2022年09月26日 14:00

エチレンカーボネートの市場規模、2030年にかけてCAGR6.9%で成長予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「エチレンカーボネートの市場規模、シェア、動向分析レポート:形態別(固体、液体)、用途別(潤滑剤、リチウム電池電解質)、最終用途別(自動車、石油・ガス)、地域別、セグメント別予測、2022年~2030年」(Grand View Research, Inc.)の販売を9月22日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/grvi1122302-ethylene-carbonate-market-size-share-trends.html

エチレンカーボネートの市場規模は、2022年からCAGR6.9%で成長し、2030年には8億8706万米ドルに達すると予測されています。これは、エチレンカーボネートを溶媒として製造するリチウムイオン電池の電解液の需要の増加が主な要因となっています。

また、リチウム粒子電池は電気自動車に広く使用されていることから、同電解液の需要が高まっています。環境問題への意識の高まりから、電気自動車の普及が進んでおり、米国、フランス、中国、日本、ドイツ、英国などでは、電気自動車の普及がリチウム粒子電池の使用を促し、結果として、エチレンカーボネートへの関心が高まっています。

COVID-19の大流行による影響で、エチレンカーボネート事業の生産網が混乱しました。中国、米国、日本などはエチレンカーボネートの主要生産国であり、パンデミックでは大きな打撃を受けました。欧州市場は、パンデミック時に最も大きな打撃を受けた地域の一つであり、その第二波は、同地域の複数の産業のサプライチェーンに混乱を生じさせました。その後、製品の需要が回復するに従い、市場は回復を見せました。多くの企業が市場を再び掌握し、増大する製品需要に対応するために巨額の投資を行いました。

エチレンカーボネート市場のハイライト

液状セグメントは、リチウムイオン電池の電解質に含まれる高誘電率成分として、電気自動車のバッテリー製造に使用されるケースが増加していることから、2022年~2030年の間CAGR7.1%の高い成長率を記録すると予想されます。

用途別に、リチウム電池用電解液は、2022年~2030年の間、最も高い成長を示すと思われます。これは、世界中で電気自動車(EV)の需要が増加しているためです。

最終用途別に、自動車セグメントは、EV用電池の主要部品として自動車産業でエチレンカーボネートの需要が増え続けているため、最も高い成長率を示すと予想されます。さらに、同製品は自動車の表面コーティングにも広く使用されています。

地域別に、アジア太平洋市場が最速の成長率を記録すると予想されます。これは、自動車、工業、石油・ガス、医療など、同地域の、最終用途産業が拡大しているためです。さらに、人口の増加、所得と支出の増加、インド、中国、日本などの国の影響などが、プラスに働くものと思われます。

世界各国では、大手企業による支配が強まっているため競争が激化しています。企業は、競争で優位に立つために、事業拡大、製品投入、研究開発活動への大規模な投資など、さまざまな戦略を採用しています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1122302-ethylene-carbonate-market-size-share-trends.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.