2022年09月22日 11:30

「世界のアルミニウムイオン電池市場2022年-2031年:容量別(0~200mAh、200~600mAh、600~1000mAh)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月22日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界のアルミニウムイオン電池市場2022年-2031年:容量別(0~200mAh、200~600mAh、600~1000mAh、1000mAh以上)」調査資料の販売を2022年9月22日に開始いたしました。アルミニウムイオン電池市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界のアルミニウムイオン電池市場2022年-2031年:容量別(0~200mAh、200~600mAh、600~1000mAh、1000mAh以上)
■英文タイトル:Aluminum-ion Battery Market [Capacity: 0-200 mAh, 200-600 mAh, 600-1000 mAh and 1000 mAh and Above] - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年9月5日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
二次電池の一種であるアルミニウムイオン電池は、アルミニウムイオンを電荷担体として使用します。アルミニウムの各イオンは3個の電子を交換することができます。したがって、1つのAl3+の挿入は3つのLi+イオンの挿入に等しいです。Li+(0.76)とAl3+(0.54)はイオン半径が近いため、より多くの電子とAl3+イオンを正極に受け入れても支障はありません。AlはLiの50倍(23.5メガワット時・m-3)のエネルギー密度を持っており、石炭よりもさらに強力なエネルギー源となります。
アルミニウム空気二次電池の開発は1970年代から行われていたが、2010年に常温でのアルミニウムシステムの実現が可能になり、この分野の研究が活発になってきました。近年、アルミニウムリチウム二次電池は、アルミニウムイオン二次電池と呼ばれるようになりました。本レポートでは、アルミニウムイオン電池と非水系アルミニウム二次電池のどちらについても、その進化を十分に紹介します。また、アルミニウムイオン電池の実用化に向けた課題も紹介します。

アルミニウムイオン電池が自動車に使われるようになったことで、アルミニウムイオン電池の研究が盛んに行われています。ブリスベンにあるGraphene Manufacturing Group(GMG)は、グラフェンアルミニウムイオン電池セルを製造しています。彼らは、最高のアルミニウムベース電池に比べて3倍のエネルギーを貯蔵でき、最高のリチウムイオン電池に比べて最大60倍速く充電できる、と主張しています。
グラフェン・アルミニウムイオン電池は、EV車のバッテリーを取り巻く多くの懸念に答えることができ、より長い航続距離を実現し、より速く充電することができます。また、安定した基材を使用しているため、リサイクルも容易で、より持続可能なソリューションとなります。また、グラフェンアルミニウムイオン電池は、自然過熱を引き起こす上限電流がないため、より安全性が高いです。
アルミ空気電池は、寿命試験においてリチウムアルミ電池を大きく上回り、2,000回のフル充電・放電を繰り返しても、全く性能が低下しません。また、火災の心配もなく安全性が高く、寿命が尽きた後のリサイクル性もリチウム電池より優れています。世界のリチウム生産・購入の約9割が中国経由であり、世界のサプライチェーンが貿易摩擦の影響を受けやすいことは間違いありません。

再生可能エネルギー源の増加、電気自動車やモバイル機器の増加により、電気化学的エネルギー貯蔵の改善と低価格化が求められています。エネルギー貯蔵に対する将来の需要に対応するためには、高いエネルギー密度と容易に入手できる原材料、そして安全性を備えた新しい材料ソリューションが必要とされています。
金属アルミニウムを負極に用いた高エネルギー価の全固体アルミニウムイオン二次電池は、材料選択アルゴリズムを用いることにより、有望視されています。この電池は、体積容量がリチウム電池の4倍(理論値)であるというメリットがある一方、アルミニウムは体積容量がリチウム電池の2倍(理論値)であるというデメリットがあります。一方、アルミニウムは世界の地殻に最も多く存在する金属です。このため、アルミニウムイオン電池は、すでに世界的に始まっているエネルギー転換のプロセスに重要な貢献をすることになります。アルミニウムの比較的な低コストが、予測期間中のアルミニウムイオン電池市場の成長を促進すると予想されます。

アルミニウムイオン電池市場の動向を分析した結果、金額ベースでは2021年の世界市場でアジア太平洋地域が76.2%の圧倒的シェアを占めていることが明らかになりました。同地域では、急速な工業化や自動車・輸送産業におけるアルミニウムイオン電池の市場需要が増加していることから、予測期間中も高い収益性を維持するとみられています。
中国は、アジア太平洋地域におけるアルミニウムイオン電池市場の主要国のひとつです。中国は、金属や合金よりも優れた特性を持つアルミニウムイオン電池を使用したエレクトロニクス製品の主要拠点となっています。
2021年のアルミニウムイオン電池の世界市場で、北米は14.1%のシェアを占めています。北米は、同地域の自動車および輸送産業の上昇に牽引され、世界のアルミニウムイオン電池市場の魅力的な地域となっています。
中南米と中東アフリカは、2021年のアルミニウムイオン電池の世界市場で比較的小さなシェアを占めています。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/aluminum-ion-battery-market-capacity-0-200-mah/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.jp
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年09月26日 15:30
「世界の医療用ナノロボット市場2022年-2031年:製品タイプ別 (ナノマニピュレーター、バイオナノロボット、磁気誘導)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月26日 14:30
「世界のアクティブ光ケーブル(AOC)市場2022年-2031年:ビットレート別(2Gbps~25Gbps、26Gbps~50Gbps)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月26日 11:30
「世界のAGV(無人搬送車)市場2022年-2031年:種類別(フォークリフト、組立ライン用車両、無人搬送車、牽引車、ユニットロードキャリア)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月22日 15:30
「世界の全自動販売機市場2022年-2031年:製品タイプ別(飲料自動販売機、スナック自動販売機、生理用ナプキン自動販売機、券売機)、用途別)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月22日 14:30
「世界のシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)市場2022年-2031年:技術別(MOSキャパシタ、MISキャパシタ)、静電容量別、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.