2022年09月28日 18:00

「世界の洞拡張デバイス市場(~2027年):製品別(バルーン拡張デバイス、内視鏡(鼻鏡、シノスコープ)、ハンドヘルドデバイス)、処置別、患者タイプ別、患者治療施設別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月28日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の洞拡張デバイス市場(~2027年):製品別(バルーン拡張デバイス、内視鏡(鼻鏡、シノスコープ)、ハンドヘルドデバイス)、処置別(単独、複合)、患者タイプ別(成人、小児)、患者治療施設別(病院&ASC、ENTオフィス)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の洞拡張デバイス市場(~2027年):製品別(バルーン拡張デバイス、内視鏡(鼻鏡、シノスコープ)、ハンドヘルドデバイス)、処置別(単独、複合)、患者タイプ別(成人、小児)、患者治療施設別(病院&ASC、ENTオフィス)」市場調査レポートの販売を2022年9月28日にMarketReport.jpサイトで開始しました。洞拡張デバイスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
"副鼻腔拡張器具の世界市場は、2022年28億米ドルから2027年には38億米ドルまで、CAGR 6.6%中で成長する見通し"
市場の成長は、主に慢性副鼻腔炎の拡大やバルーンサイナプラスティなどの低侵襲手術の傾斜の上昇などの要因によって駆動されています。

"副鼻腔ステント/インプラントは2022年から2027年にかけて最高のCAGR 8.2%で成長すると予測"
副鼻腔拡張器具市場は、製品に基づき、バルーン副鼻腔拡張器具、内視鏡(サイナスコープ、ライノスコープ)、副鼻腔ステント/インプラント、ハンドヘルド器具に分類されます。この市場の成長は、主に従来の内視鏡副鼻腔手術と慢性副鼻腔炎の上昇定期と比較してバルーン拡張手順の利点などの要因によって駆動されています。

"アジア太平洋地域は、予測期間中に最高のCAGRを記録すると推定"
このレポートでは、副鼻腔拡張装置市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、および世界の残りの部分(RoW)など、4つの重要な地域セグメントに分岐されています。アジア太平洋地域の市場は、予測期間中に最も高い成長率を記録すると予測されています。この市場の成長は、主に老年人口の増加、一人当たりの所得の増加、低コストの治療法の存在に牽引されています。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の洞拡張デバイス市場規模:製品別
- バルーン洞拡張デバイスの市場規模
- 内視鏡の市場規模
- 洞ステント/インプラントの市場規模
- ハンドヘルド器具の市場規模
・世界の洞拡張デバイス市場規模:処置別
- 単独洞拡張処置用洞拡張デバイスの市場規模
- 複合洞拡張処置用洞拡張デバイスの市場規模
・世界の洞拡張デバイス市場規模:患者タイプ別
- 成人患者用洞拡張デバイス市場規模
- 小児患者用洞拡張デバイス市場規模
・世界の洞拡張デバイス市場規模:患者治療施設別
- 病院&外来手術センター用洞拡張デバイス市場規模
- 耳鼻咽喉科クリニック用洞拡張デバイス市場規模
・世界の洞拡張デバイス市場規模:地域別
- 北米の洞拡張デバイス市場規模
- ヨーロッパの洞拡張デバイス市場規模
- アジア太平洋の洞拡張デバイス市場規模
- その他地域の洞拡張デバイス市場規模
・競争状況
・企業情報

※「世界の洞拡張デバイス市場(~2027年):製品別(バルーン拡張デバイス、内視鏡(鼻鏡、シノスコープ)、ハンドヘルドデバイス)、処置別(単独、複合)、患者タイプ別(成人、小児)、患者治療施設別(病院&ASC、ENTオフィス)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Sinus-Dilation-Devices-Market-Product-MD6372-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.globalresearch.co.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

H&Iグローバルリサーチ株式会社の最新プレスリリース

2022年12月06日 11:00
「世界のポリイソブチレン(PIB)市場(~2027年):製品別(C-PIB、HR-PIB)、分子量別、用途別(タイヤ、潤滑油添加剤)、産業別(輸送、工業、食品)、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月05日 18:00
「世界の鉱業自動化市場(~2027年):提供別(機器(自動運搬/採掘トラック、自動掘削リグ)、ソフトウェア(遠隔操作&監視システム))、技術別、ワークフロー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月05日 15:00
「世界のシェル&チューブ式熱交換器市場(~2027年):材料別(鋼、ニッケル&ニッケル合金、チタン、タンタル)、用途別(化学、石油化学、HVAC&冷蔵、食品&飲料)、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月05日 11:00
「世界の屋外用LED照明市場(~2027年):設置別(新規、レトロフィット)、提供別、販売チャネル別、通信別、ワット数別(50W以下、50~150W)、用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月02日 18:00
「世界のグリーンテクノロジー&サステナビリティ市場(~2027年):技術別(IoT、AI&アナリティクス、デジタルツイン)、用途別、コンポーネント別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.