2022年09月21日 15:30

「世界のラボファニチャー(実験室用家具)市場2022年-2031年:種類別(実験台、実験用スツール・ベンチ、実験用デスク・収納キャビネット)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月21日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界のラボファニチャー(実験室用家具)市場2022年-2031年:種類別(実験台、実験用スツール・ベンチ、実験用デスク・収納キャビネット、台座付き実験家具、実験用IPSユニット、収納キャビネット・ラック、その他)」調査資料の販売を2022年9月21日に開始いたしました。ラボファニチャー(実験室用家具)市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界のラボファニチャー(実験室用家具)市場2022年-2031年:種類別(実験台、実験用スツール・ベンチ、実験用デスク・収納キャビネット、台座付き実験家具、実験用IPSユニット、収納キャビネット・ラック、その他)
■英文タイトル:Laboratory Furniture Market (Type: Laboratory Tables, Laboratory Stools & Benches, Laboratory Desk & Storage Cabinets, Pedestal Laboratory Furniture, Laboratory IPS Units, Storage Cabinets & Racks, Others); Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年9月5日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
ラボファニチャー(実験室用家具)は、実験台やキャビネット、法医学用キャビネット、衣料品ディスペンサー、カート、薬品キャビネット、引き出しなど、化学、臨床、歯科、学校、電子、コンピュータ、研究室など様々な実験室で使用されています。
研究室用家具は、技術者が快適な姿勢で作業できるように特別に設計されており、ストレスによる怪我を防ぎ、作業中の技術者の生産性を高く維持できるように配慮されています。実験室用家具のデザイナーは、実験室の設計に新しいアプローチを採用し、モジュール式のモダンな家具を使用して、既存の設計を将来にわたって補強する手助けをしています。収納ユニット、キャビネット、シェルフなどのモジュール式家具は、簡単な工具で組み立て直すことができます。

安全規制の高まりは、ラボラトリーテスティングサービスの需要を押し上げています。また、老年人口の増加による衛生ニーズや健康問題の発生率の上昇が、ラボ試験済み製品の需要をさらに押し上げています。製品の品質とラボ試験済み製品に対する世界中の人々の意識の向上は、さまざまな政府による製品の品質と耐久性に関する安全基準や規制の制定につながっています。実験室用家具の使用を奨励する要因のいくつかは、化学物質、湿気、衝撃に耐える能力に加えて、これらの近代的な家具は、特別に作業を容易にするために設計されており、効率的にスペースを活用するのに役立つという事実です。

教育や研究所の拡張に対する政府支出の増加は、学校や大学の管理部門による実験室用家具の購入を促しています。医療インフラ整備のための政府予算が増加 医療インフラの整備は、実験室用家具の需要増加の主な要因の一つです。例えば、欧州委員会は、"Modernizing Schools with Science Laboratories in Primary Education "と題するプロジェクトの完了を発表しました。このプロジェクトは、初等・中等教育機関に実験室を設置し、生徒を教育するもので、金額は約500万ユーロ(約5億円)。このような資金提供は近い将来増加すると予測されており、実験室用家具市場の推進要因となることが期待されています。

市場関係者は、温度調節やリアルタイムモニタリングのためのクラウドベースシステムを統合することで、実験室用家具に技術的な特徴を導入すると考えられます。例えば、インキュベーターやフリーザーを含む最新の実験室用家具には、ドアの状態を監視するためのワイヤレスプローブが取り付けられています。環境意識の高まりは、実験室用家具メーカーによる環境に優しい材料の採用を後押ししています。家具の寿命を延ばすだけでなく、リサイクルを可能にするステンレス鋼のような持続可能な材料の使用が増加していることは、実験室用家具市場の成長に影響を与え続けるであろう重要かつ一貫した傾向です。さらに、調整可能な作業台、実験台、机の導入は、さらに首や背中の痛みを防ぐ、より人間工学的である、実験室用家具の市場規模を高めるのに役立つと推定されています。

種類別では、ラボラトリースツール・ベンチが金額、数量ともに大きなシェアを占めており、予測期間中に顕著なCAGRで成長すると予想されます。研究室には、フード、ミディアムまたはハイベンチなど、さまざまなワークステーションがあり、その高さレベルによって実験用椅子の高さが決まります。実験用椅子は、さまざまな高さ範囲と材料で利用可能です。また、臨床施設や大学の研究室に最適な、空気圧で360度高さ調節が可能な実験用スツールもあります。実験用家具は、金属溶接された管状スチール、モジュール式スチール、またはエポキシ粉体塗装されたスチールから作られています。金属はメンテナンスが容易で耐久性があり、腐食、化学物質、磨耗に強いのが特徴です。

欧州、北米、アジア太平洋地域が予測期間中に世界市場をリードする見込み 欧州が実験室用家具の世界市場を独占し、北米とアジア太平洋地域がこれに密接に続いています。欧州は、医療用家具の需要増に伴い、圧倒的なシェアを獲得しています。また、欧州では医療インフラが整備されていることも、ラボラトリー用家具の世界市場で同地域が持つ主要なシェアに寄与しています。
アジア太平洋地域と北米地域は、世界の実験室用家具市場の支配的なシェアを占めています。アジア太平洋地域のラボラトリー家具市場シェアは、同地域の医療インフラの成長と相まって、人口の増加により予測期間中に大幅に上昇すると予想されています。インド政府は、子どもたちが短時間で学習できる「考える力」を身につけることを目的に、教育プロジェクトを支援しています。ウッタルプラデシュ州のTeacher Resource Laboratoryプロジェクト(TRL)やベンガルールのInnovator's Laboratoryなどの統合プロジェクトが成功を収めています。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/laboratory-furniture-market-type-laboratory-tables-laboratory-stools-benches/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.jp
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年09月26日 15:30
「世界の医療用ナノロボット市場2022年-2031年:製品タイプ別 (ナノマニピュレーター、バイオナノロボット、磁気誘導)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月26日 14:30
「世界のアクティブ光ケーブル(AOC)市場2022年-2031年:ビットレート別(2Gbps~25Gbps、26Gbps~50Gbps)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月26日 11:30
「世界のAGV(無人搬送車)市場2022年-2031年:種類別(フォークリフト、組立ライン用車両、無人搬送車、牽引車、ユニットロードキャリア)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月22日 15:30
「世界の全自動販売機市場2022年-2031年:製品タイプ別(飲料自動販売機、スナック自動販売機、生理用ナプキン自動販売機、券売機)、用途別)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月22日 14:30
「世界のシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)市場2022年-2031年:技術別(MOSキャパシタ、MISキャパシタ)、静電容量別、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.