2022年09月30日 11:30

「世界の新型出生前診断(NIPT)市場2022年-2031年:検査タイプ別 (Materni21、Harmony)、技術別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月30日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の新型出生前診断(NIPT)市場2022年-2031年:検査タイプ別 (Materni21、Harmony、Panorama、Verifi、NIFTY、その他)、技術別(NGS、WGS、その他)」調査資料の販売を2022年9月30日に開始いたしました。新型出生前診断(NIPT)市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の新型出生前診断(NIPT)市場2022年-2031年:検査タイプ別 (Materni21、Harmony、Panorama、Verifi、NIFTY、その他)、技術別(NGS、WGS、その他)
■英文タイトル:Non-invasive Prenatal Testing Market (Test Type: Materni21, Harmony, Panorama, Verifi, NIFTY, and Others; and Technology: NGS, WGS, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2017-2031
■発刊日:2022年9月5日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
新型出生前診断(NIPT)は、母体血漿中の無細胞胎児DNAの分析に基づく新しい遺伝子スクリーニング法です。NIPTは、21トリソミー(ダウン症候群)のほか、13トリソミーと18トリソミーという一般的ではない染色体異常のスクリーニングを行います。いくつかの企業は、乳児の遺伝子異常の早期診断において、感度と精度の高い高度なスクリーニング方法の開発に取り組んでいます。次世代シーケンサー(NGS)は、染色体のトリソミー、微小欠失、異数性の同定によく用いられる技術である。NGSを用いた非侵襲的出生前検査は、妊娠10週という早い段階で実施できる点が他の技術とは異なります。さらに、他の非侵襲的出生前検査の精度が約96%であるのに対し、NGSを用いた検査は99%以上の精度を誇っています。

世界中でダウン症候群とターナーズ症候群の赤ちゃんの発生率が高いため、主に従来のスクリーニングと侵襲的診断方法よりも高い精度と安全性が提供され、非侵襲的出生前検査の需要を促進すると思われます。非侵襲的な出生前検査の利点は、非侵襲性、より良い精度、手順の短時間など、予測期間中に世界のNIPT市場を推進することが予想されます。
ダウン症教育(DSE)インターナショナルからの情報源によると、ダウン症の有病率は、さまざまな国で生まれた赤ちゃんの1,500人に1人から400人に1人の範囲であるとのことです。世界では、毎年約22万人の赤ちゃんがダウン症で生まれています。米国疾病対策予防センター(CDC)によると、米国では毎年、出生児700人に1人(年間約6,000人)の割合でダウン症の赤ちゃんが誕生しているとのことです。

世界的に、特に米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、日本などの先進国では、初産婦の平均年齢が上昇しています。経済的安定、識字率の向上、社会的要因などが、母親の年齢上昇の原因となっています。胎児の染色体異常のリスクは、母体年齢の上昇に直接関係しています。米国家庭医学会(AAFP)によると、胎児の染色体異常のリスクは、30歳までは徐々に増加し、それ以降は急速に増加します。新生児がダウン症になる確率は、母体年齢25歳までは1/1,300だが、35歳の妊婦では1/365、40歳以降は1/30に増加するとのことです。このように、母体年齢の上昇に伴い、染色体異常の発生率が増加し、NIPTの需要が高まることが予想されます。

検査タイプ別では、世界の非侵襲的出生前検査市場は、Materni21、Harmony、Panorama、Verifi、NIFTY、その他に分類されています。2021年の世界の非侵襲的出生前検査市場では、MaterniT21セグメントが大きなシェアを占めています。予測期間中、非常に有利なセグメントとなる可能性が高いです。MaterniT21セグメントは、Labcorpの強力なブランド評価と、近い将来に予想される現地代理店との協業によって牽引されると予想されます。2019年9月、Labcorpは、多胎妊娠における無細胞DNA(cfDNA)スクリーニングに関するこれまでで最大の研究結果を発表しました。この研究はPLOS ONE(査読制オープンアクセス科学誌)に掲載され、LabcorpのIntegrated Genetics社のMaterniT21 PLUS検査による非侵襲的cfDNAスクリーニングは、単胎妊娠と比較して有利な信頼できる所見をもたらすと結論付けました。

用途別では、2021年の世界のNIPT市場でトリソミーセグメントが大きなシェアを占めています。予測期間中、非常に有利なセグメントとなる可能性が高いです。国連によると、ダウン症の推定発生率は、世界全体で年間1,000人中1人から1,100人中1人となっています。ダウン症の約95%は非分裂例であり、転座・モザイク例は5%です。トリソミーの割合が高いのは、世界的にダウン症の有病率が上昇していることと、NIPTによるダウン症のスクリーニングが効率的であることが要因として挙げられます。同様に、母親の年齢もトリソミーの最も重要な危険因子です。30代後半から40代の女性は、トリソミーになる確率が高くなります。したがって、母親の平均年齢の上昇は、トリソミーの症例数の増加をもたらすと予想され、同分野を拡大させる可能性があります。

技術面では、次世代シーケンス(NGS)セグメントが2021年の世界の非侵襲的出生前検査市場シェアで最大を占めました。NGSはNIPTにおいて大きな人気を獲得しています。さらに、商業化されたNIPT検査の大半は、次世代シーケンシング技術に基づいています。例えば、MaterniT21とHarmonyはNGS技術に基づいています。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/non-invasive-prenatal-testing-market-test-type-materni21/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.jp
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年11月28日 15:30
「世界のリチウム電池用鉱物市場2022年-2031年:鉱物別(リチウム、コバルト、ニッケル、マンガン、グラファイト、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月28日 14:30
「世界の高所作業台市場2022年-2031年:種類別(ブームリフト(多関節型、伸縮型)、シザーリフト)、構造別(標準型、断熱型)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月28日 11:30
「世界のイオン注入装置市場2022年-2031年:製品タイプ別(大電流イオン注入装置、高エネルギーイオン注入装置、中電流イオン注入装置、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月25日 15:30
「世界のクロロメタン市場2022年-2031年:製品別(塩化メチル、塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月25日 14:30
「世界の高純度アルミナ市場2022年-2031年:グレード別(4N、5N、6N)、用途別(LED、半導体、蛍光体、リチウムイオン電池)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.