2022年09月26日 16:00

ホルモン避妊薬の市場規模、2030年に242億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ホルモン性避妊薬の市場規模、シェア、動向分析レポート:方法別(IUD、ピル、インプラント)、ホルモン別(併用型ホルモン性避妊薬、黄体ホルモン単独)、地域別、セグメント別予測、2022年~2030年」(Grand View Research, Inc.)の販売を9月22日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/grvi1122304-hormonal-contraceptive-market-size-share-trends.html

ホルモン避妊薬の市場規模は、2022年からCAGR 4.29%で成長し、2030年には242億米ドルに達すると予測されています。革新的な製品の導入や、新興地域におけるリプロダクティブ&セクシャルヘルスに関する意識の高まりが、成長の原動力となっています。発展途上国では、政府の取り組みやプログラムの増加により、避妊具を使用する女性が増加しています。このような要因が、市場の成長を加速させると予想されます。例えば、国連の「World Fertility and Family Planning 2020」によると、2019年には、生殖年齢にある女性の49%が妊娠を避けるために何らかの避妊をし、そのうち91%の女性がインプラント、パッチ、IUDなどを含む最新の避妊方法を使用しています。

UNFPOによる「State of World Population 2022」によると、世界全体で、毎年1億2100万件の妊娠のうち約50%が望まない妊娠と言われています。「The case for action in the neglected crisis of unintended pregnancy」によると、望まない妊娠の60%以上が中絶に至り、そのうちの45%は安全でないと予測されています。したがって、安全でない中絶を避けるために、各国は避妊具に関する認識を広めており、これが業界の成長を促進すると予想されます。IUDは、新しいデバイスの登場、長時間作用型可逆的避妊法の利用、99.0%以上の有効性により、最速で成長することが予想されています。

COVID-19の流行は、サプライチェーンの混乱と利用数の減少により、業界に大きな影響を与えました。Merck & Co.などの避妊具メーカーは、医療従事者がCOVID-19患者を優先的に治療するため、避妊用インプラントであるNexplanonの需要が減少していると報告しています。また、様々なジェネリック医薬品の登場により、業界は細分化されています。例えば、2019年12月には、Prasco社がMerck & Co社と共同で、エチニルエストラジオールを含有する膣リング「ヌバリング」のジェネリック医薬品を発売しています。

ホルモン避妊薬市場のハイライト

避妊具の需要が高い背景には、ピルやデバイスに対する意識の高まり、家族計画の重要性、これらの製品へのアクセスを向上させる政府の支援政策があります。

ホルモン別では、副作用が少なく、ニキビや関連症状の発症の可能性が低いことから、ホルモン併用型避妊薬が2021年に最大シェアを占めました。

ピルは使い勝手がよく、正確に服用すれば99.0%以上の効果が得られることから、2021年はピルが最大シェアとなりました。さらに、入手のしやすさ、副作用の少なさ、多くのプレイヤーの存在が、同セグメントの成長に寄与しています。

主要な市場プレイヤーの存在、高い国民所得、政府の支援策により、2021年は北米が最大シェアを占め、今後もその優位性を維持すると予想されます。
アジア太平洋地域は、アンメットニーズが高いこと、今後15年間でカバー率が上昇すること、生殖年齢にある女性の数が増加していることから、2030年にかけて最速のCAGRを記録すると予測されています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1122304-hormonal-contraceptive-market-size-share-trends.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.