2022年09月22日 17:00

Bluetooth 5.0の市場規模、2027年に70億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「Bluetooth 5.0の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、アプリケーション別(オーディオストリーミング、データ転送、位置情報サービス)、エンドユーザー別、地域別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を9月21日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1123765-bluetooth-market-by-component-hardware-software.html

Bluetooth 5.0の市場規模は、2022年の41億米ドルからCAGR11.0%で成長し、2027年には70億米ドルに達すると予測されています。家電製品にBluetooth 5.0が採用され、ワイヤレス通信が可能になったことが市場成長の原動力となっています。

牽引要因:IoTデバイスへの投資の増加

産業活動の自動化のためのセンシング技術への投資の増加が、IoTコネクティビティ産業の増収につながっています。オーディオデバイス、車載用エンターテイメントおよび診断デバイス、スマートシティプロジェクト、自動化、Bluetooth機能と統合されたウェアラブルエレクトロニクスなどの需要増により、市場は継続的な拡大が続いています。

COVID-19の大流行により、医療モノのインターネット(IoMT)の導入が進み、病院や家庭でのハンズフリー医療技術の需要が高まっています。血糖値や血圧のモニターなどのウェアラブルヘルスモニターは、在宅医療の拡大でより一般的になってきました。リソースの追跡や遠隔予約のためにIoT接続を採用し始めた病院も増えています。これらのトレンドは、パンデミックの沈静化に伴い、医療をより身近なものにするため、今後も拡大していくものと思われます。

抑制要因:パケット干渉

干渉は、信頼性の高いデータ通信を提供する上で、あらゆる無線技術にとって最大の課題の1つとなっています。BluetoothやWi-Fiなどの無線技術は伝送媒体を共有しているため、送信中のデータパケットが、同じ周波数帯で同時に送信されている他のパケットと衝突すると、破損や消失の可能性があります。

衝突は無線通信における大きな課題であり、特に混雑した無線環境では問題となります。Bluetoothはスペクトラム拡散技術により、衝突のリスクを軽減しています。

市場機会:Bluetooth位置情報サービスデバイスの高い普及率

Bluetooth技術は、個人の持ち物探しや屋内ナビゲーションから、資産追跡やデジタルキーまで、高精度な屋内位置情報サービスに対する需要の高まりに対応するデバイス位置情報ソリューションとして広く採用されている。Bluetoothデバイスは、他のデバイスの存在、距離、方向を特定することができ、他の測位用無線とは異なる柔軟性を備えているため、ビルの管理者やオーナーは屋内測位ソリューションを拡張し、ビルのニーズの変化に対応することができます。Bluetooth market update report 2021によると、現在のBluetooth位置情報サービスの実装のうち79%に屋内ナビゲーションが含まれているとのことです。

Bluetooth技術は、倉庫内の工具や作業員の位置確認、病院内の医療機器や患者の位置確認など、モノや人を追跡するリアルタイムロケーションシステム(RTLS)ソリューションの急成長に拍車をかけています。商業施設や産業施設では、リソースと在庫の管理を最適化するために、Bluetooth資産管理ソリューションへの移行がますます進んでいます。Bluetooth位置情報サービスソリューションの中でも、RTLSとタグは継続的な成長を支える主要な原動力となっています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1123765-bluetooth-market-by-component-hardware-software.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.