2022年09月30日 15:30

「世界の粉ミルク用包装市場2022年-2031年:包装形態別(缶、カートン、パウチ、その他)、形状別(粉末、液体)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月30日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の粉ミルク用包装市場2022年-2031年:包装形態別(缶、カートン、パウチ、その他)、形状別(粉末、液体)」調査資料の販売を2022年9月30日に開始いたしました。粉ミルク用包装市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の粉ミルク用包装市場2022年-2031年:包装形態別(缶、カートン、パウチ、その他)、形状別(粉末、液体)
■英文タイトル:Infant Formula Packaging Market (Packaging Format: Cans, Cartons, Pouches, and Others; and Form Type: Powdered Form and Ready-to-Feed Liquid Form) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2027
■発刊日:2022年9月5日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
幼児、特に新生児は、食中毒に対する抵抗力が弱く、赤ちゃんは免疫力が弱いため、感染症やアレルギー疾患と闘うことができないことがあります。未熟児や低体重の赤ちゃんは、感染症や病気にかかる確率が高くなります。粉ミルクは、赤ちゃんの免疫力を高めるのに役立ちます。また、赤ちゃんの健やかな成長のために必要な栄養素を補給します。粉ミルクは、主に働く女性の増加により、より重要性を増しています。粉ミルク用包装は、利便性を重視して製造されています。
粉ミルクは、赤ちゃんの必要に応じて調製される、さまざまな処方の組み合わせです。主に牛乳や大豆で構成されています。赤ちゃんのアレルギー体質の場合、牛乳ベースの乳児用粉ミルクを大豆ベースの粉ミルクに置き換えることができます。乳児用調製粉乳は、さまざまな原材料が入手可能であり、健康上の利点もあることから、予測期間中に需要が大幅に増加すると予想されます。このことは、乳児用調製粉乳の包装市場の見通しにプラスの影響を与えると予想されます。

コビド19の大流行は、世界の包装産業に悪影響を及ぼしました。サプライチェーンの混乱により、生産と供給活動が突然停止しました。食品業界は需要の目覚ましい上昇を目撃しましたが、世界の乳児用粉ミルク用包装市場の販売分析では、消費者が自家製の乳児用粉ミルク食品を好むため、2020年にはマイナス成長になると指摘されています。貿易障壁、原材料の不十分な供給、需要と供給のアンバランスも世界の乳児用粉ミルク用包装市場の側面にマイナスの影響を与えました。しかし、乳児用粉ミルク用包装市場の需要分析によると、乳児用粉ミルク用包装の消費はCOVID-19パンデミックのピーク以降、大幅に上昇しています。

粉ミルクは、加工、保管、輸送の過程で慎重に扱わなければ、栄養レベルが低下してしまいます。粉ミルクの包装は、保存されている内容物と周囲の環境との間に障壁を作るものです。粉ミルクを酸素、日光、ほこり、湿度、温度から保護します。また、先進的な包装材は微生物の活動を制御し、保存期間を延長することができます。エンドユーザーは、ベビーフードの安定した品質と長寿命化のために、積極的な包装を希望しています。また、高品質なパッケージは、衛生面、栄養面、味、安全面でも安心感を与えます。これは粉ミルクの価値を高め、製品の販売に直接影響します。

粉ミルクの革新的なパッケージングは、ここ数年来、人気を集めています。メーカーは、顧客のさまざまなニーズに対応するため、環境にやさしいパッケージングソリューションに注力しています。安全で再利用可能なパッケージングソリューションや、衛生的で柔軟性のあるパッケージングが、市場成長のための飛躍的な機会を生み出すと期待されています。持続可能なパッケージング製品への傾倒の上昇は、エンドユーザーの間で目撃されています。メーカーやブランドオーナーは、リサイクル可能、再利用可能、または生分解可能な持続可能なパッケージングソリューションを提供しています。例えば、Amcor plcが提供する粉ミルク用のパウチは、バイオマテリアルなどのリサイクル素材から作られています。また、リサイクルも可能です。粉ミルクの包装は、バリア性に優れ、高級感のある包装が可能です。これらは、製品のブランディングやプロモーションのための効果的なマーケティングツールとして使用することができます。このように、粉ミルク用包装の市場シナリオは明るいと思われます。

中国とインドは、アジア太平洋地域の乳児用粉ミルク用包装市場の約75%のシェアを占めています。インドと中国では新生児の数が多いことが、これらの国々で粉ミルクの需要を増大させる主な要因となっています。また、衛生的で安全な離乳食の包装に対する意識が高まっていることも、粉ミルク用包装の需要を後押ししています。さらに、離乳食の賞味期限を長くするニーズが、予測期間中に中国とインドにおける粉ミルク用包装の需要を高めると予想されます。

パッケージングメーカーは、消費者の需要の高まりに対応するため、革新的な粉ミルク用パッケージングに注力しています。例えば、中国のあるメーカーは、安全性と品質を提供する取り外し不可能な開封防止用ティアクロージャーを備えた乳児用粉ミルク用包装を発表しています。この機能は製品に美しい外観を与えるため、消費者を惹きつけることができます。
Aptarなどのパッケージングメーカーはバイインジェクタブルクロージャーを導入し、店頭で顧客の注目を集めることで、粉ミルク用包装メーカーに有益な成長機会を提供しています。Greiner Packagingは、プラスチック容器と厚紙ラップを分離してリサイクルするk3-F技術を開発しました。この技術により、包装に含まれるプラスチックが大幅に削減され、段ボール製のラップは製品の安定性を維持します。また、粉ミルク用包装メーカーには、プラスチック容器と段ボール包材を別々に納入できるとしています。そのため、さまざまな装飾を施す可能性があるにもかかわらず、在庫を最小限に抑えることができます。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/infant-formula-packaging-market-packaging-format-cans/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.jp
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年11月28日 15:30
「世界のリチウム電池用鉱物市場2022年-2031年:鉱物別(リチウム、コバルト、ニッケル、マンガン、グラファイト、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月28日 14:30
「世界の高所作業台市場2022年-2031年:種類別(ブームリフト(多関節型、伸縮型)、シザーリフト)、構造別(標準型、断熱型)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月28日 11:30
「世界のイオン注入装置市場2022年-2031年:製品タイプ別(大電流イオン注入装置、高エネルギーイオン注入装置、中電流イオン注入装置、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月25日 15:30
「世界のクロロメタン市場2022年-2031年:製品別(塩化メチル、塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月25日 14:30
「世界の高純度アルミナ市場2022年-2031年:グレード別(4N、5N、6N)、用途別(LED、半導体、蛍光体、リチウムイオン電池)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.