2022年09月21日 11:00

予測分析の市場規模、2026年に273億1000万米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「プリディクティブアナリティクス(予測分析)の世界市場(2022年)」(The Business Research Company)の販売を9月20日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc1117630-predictive-analytics-global-market-report.html

予測分析(プリディクティブアナリティクス)の市場規模は、2021年の95億3000万米ドルからCAGR24.00%で成長し、2022年に118億2000万米ドルとし、さらに2026年には273億1000万米ドルに達すると予測されています。

予測分析市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、データに基づく統計またはモデリング技術を使用してパフォーマンスを決定し、将来の予測を行うことを指す予測分析ソリューションの販売で構成されています。予測分析は、クロスセルの機会や購買を促進し、顧客の反応を判断するために使用されます。

予測分析市場の主な構成要素は、ソリューションとサービスです。予測分析ソリューションは、データサイエンティストやイベントマネージャーが予測するための要素を指します。予測分析ソリューションには、財務分析、リスク分析、マーケティング分析、販売分析、顧客分析、ウェブ・ソーシャルメディア分析、サプライチェーン分析、ネットワーク分析が含まれ、クラウドとオンプレミスによって、大企業と中小企業(SMES)で展開することができます。BFSI、製造、小売・eコマース、政府・防衛、ヘルスケア・ライフサイエンス、エネルギー・公共事業、通信・それ、輸送・物流、メディア・エンターテインメント、旅行・接客などの垂直分野で使用されています。2021年の市場は、北米が最大地域となりました。

ビッグデータやその他の関連技術の導入は、同市場の成長を促進すると考えられます。ビッグデータとは、大規模なデータセットの処理中に、より多くのデータを入力するデータ管理システムのことを指します。多くの業界でビッグデータ関連技術の採用が進むことで、新技術の革新が進んでいます。予測分析に使用される新技術には、エッジコンピューティング、ストリーミング分析、人工知能、インメモリデータベース、データレイク、ブロックチェーンなどがあります。例えば、2021年3月、米国のウェブサイトデザイナーであるFusion Allianceによると、刻々とデータ作成のペースが上がり続け、2億通以上の電子メールの送信、数百万米ドルの電子商取引、50時間のYouTube動画のアップロード、数百万のGoogle検索、数千万の写真の共有が全世界で行われています。また、2022年のDresner Advisory Servicesの調査によると、約53%の企業がビッグデータ分析を採用しており、この採用の増加が、予測分析市場の成長を促進すると思われます。

クラウドの採用増加は、予測分析市場における顕著な傾向です。クラウドの採用は、コスト削減、リスク軽減、データベース機能の拡張性の実現と、企業にとって重要な動きとなっています。クラウドは、ビジネスのどの世界においても、デジタルエンパワーメントの重要なパイプラインおよびストレージハブとして機能し、企業にイノベーションと成長をもたらします。例えば、2021年11月、米国の出版社O'Reillyによると、90%の組織がクラウドコンピューティングを採用していると言われています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tbrc1117630-predictive-analytics-global-market-report.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.