2022年10月05日 18:00

ジンコソーラージャパンがウェビナー開催|N型時代における高効率太陽光発電ソリューションへの検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年10月5日、ジンコソーラーは、東京で「N型モジュールは導入の時代に&Jinko産業用蓄電池の紹介」というウェビナーを開催し、Tiger Neoモジュールの導入事例、家庭用蓄電池SUNTANKと産業用蓄電池のことを詳しく紹介した。今回のウェビナーを通し、ジンコソーラーがN型時代では、日本顧客に高効率太陽光発電ソリューションの提供を目指している。

2022年4月から、日本ではFIT制度からFIP制度に移行することが始まっており、最小限コストで効率的に導入、導入後の長期安定的な発電が益々重要となっている。ウェビナーでは、ジンコソーラーは自社のTiger Neoモジュールを実際に導入した日本企業との会談を行った。今年7月、ジンコソーラー日本初のN型Tiger Neoプロジェクトが秋田県山本郡で着工した。ジンコソーラーTiger Neoシリーズの電池の量産効率が既に24.8%以上に達し、高変換効率、高発電量、低劣化率、低温度係数、高両面率などの利点を備えており、現在最も人気が高い太陽光発電モジュール製品の一つである。両面率は最高85%となり、同じタイプのP型製品より3%以上の発電増益がある。ジンコソーラーは常に市場の変化に応じて、成長するようにしている。来年のプロジェクトの多くはN型になりつつあるという。

また、系統の強化・発電の安定性が求められる中、自家消費市場や系統市場において、産業用・家庭用向けの蓄電池システムが注目を集めている。ジンコソーラー家庭用蓄電池SUNTANKは、高信頼性、安全性、品質保証、耐震防水、柔軟な電池容量及びより専門技術的なアフターサービスによって、日本の一般ユーザーからの高い要求を満足できる。さらに、今年6月30日、令和4年度SII蓄電システム補助金機種として登録された。

その他、ウェビナーでは、ジンコソーラーの産業用蓄電池システムも紹介された。仮想同期発電機(VSG; virtual synchronous generator)の機能がつくので、電圧制御の応答性が高く、電力系統の安定度を確保できる;ALL IN ONEという設計理念に基づき、構成要素それぞれが独立して運転しており、系統の安定度向上につながっている;PCS、EMS、BMS一体式設計で、より運送・設置しやすく、建設コストの削減や維持管理に役立つ。ジンコソーラーの産業用蓄電システムは自立運転と連系運転の切替を実現でき、継続的に電力供給を行い、停電による経済損失が避けられる。

ジンコソーラー日本社長の孫威威氏は「2022年上半期、弊社の太陽光パネルの出荷量が約18.21GWで、前年同期比79%増加し、世界首位を維持しています。今年、N型製品の出荷量は全体の約25%になる見通しです。来年の製造能力拡張はN型を中心に行います。現在多くのコストが上がっている中、いかに効率的に発電量を増やすか、発電コストをさげるか重要だと思われます。N型時代に向けて、ジンコソーラーは引き続きN型TOPCon技術に専念し、新製品の開発を加速することにより、日本顧客に高効率太陽光発電ソリューションを提供します。」と述べた。


--------------------------
ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。2022年6月30日まで、ジンコソーラーのシリコンウェーハの生産能力が40GW、太陽電池が40GW、太陽光発電モジュールが50GW を達成した。そして、太陽光発電モジュールの累計出荷量が100GWを超えた。
ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。
〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.