2022年10月07日 15:00

「世界のフィルフィニッシュ製造市場(~2027年):製品別(消耗品(プレフィルドシリンジ、バイアル、カートリッジ)、機器(システム、マシンタイプ))、エンドユーザー別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年10月7日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のフィルフィニッシュ製造市場(~2027年):製品別(消耗品(プレフィルドシリンジ(ガラス、プラスチック)、バイアル(ガラス)、カートリッジ)、機器(システム(独立、統合)、マシンタイプ(自動、手動)))、エンドユーザー別(CMO、バイオ医薬品)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のフィルフィニッシュ製造市場(~2027年):製品別(消耗品(プレフィルドシリンジ(ガラス、プラスチック)、バイアル(ガラス)、カートリッジ)、機器(システム(独立、統合)、マシンタイプ(自動、手動)))、エンドユーザー別(CMO、バイオ医薬品)」市場調査レポートの販売を2022年10月7日にMarketReport.jpサイトで開始しました。フィルフィニッシュ製造の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 *****
"世界のフィルフィニッシュ製造市場規模は、2022年92億米ドルから2027年152億米ドルまで、CAGR 10.7%で成長する見通し"
非経口投与用のプレフィルドシリンジの採用が進んでいることや、技術的進歩の増加などの要因が市場を牽引しています。アクセス制限バリアシステム(RABS)に関連する高コストは、この市場の成長を制限する要因として期待されています。

"プレフィルドシリンジセグメントは、フィルフィニッシュ製造市場において予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測"
消耗品セグメントは、プレフィルドシリンジ、バイアル、カートリッジ、およびアンプル、ボトル、IVバッグなどのその他の消耗品に分類されます。予測期間中は、プレフィルドシリンジのサブセグメントが最も高いCAGRで成長すると予測されます。成長の要因は、安全性、低コスト、投与の容易さ、時間および精度の利点、生物学的無菌性などの利点です。

"機械タイプ別セグメントでは、自動化機械が予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測"
機械タイプ別では、自動機セグメントと半自動機・手動機に分類されます。予測期間中は、自動機セグメントが最も高い成長率を示すと予想されます。メンテナンスコストや人件費の削減、充填仕上げ製造工程の生産性向上、自動機による人手不足による汚染リスクの軽減などの要因が、このセグメントの成長を促進しています。

"予測期間中、アジア太平洋地域は世界のフィルフィニッシュ製造市場で最大のシェアを獲得"
予測期間中、アジア太平洋地域は最も急成長するセグメントとなることが予想されます。この地域の成長は、CMOによる投資の増加、アジア諸国におけるバイオ医薬品プレイヤーの増加、政府支援の増加、アジア太平洋地域における研究開発インフラの発展などの要因に起因しています。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のフィルフィニッシュ製造市場規模:製品別
- フィルフィニッシュ製造用消耗品
- フィルフィニッシュ製造用機器
・世界のフィルフィニッシュ製造市場規模:エンドユーザー別
- CMOにおける市場規模
- 医薬品&バイオ医薬品会社における市場規模
- その他エンドユーザーにおける市場規模
・世界のフィルフィニッシュ製造市場規模:地域別
- ヨーロッパのフィルフィニッシュ製造市場規模
- 北米のフィルフィニッシュ製造市場規模
- アジア太平洋のフィルフィニッシュ製造市場規模
- 中南米のフィルフィニッシュ製造市場規模
- 中東・アフリカのフィルフィニッシュ製造市場規模
・競争状況
・企業情報

※「世界のフィルフィニッシュ製造市場(~2027年):製品別(消耗品(プレフィルドシリンジ(ガラス、プラスチック)、バイアル(ガラス)、カートリッジ)、機器(システム(独立、統合)、マシンタイプ(自動、手動)))、エンドユーザー別(CMO、バイオ医薬品)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Fill-Finish-Manufacturing-Market-Product-PH7648-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.globalresearch.co.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

H&Iグローバルリサーチ株式会社の最新プレスリリース

2022年12月09日 18:00
「世界の人工呼吸器市場(~2027年):移動性別(ICU、可搬型)、種類別(成人/小児、新生児/乳児)、モード別、インターフェイス別(侵襲的、非侵襲的)、エンドユーザー別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月09日 15:00
「世界のバルブポジショナ市場(~2027年):種類別(デジタル、空気圧式、電空式)、作動別(単動式、複動式)、産業別(石油&ガス、エネルギー&電力、上下水処理)、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月09日 11:00
「世界の合板市場(~2027年):種類別(広葉樹、針葉樹)、用途別(建設、工業)、使用法別(新築、改修)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月08日 18:00
「世界のリキッドバイオプシー市場(~2027年):製品別(アッセイキット)、循環バイオマーカー別(CTC、ctDNA)、技術別、用途別、サンプルタイプ別、エンドユーザー別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月08日 15:00
「世界の特殊肥料市場(~2027年):技術別(徐放性肥料、微量栄養素、水溶性肥料、液体肥料)、形態別(乾燥、液体)、施肥方法別、種類別、作物種類別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.