2022年09月22日 16:00

リン酸の市場規模、2027年に568億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「リン酸の世界市場:プロセスの種類別 (湿式、熱式)・用途別 (肥料、飼料・食品添加物、洗剤、水処理薬品、金属処理、工業用)・地域別 (北米、欧州、アジア太平洋、他の国々 (RoW)) の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を9月21日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1123766-phosphoric-acid-market-by-process-type-wet-thermal.html

リン酸の市場規模は、2022年の464億米ドルからCAGR 4.1%で成長し、2027年には568億米ドルに達すると予測されています。食品産業におけるリン酸の需要の増加は、市場の成長を促進する主な要因です。リン酸は一般的に、酸味や鋭い味を与えるためにソーダで使用されます。実際、泡に含まれる炭酸は全体のpHにほとんど影響を与えないため、ソーダのほぼすべての酸味の原因はリン酸です。

また、このような甘い飲み物の中で菌類やバクテリアの繁殖を抑制する働きもあります。リン酸は、酸味料、保存料、風味増強剤として食品産業でも使用されており、ペプシおよびコカ・コーラのような炭酸飲料を酸性化し、ピリッとした風味を与えます。リン酸は、他にも、炭酸清涼飲料、ジャム、乳製品、食品添加物、ベーキング粉、シリアルバー、フレーバーウォーター、ボトル入りコーヒー飲料および加工肉に利用されています。

牽引要因:燃料電池の需要拡大

リン酸燃料電池(PAFC)は、電解液として液体リン酸を使用します。PAFCは世界初の商用燃料電池で、性能、コスト、安定性が向上しています。これらの特性により、PAFCは初期の固定発電用途に最適です。また、市バスやトラックなどの大型車両の動力源としても使用されており、炭化ケイ素(SiC)マトリックス中の高濃度または純度の飽和液体リン酸で設計されています。使用温度範囲は約150℃から210℃で、カーボン紙でコーティングされた電極には、白金触媒が細かく分散されています。

抑制要因:環境問題への懸念と規制圧力の増加

リン酸やリン酸塩は水系に影響を与え、水を汚染しています。工業用リン酸の使用量や廃棄量が多くなると、水系のバランスが崩れます。リン酸に含まれるリン酸塩は、浮遊藻類などの水域内の植物に栄養を与え、急激に成長します。その結果、水域に生息する海洋生物への酸素供給が減少し、水循環全体が不均衡になり、水域に依存している人間の生活にも害を及ぼします。

課題:リン酸塩の供給量の減少

リン酸は、肥料、食品・飲料などのリン酸系製品の生産に不可欠な成分です。世界人口の増加に伴い、食料の需要は増加しています。さらに、リン鉱石の価格が低下していることが、より多くのリン鉱石を採掘する可能性を妨げています。化石燃料の代替としてバイオ燃料の利用が増加しているため、より多くの肥料が必要とされています。リン酸塩には商業的な代替手段がないため、将来の供給を確保するために十分な対策を講じる必要があります。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1123766-phosphoric-acid-market-by-process-type-wet-thermal.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.