2022年09月22日 14:30

「世界のシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)市場2022年-2031年:技術別(MOSキャパシタ、MISキャパシタ)、静電容量別、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月22日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界のシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)市場2022年-2031年:技術別(MOSキャパシタ、MISキャパシタ)、静電容量別(pF、nF、uF)、用途別(電子戦、通信機器、LiDAR、GPSシステム、その他)」調査資料の販売を2022年9月22日に開始いたしました。シリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界のシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)市場2022年-2031年:技術別(MOSキャパシタ、MISキャパシタ)、静電容量別(pF、nF、uF)、用途別(電子戦、通信機器、LiDAR、GPSシステム、その他)
■英文タイトル:Silicon Capacitors Market (Technology: MOS Capacitors, MIS Capacitors; Capacitance: pF, nF, uF; Applications: Electronic Warfare, Communication Equipment, LiDAR, GPS System, Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年9月5日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
シリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)は、シングルMIM(金属-絶縁体-金属)構造またはマルチMIM構造の静電容量が最も一般的です。しかし、シリコン基板上に原子層堆積法(ALD)などの半導体製造プロセスを用いて、別の誘電体材料を形成することができます。コンデンサの誘電体としてのシリコンは、二酸化ケイ素(MIS)コンデンサや窒化ケイ素(MOS)絶縁層で構成されるのが一般的です。高い安定性、信頼性、高温への耐性が要求される用途には、シリコン誘電体を用いたコンデンサが適しています。また、その性能から、過酷な環境下で使用される用途にも適したコンデンサです。
シリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)は、動作周波数範囲が広く、高速デジタル回路に適しています。また、動作温度範囲が広く、長期安定性に優れているため、航空宇宙、医療、通信、産業、高信頼性などの要求の厳しい用途に適しています。

高密度コンデンサには、窒化ケイ素や二酸化ケイ素など、シリコン系の誘電体が多く使われています。さらに、シリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)は、高いレベルの信頼性、耐性、高温での安定性が要求される用途にもよく使用されます。シリコンRFコンデンサは、その高い性能から、航空宇宙や防衛など、様々な過酷な環境下で使用するのに適した選択肢です。これは、軍事・防衛用電気部品が、その生涯を通じて非常に厳しい環境に耐えなければならないことが主な理由です。
米国は、防衛・宇宙産業の需要から、極限環境用電子部品の応用・開発における世界的なリーダーでありパイオニアとみなされています。今後数年間における市場の拡大は、米国で行われている過酷な環境に対応したエレクトロニクス製品の開発への投資や研究開発の水準に後押しされると予想されます。
最近の傾向として、防衛・航空宇宙用途では、性能よりも信頼性を重視し、機能性と電子機器全体の内容を向上させながら、機能サイズを縮小することに継続的に注力しています。シリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)メーカーは、世界中の様々な航空宇宙・防衛用途のシリコンキャパシタの需要増に対応するため、キャパシタ製造技術の大幅な開発に取り組んできました。
3Dシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)は、航空機のエンジン制御やアビオニクス・システムに広く利用されており、これが市場の成長をさらに後押ししています。さらに、シリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)は電子基板の寸法を小さくすることができます。世界のシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)市場の現在の傾向によると、航空宇宙・防衛部品メーカーは部品の小型化に関心を示しています。この要因によって、近い将来、シリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)の採用が進むと推測されます。これら全ての要因を考慮すると、新興地域における航空宇宙・防衛産業の順調な拡大が、今後数年間におけるシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)市場規模を押し上げると予測されます。

植え込み型除細動器(ICD)は、心臓発作に苦しむ何百万人もの患者を救う可能性を秘めた医療機器として、現在広く認知されています。高電圧、高安定性のコンデンサは、植込み型除細動器(ICD)デバイスの主要な要素の一つです。
医療機器メーカーは、性能と耐久性を高めるために、医療用製品にシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)を継続的に採用しています。毎年、全世界で約100万個のペースメーカー(除細動器)が植え込まれ、世界中の患者の命を救っています。シリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)メーカーは現在、医療機器のあらゆる要求の高い用途に最適なキャパシタを製造している。
神経刺激装置、人工網膜、コクラーインプラント、ペースメーカーなどの埋め込み型医療システムのメーカーは、その前例のないレベルの電気性能のためにシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)を好んで使用しています。そのため、植え込み型神経刺激装置、能動人工器官(人工心臓、電子網膜、機械式人工肢)、生命維持装置などでシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)の採用が増加し、市場を後押ししています。
このように、主要な医療機器メーカーからのシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)に対する需要の増加が、予測期間中のシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)市場を牽引すると予測されます。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/silicon-capacitors-market-technology-mos-capacitors-mis-capacitors/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.jp
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年09月26日 15:30
「世界の医療用ナノロボット市場2022年-2031年:製品タイプ別 (ナノマニピュレーター、バイオナノロボット、磁気誘導)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月26日 14:30
「世界のアクティブ光ケーブル(AOC)市場2022年-2031年:ビットレート別(2Gbps~25Gbps、26Gbps~50Gbps)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月26日 11:30
「世界のAGV(無人搬送車)市場2022年-2031年:種類別(フォークリフト、組立ライン用車両、無人搬送車、牽引車、ユニットロードキャリア)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月22日 15:30
「世界の全自動販売機市場2022年-2031年:製品タイプ別(飲料自動販売機、スナック自動販売機、生理用ナプキン自動販売機、券売機)、用途別)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年09月22日 14:30
「世界のシリコンキャパシタ(シリコンコンデンサ)市場2022年-2031年:技術別(MOSキャパシタ、MISキャパシタ)、静電容量別、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.