2022年09月21日 11:30

「世界のネイルアートプリンター市場2022年-2031年:種類別(スタンプ式、コンピュータ内蔵式)、用途別(家庭用、商業用)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月21日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界のネイルアートプリンター市場2022年-2031年:種類別(スタンプ式、コンピュータ内蔵式)、用途別(家庭用、商業用)」調査資料の販売を2022年9月21日に開始いたしました。ネイルアートプリンター市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界のネイルアートプリンター市場2022年-2031年:種類別(スタンプ式、コンピュータ内蔵式)、用途別(家庭用、商業用)
■英文タイトル:Nail Art Printer Market (Type: Stamping and Built-in-Computer; and Application: Residential and Commercial) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年9月5日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
ネイルアートプリンターは、ネイルアーティストよりも速くパターンを印刷することができるため、ネイルアート専門家にとって成功する投資と考えられています。また、ネイルアートプリンターシステムにより、より多くのお客様にネイルアートを提供することができます。ネイルアートプリンター事業は、女性の美容・パーソナルケア志向の高まりにより、全世界で商業施設や住宅に急速に浸透しています。

ネイルアートは、古くから日本の文化の一部となっています。ジェルや3Dアクリルで自分を表現するネイルアートは、日本が世界に先駆けて始めたものです。また、NARUTOなどのアニメキャラクターを使ったネイルは「イタネイル」と呼ばれるようになりました。日本のアニメをモチーフにしたネイルアートは、世界中のモデル、特にハンドモデルや女優の間で世界的なブームとなっています。日本のネイルファッションは、欧米で一般的なシンプルなデザインとは異なります。光沢があり、剥がれにくく、爪の補強にもなるジェルネイルをベースにしたものが多く、デザインは比較的派手で細かいものが多いです。

女性は、自分の個性や外見を重視するようになってきています。インスタグラムなどのソーシャルメディアを通じて、美容やファッションに関心の高い女性にアプローチする傾向が強まっています。さらに、ネイルアートでファッションを楽しむ女性も増えています。欧米のライフスタイルの普及が、世界のネイルアートプリンター市場を活性化させています。多くの人は、自分の外見を自分の個性の重要な側面とみなしています。そのため、女性は自分の外見をより意識するようになり、自意識が高まっています。このことは、美容サロンがネイルアート技術をサービス内容に加えることで、ビジネスを拡大するための重要な推進要因になると予想されます。

ネイルアートは、その人の個性をより美しく引き立てるものです。そのネイルアートに革命を起こしたのがネイルアートマシンです。これらのマシンは高価なため、主に専門家が使用しています。スカルプチュアネイル、アクリルオーバーレイ、ファイバーグラス・ラップ、ネイルアートは世界中で人気を博しており、ナチュラルなマニキュアは文化を統一するものでもあるのです。市場参加者は、より市場に浸透しやすい革新的なネイルアートプリンターの製造に向けた研究開発活動にますます重点を移すようになっています。このことは、ネイルアートプリンターの世界市場の今後の成長を後押しするものと考えられます。

ネイルアートプリンターの世界市場は、種類別に見ると、スタンピングタイプとコンピューター内蔵タイプに二分されます。2021年のネイルアートプリンターの世界市場は、金額、数量ともにコンピューター内蔵型セグメントが圧倒的に多いです。同セグメントは予測期間中、市場における主導的地位を維持すると予想されます。内蔵型コンピュータは、デザインのバリエーションが豊富なため、消費者の間でかなり人気が出てきています。また、持ち運びが容易で、使い勝手が良いという利点もあります。しかし、高価である。しかし、ネイルサロンや美容院などでの業務用用途は飛躍的に伸びています。一方、スタンピングは古くからある概念で、用途も狭いため、ネイルアートプリンターにはコンピューター内蔵型が適していることも普及に一役買っています。

ネイルアートプリンターの世界市場は、用途別に住宅用と商業用に区分されています。2021年の世界市場では、商業セグメントが主要なシェアを占めています。同セグメントは予測期間中、市場において主要な地位を維持すると予想されます。ネイルアートプリンターは高価です。ネイルサロンや美容室、ファッションショップなどの商業施設では、より現実的な選択肢となります。ネイルサロンやネイルケア従事者の増加により、ネイルアートプリンターの需要が高まると予想されます。また、ネイルアートプリンターは、ネイルサロンやネイルケア専門店の増加により、需要の拡大が見込まれており、各社とも最新技術を駆使したネイルアートプリンターを開発し、収益機会の確保に努めています。

ネイルアートプリンターの世界市場は、予測期間中、アジア太平洋地域が大きなシェアを占めると予想されます。ネイルアートプリンターはアジアが発祥の地です。日本と中国が創業以来、業界を支配してきました。アジア太平洋地域のネイルアートプリンターは、他の地域と比較して低価格であることが、アジア太平洋地域の市場を牽引しています。毎年、アジアから大量のネイルアートプリンターが輸出されています。また、北米や欧州では、ここ数年、ネイルアートプリンターの概念が進化しています。北米と欧州のネイルアートプリンターに対する需要はここ数年で急速に拡大しています。ネイルケアをはじめとするエステティックやコスメティックに対する意識の高まりから、今後もさらなる需要の拡大が見込まれています。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/nail-art-printer-market-type-stamping-and-built-in-computer/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.jp
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 美容、ファッション

会社概要

商号
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.