大好評、今年で3回目の本格的絵付け体験!】 -九谷焼五彩の世界 - 10/15(土)-16(日)・11/12(土)-13(日)、THE COVER NIPPON(東京ミッドタウン3階)にて開催。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大らかさと煌びやかさを合わせ持つ九谷焼。本体験会では宮本雅夫さんご本人により線描きされた豆皿に、実際の工房の道具を使い、色を塗る工程を体験いただきます。

開催する度に大変ご好評いただいている体験会「九谷焼五彩の世界 本格的絵付け体験」、今年で3回目の開催となりました。

江戸時代、日本を代表する色絵磁器、九谷焼。加賀百万石の土壌で育まれ、九谷五彩といわれる緑・黄・紫・紺青・赤の五色を駆使し、繊細で華麗な絵付けが施されます。

ワークショップでは、線描を事前に宮本さんご本人が事前に行った豆皿に、九谷の釉薬で色を塗る工程を体験いただきます。

白磁(素地)・釉薬・筆など九谷本来の本物の素材・道具を使い、九谷の工房そのままの設えをそのまま使用します。いわば、宮本さんの作品に、皆様のお好みで自由に色を付け、仕上げていただきます。
その後、九谷に持ち帰り、最終的に仕上げて焼いたものをお客様にお渡しいたします。

色絵細描の名手である父・忠夫さんから受け継いだ精緻な呉須の線描や、伝統的な九谷の釉薬を使用した色濃く深みある色彩、素材と技法は九谷の伝統を踏まえつつ、新しい解釈で色絵磁器を意欲的に製作する宮本雅夫さん。2022年には、三井ゴールデン匠賞を受賞。職人・作家としての技術力の高さだけでなく、「本物の九谷焼」を広く知らせる活動から産地全体への貢献度が高く評価されました。

当日はご本人に直接ご指導いただきながら、九谷焼のお話などもお聞きします。九谷焼本来の道具と九谷焼のプロフェッショナルによる、とても贅沢な絵付け体験です。まさに世界に一枚しかない、宮本雅夫さんとあなたのコラボレーションによる、貴重な豆皿が出来上がります。
九谷焼の醍醐味にふれ、是非あなたも貴重な一枚を手にしてください。
上:瓜文 下:瓢箪に巻物 
(上下ともに左から宮本雅夫さんご本人により絵付された状態の豆皿、赤・青・緑・紫・黄の5色の上絵具を乗せた状態、焼いたもの。驚くほど透明感のある色へと変わります。)

絵柄は、無病息災などの縁起柄「瓜文」「瓢箪に巻物」。10月は「瓜文」、11月は「瓢箪に巻物」、お好きな絵柄の日程をお選び下さい。

体験で製作いただいた作品は、後日、宮本さんによる最終仕上げの後に真生窯で焼き上げて、約1ヶ月後に完成となります。

開催概要

■日時:豆皿の柄:瓜文 10/15(土)・16日(日)  豆皿の柄:瓢箪に巻物 11/12(土)・13日(日) 
   全日程 (1)12:00 (2)14:00 (3)16:00 (4)18:00 開催
■定員:6名/各回 ※事前予約制/定員になり次第締切と致します。
■会費:11,000円(税込)
■会場:THE COVER NIPPON店内 (東京ミッドタウンガレリア3F)

詳細はこちら
https://thecovernippon.jp/20221015-kutaniyaki-event/

真生窯 宮本雅夫氏

石川県小松市生まれ。東京芸術大学美術学部卒業後、実家に戻り色絵細描の名手である父・忠夫さんが営む真生窯にて作陶を始める。現在、日本工芸会正会員で、様々な公募展に出展し受賞を重ねる。

作品は、精緻な呉須の線描と掻き落としで独特な質感の下地を作り、その上に窯独自の透明度の高い緑釉を施す「緑彩」作品が特徴的である。翡翠のような美しい緑色のみで表現された器は品格ある佇まいであり、他に類を見ない。
九谷焼の伝統を踏まえつつ、それらを自らの新しい解釈で表現し、オリジナリティを確立。近年は父から伝わる色絵細描技法による作品も発表している。

1971年
石川県小松市に九谷焼作家 宮本忠夫の長男として生まれる
1996年
東京藝術大学 美術学部卒業
第43回 日本伝統工芸展 初入選 以降20回入選
1999年
日本工芸会 正会員 認定
2005年
文化庁 派遣新進芸術家 在外研修員として渡伊(ローマ)
第28回 伝統九谷焼工芸展 出品作「黄地紅彩葵文平鉢」石川県立美術館 買上
2010年
小松空港 到着ロビー 陶壁「五箇山」制作
2014年
第37回 伝統九谷焼工芸展 大賞
2016年
第22回 金沢兼六園大茶会 工芸作品公募展 最高賞
2017年
「伝統と創造 現代九谷焼の旗手たち」展 富山市佐藤記念美術館
2018年
第11回 現代茶陶展 TOKI織部奨励賞
第32回 四日市萬古陶磁器コンペ 2018グランプリ
第65回 日本伝統工芸展出品作「緑彩真麗線文鉢」宮内庁買上
2019年
「九谷 宮本忠夫・雅夫父子展」日本橋高島屋 美術画廊
第66回 日本伝統工芸展出品作「緑彩真麗線文鉢」宮内庁買上
2021年
第23回日本伝統工芸士会作品展 最高賞 衆議院議長賞受賞
2022年
第4回三井ゴールデン匠賞 受賞


【店舗情報】
THE COVER NIPPON
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-3
東京ミッドタウンガレリア3階E-0305
tel 03-5413-0658
fax 03-5413-0659
年中無休(年始を除く) 11am-8pm

【企画・運営】
メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社
〒104-0054 東京都中央区勝どき5-5-14-314
TEL 03-5534-9903 FAX 03-5534-9904
https://mijp.co.jp/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
代表者
赤瀬 浩成(アカセ ヒロシゲ)
所在地
〒104-0054
東京都中央区勝どき5-5-14-314 
TEL
03-5534-9903
業種
小売・流通
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.